レイスケ

部長


 最近温かいなぁ、と思っていたのも束の間。日差しは日を追うごとに暴力的となり、既に夏の気配が漏れ出している。端的にいうと暑い。汗がだらだら出るほどではないのだが、それでも暑いことに変わりはなかった。

 こんな日はやっぱり、キリリと冷えたアイスコーヒーが飲みたくなる。そんな訳で、ヨウコにいつものように誘われて、おれたちはまた例のカフェに来ていた。

 順番なら今日はヨウコが奢る番、なのだが。席に着くなり、ヨウコはこう言ったのだ。


「アイスコーヒー2つ」


 何故かピースサイン付きで店員さんに注文するヨウコ。あぁ、これはもう嫌な予感しかしない。おれは頭を抱えたくなるのを堪えて訊いてみた。


「……お前、誰だ?」


「うん? どう言う意味?」


「芝居は終わりだって言ってんだ。お前が幽霊で、その身体に取り憑いてるのはもうわかってんだよ。互いのためにならねーから、どこの誰だか早く言え」


 少しだけ驚くような表情を浮かべて。すぐにニヤリと、人を食ったように笑うそいつ。これは、難敵の予感である。


「……へぇ、なるほど。良い勘してんじゃねぇか、小僧。この子はそういうなのか?」


「お前、どこの誰だか名乗れよ。それにおれは小僧じゃねーぞ」


「ふん、自己紹介なんざ必要あんのか? はどこぞの浮遊霊ってことでいいじゃねぇかよ」


 ケタケタと笑いながらそいつは言った。ヨウコの顔のままなのに、なんてムカつく笑い方なのだろうか。いやヨウコの顔のままだから、余計に腹が立つのかも知れないが。


「お前には早く成仏してもらわないと困んだよ。それに呼びにくいだろ、名前を知らないのは」


「わかってるとは思うがよ、俺は男だぞ。小僧、この子のこと男の名前で呼ぶつもりか?」


 男の幽霊が取り憑くのはかなり久しぶりのことである。あの時の苦労が甦ってきた。あぁ、ほんと嫌になる。


「男の名前で呼ぶのはこの子が可哀想だろ。だからよ、どうしても呼び名が必要なら俺のことはこれから『部長』と呼べ。アクセントは『ぶ』だぞ、間違えんなよ?」


「部長?」


「アクセントが違う。ちょう、だ」


 ニヤリと笑う自称部長。なんなんだコイツ。さっきからペースを握られっぱなし。そして心底ムカつくのは何故なのか。


「ところでよ、小僧」


「だから小僧じゃねーつってんだろ」


「お前、鏡持ってねぇか? あ、この子が持ってるか」


 勝手にヨウコのカバンを漁りだす。そして目的の鏡を見つけると、再び部長はニヤリと笑う。いや、これはニヤリじゃない。ニタリだ。


「うっひょー! やっぱり可愛いじゃねぇか! さっき一瞬だけこの子と目があったんだけどよ、可愛い女子高生だなぁって思ってたんだよな。ま、気がついたらその子の中にいた訳だが」


「おいこら、ゲスな笑いやめろ!」


「はぁー、柔らけぇ。いいにおいがするしよ。天国かよ、ここは」


「てめぇ、なに揉んでんだよ!」


「自分の身体だからいいじゃねぇか」


「てめぇの身体じゃねーだろ!」


「彼女の乳を揉まれるのは嫌か? はん、心の狭い男だなぁ、お前」


「嫌に決まってんだろ! それに彼女じゃねー、大事な幼馴染だ!」


「幼馴染……? そうか、小僧の彼女じゃねぇなら問題ねぇな!」


「問題大ありだ! お前、絶対即成仏させてやるからな!」


 渾身の力で睨んでやるが、相手は素知らぬ顔。ニタリとした笑みを顔に貼り付け、相変わらず服の上からヨウコの胸をさすさす撫でている。


「マジで絶対成仏させてやる……! 取り憑いたことを後悔させてやる! 空いた片手で優雅にコーヒー飲んでんじゃねーぞ!」


「ところでよ、小僧」


「話を変えてんじゃねぇ、それに小僧じゃねーつってんだろ!」


「さっきからお前、成仏成仏言ってるけどよ、そりゃ具体的にどういう意味だ? 最終的にどうなるんだよ、俺は」


「おっさんは幽霊だろ? なら成仏する他ない。それが自然の摂理ってやつだ。と言うわけで消えろ、今すぐにな!」


「……今、おっさんっつったか?」


 アイスコーヒーのグラスをテーブルにゆっくりと置くおっさん。その目つきは鋭い。だがそれがどうしたというのか。


「おっさんにおっさんって言って何が悪い。あんたこの温厚なおれをここまで怒らせてんだぞ。それ相応の覚悟はあるんだろうな?」


「ふん、よく吠える小僧だぜ。こりゃあ小僧じゃなくて子犬だな」


「てめぇ、言わせておけば……!」


「まぁ待て、小僧。まずはコーヒーでも飲んで落ち着けよ。俺はよ、なにも小僧とケンカしてぇワケじゃあねぇ。それによ、仮にも俺は今、超絶美少女の見た目してんだぜ? おっさん呼ばわりはねぇだろ、おっさんは。傷付くぞ、この子がよ」


 自分のことを指差して、そのおっさんは言った。その仕草もムカついてしょうがない。これはアレだ。一度そいつのことが気に入らなくなったら、何してもムカついてしまうアレである。

 しかし。まずは落ち着け、おれ。そこだけはこのおっさんの言う通りである。おれは目の前のアイスコーヒーを一気に呷った。冷たいコーヒーが喉を滑り落ちていく。


 ……落ち着け。そしてこのおっさんの望みを探るのだ。焦っては物事の本質が見えなくなる。それは非常にまずい。

 ヨウコを元に戻せるのは、おれだけなのだ。

 もう一度、目の前のおっさんを見据える。しかしおっさんはどこ吹く風といった表情。唇を歪めて、何故か楽しそうに笑っているだけ。

 むかつく。本当に、むかつく。こいつだけは絶対に、完膚なきまで成仏させてやる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます