最後の問題


「ところでレイコ」


「はい、何でしょう?」


 アイスラテのグラスを手に持ったまま。ストローから口をゆっくりと離して、レイコは言った。

 日に日に高くなる気温に、アイスラテのグラスが薄っすらと汗をかいている。本格的な夏が始まる予感である。


「……コウさん?」


「あぁ、すまん。例のなぞなぞだけど、それってどんな問題なんだ?」


 よくぞ訊いてくれました。そんな表情でレイコはおれに向き直る。姿勢を正して、背筋を伸ばして。ゆっくりとレイコは答えた。


「解きたいなぞなぞは、いくつかあるのです。それでは、第1問」


 アイスラテのグラスを、ゆっくりとテーブルに置いたレイコ。そのまま緩やかな口調で問題を言った。


「愛がないとできない行為。基本はベッドの上で行うこと。でも車の中でする事もある」


 ……は? これは、まさか。

 嫌な汗が出るおれを尻目に、レイコは続ける。


「少し痛いこともあり、血が出てしまうこともある。そしてなにより、終わった後の満足感が大きい。さて、この行為とは?」


 ……まさかの下ネタなぞなぞかよ!

 と、大声で突っ込みたくなるのをぐっと堪えた。お嬢様だと思っていたのに、これはとんだ裏切りである。そんなおれの思いを余所に、レイコはさらりと重ねた。


「私、正解はセックスだと思うんです!」


 ド直球で間違ってんじゃねーかよ! しかもさらっと言ったぞこいつ!


「でもこれっておかしくないですか? そもそも『なぞなぞ』ではないですよね。それに愛がなくても出来ると聞きますよ?」


「お、おぅ。だから正解は、それじゃないんじゃないのかな……」


「セックスのほかに正解が?」


「いやだからそれは正解じゃねぇ! アレだよアレ、ヒントは抜いてもらうやつだ」


「ええと、抜くって言葉の意味はなんとなく理解しているのですが。さすがにそこまで予習は出来ていないのです。そもそも、それとセックスは違いますよね?」


「いやそう言う意味じゃねぇ、そっち方面から離れろ! ていうか、なんでそんな詳しいんだよ……」


「それは、乙女の嗜みというやつです」


 えへん。控えめな胸を反らせて言うレイコ。まったく偉くないしそういう嗜みは求めていない。


「頼むから嗜むな、頼むから。おれの中のお嬢様像が壊れちまう」


「前例にこだわっていては、殻を破ることなんてできませんよ?」


「破らないでくれ頼むから! それの正解だけどな、献血だよ献血! これは、そういうジャンルのなぞなぞなんだよ!」


 レイコは少し驚いた表情を浮かべた後、なるほどと呟いた。いやほんとに気がつかなかったのかよ。


「献血ですか、なるほど! 確かに言われてみれば献血ですね! 私、すっかり騙されてしまいましたね。それでは次の問題、待望の第2問です」


「いや誰も待ってねぇ!」


 おれの突っ込みをまるっきり無視して。レイコは問題を出してきた。


「これをすると汗だくになる。そして何より、気持ちがいい。名前が○○クスで終わる、この行為とは?」


「エアロビクスな!」


「なんと セックスではないのですか!」


 いやそれも正解かも知れねーけどな! 経験ないからわかんねーけどな! と言うわけで面倒くさいからここは黙っとこう。それに限る。


「なるほど、エアロビクスとは盲点でした。目からウロコというやつです。エアロビクスは経験があるのですが、それを活かしきれていませんでしたね。それでは次です、お待ちかねの第3問」


「だから誰も待ってねーよ!」


「裸になって2人ですること。一方が出たら終わりとなる。さて、この行為とは?」


「相撲!」


「第4問、子供はしないけど大人になるとすること。入れて欲しいと言われて、入れてあげることもある。さて、この行為とは?」


「選挙!」



 なんでおれは、昼下がりのカフェでこんな卑猥ななぞなぞを解いているのか。余程、前世で徳を積んでいないに違いない。


「素晴らしいですねコウさん。私、感動しました! あんな難問をこうも鮮やかに解くなんて!」


「いやいや、普通のことだからこれ。で、次の問題は? あるなら解いてやるけど」


「それでは。残念ながら次が最後の問題、なのですが……」


「なのですが?」


「もう解けちゃいました、コウさんのおかげで!」


 それは弾けるように爽やかな笑顔で。思わずドキリとするような、何故かこちらの顔が赤くなってしまうような。

 とにかくそんな、鮮やかな笑顔だった。


「解けたってことは、問題を出す前にわかったってことか、レイコ」


「はい、完璧に解けました。これで心置きなく成仏できると思います」


「そうか、そりゃ……よかったのか?」


「はい、長年の謎についに終止符を打てたのです。ヒントをたくさん頂きましたが、自分で解けたことが大きいし、そして何より嬉しいです!」


「そうか。もう、行くのか?」


 そうですね、少し名残惜しいですけど。

 そう言いつつ少し眉根を寄せて、でも結局またすぐに笑顔になるレイコ。そのままおれに、ぺこりとお辞儀をした。


「ありがとうございました、コウさん。短い間でしたが、お世話になりましたね」


「別におれは何もしてないぞ。ただエロいなぞなぞを解いただけだしな」


「そのおかげで私は成仏できます。ありがとう、この恩は一生忘れません。きっと来世でもね」


 レイコに手を差し出される。さよならの握手、なのだろうか。断る理由もないので、その手を握り返してやった。

 柔らかで、少し冷たいその手。おれは手を握ったまま、レイコに問う。


「……ちなみにその最後の問題。どんなやつだったんだ?」


「あら、興味がおありですか?」


「そりゃあな。ここまでおれ、全問正解だぞ。ここまで来たら狙うはパーフェクト、ってヤツだろ」


「なるほど確かに。それでは、最後の問題です」


 にこりと笑って、レイコは言う。


「……好きな人といるとすぐにたってしまうもの。さて、それはなんでしょう?」



 おれがその答えを告げる前に、レイコは目を閉じていた。最後の問題はそれか。

 それはその手の問題の中で、多分一番キレイなヤツ。

 レイコの満足気な笑顔を見て、おれは思う。

 レイコの来世に幸あれ、と。



  ──────────



「……あれ、コウ?」


「ようやくお目覚めか、ヨウコ」


「あれ、私また変になってた?」


 ちょっとだけ申し訳なさそうな、いつものあの顔をして。ヨウコは言った。おれも、いつもの顔で返してやる。


「いつものやつだ。もう終わったし別に問題ないぞ」


「ほんと? 迷惑かけてない? ねぇコウ、聞いてる?」


「あぁ、聞いてるよ。すぐ終わったし、別に問題ない。カフェに来てまだ30分も経ってないからな。だから安心して、そのカフェラテ飲んでいいぞ」


「コウのおごり? わぁ、ありがとう!」


 ふん、ガムシロたっぷりのラテを味わうがいい。ヨウコがどんな反応をするか楽しみだ。


 その後、ヨウコと本当にどうでもいい話をした。気がつけば、まもなく日没といった頃合い。


 おれは、レイコの最後の問題を思い出す。

 好きな人といると、すぐにたってしまうもの。さて、それはなんでしょう。



 その答えは『時間』なのだが。どうやらそれは、真実であるらしい。

 無邪気に笑うヨウコを見て、おれは思う。


 こんな時間がずっと続けばいいのに、と。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます