おれは演者じゃない



 そして始まるエチュード。空教室の真ん中で、ヨウコとカイリが対峙する。口火を切ったのはカイリの方だ。


「……どういうこと? ちゃんと説明して。でないと、納得なんてできない」


「えっと、だからね。私は幽霊で、この子の身体を借りていたの。今までずっと、取り憑いてたってこと。それでね、このままだとオリジナルの魂が、もう消えちゃいそうだからさ。そろそろ身体を返さないと、って思って」


「……ふうん、なるほど」


「わかってくれたの?」


「うん、良くわかったよ。あなたのバカさ加減がね」


 睨むように言うカイリ。その視線をまっすぐに受けて、ヨウコはたじろいだ。カイリはいつも優しい。だからこんな風な返しが来るなんて、思ってなかったのだろう。


「なに、バカって……」


「実際そうだよね。一体何年、わたしたちを騙して来たの? それで、もう飽きたから成仏するって? ふざけるのもいい加減にして」


「ふ、ふざけてなんかないよっ! 騙してもないし、飽きてもない!」


「でも、そう取られても仕方ない。言い訳なんていくらでもできるでしょう」


「私だって。私だって、もっとみんなと一緒にいたかったよ……!」


「どうして今なの。もっと早くてもよかったんじゃないの」


「もっと早くって、そんな言い方、」


 ヨウコのセリフを断ち切るようにして。よく通る澄んだ声でカイリは言う。視線はヨウコを見据えたままだ。滑らかに、まるで予め用意していたセリフを言うように。これがエチュードであることを忘れるほどに、カイリのセリフは自然なものだった。


「あなたを好きだった、わたしたちの立場はどうなるの? もうずいぶんと長い間、わたしたちは一緒だった。だから強い絆があると、わたしは今でもそう思ってる。そんなあなたが消えてしまう? そんなの受け入れられない。受け入れられるはずがない。もっと早く言ってくれれば、何か方法があったかも知れないのに」


「それは……」


「これから消えてしまうあなたに、はいそうですか、って納得できると思う? 残されたわたしたちは、どうすればいい?」


「それはその、あの事故のせいだよ。あの事故が、あの事故が……」


 明らかに動揺しているヨウコ。演技だとしたら大したものだ。それを見たカイリは、すぐにその演技を止めた。


「……はい、カットカット。ヨウコ、これはだよ。失敗してもいい。どんどんセリフを回さないと。まだ構想段階、そうでしょ?」


 ヨウコは深く溜息を吐いて、そこでエチュードが完全に止まった。いや、カイリが意図的に止めたのだろう。ほんとに気の回るやつだ。さすがは部長、と言っておこう。


「ヨウコ、少し休憩しようか。それとも今日はもう止めておく?」


「ううん、止めない。このお話の終わりまでの、良いストーリーが浮かんでるから。どうしても今日、それをカタチにしたいんだ」


 少し明るい声色でヨウコが返した。無理をしているのはすぐにわかる。それはいつもの、苦笑いなのだから。


「そう。それじゃ休憩。その後、もう一度コマとのエチュードね。それじゃ、休憩開始」


 

 ────────────



 部室の隅で1人、セリフを回すヨウコ。その姿は真剣そのものだ。少し憚られるが、おれは声を掛けてみた。


「なぁ、ヨウコ」


「あ、コウ。今ね、いいストーリーが降りて来たんだ。頑張ってる私への、神さまからのご褒美かも」


「そうか。そりゃ良かったな」


「うん、ほんとによかった。これで感謝を伝えられそうだよ、みんなに」


 ヨウコは一呼吸置くと、小さな声でゆっくりと言った。まるで秘め事を言うように。


「ねぇ、コウ。みんなにはさ、黙っといてね。カイリはもう気づいてるかも、知れないけど」


 カイリは聡いヤツだ。きっともう気づいてるとおれも思う。あの察しの悪そうなコマでさえ、何か思うところがあるみたいだ。こんなこと、コマに言ったら怒られそうだけど。


「本当はさ。カイリとコマちゃんには、もっとサプライズにしたかったんだけど。私はこういうの、下手だなぁ。でもコウは上手そうだよね。ウソつくのがさ」


 の方が上手いよ。そのセリフは飲み込んだ。こいつは、騙そうと思ってウソを吐いていた訳ではないのだから。


「もう言っちゃうけどね。コウにも伝えたいんだ。ありがとうの気持ちを。もちろん舞台の上で」


「……おれは演者じゃない」


「そこ、何とかならない? 幼馴染のよしみでさ!」


 朗らかに笑うヨウコ。対照的に、おれは笑えてない。表情が、さっきから凍りついたままだ。


「あのな。おれが舞台に上がると、きっと酷いことになるぞ。今までずっと裏方だったんだ。そんなおれが、上手く演じられるわけねーだろ?」


「エチュードだけでもいいんだ。コマちゃんとカイリの後で、やらない?」


 エチュードだけ。それならまぁ、協力してやらんでもないが。悩んでいると、ヨウコが重ねてくる。


「ね? いいでしょ?」


「コマとカイリとやる、エチュードの出来次第だな。いいエチュードが出来たら、考えてやるよ」


「本当? それじゃ、私を見といてね。ばっちり決めてくるからさ!」


 そう笑うヨウコに、おれは二の句が継げなかった。きっと、もう覚悟を決めてるのだ。自分が成仏する、その覚悟を。

 今まで色んな幽霊を見てきたおれだから、それがわかるのかも知れない。皮肉なもんだ、と思うけど。


「約束だからね。コウと私、2人きりのエチュード。最初で最後のエチュードをね!」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます