ミレイ

ギブアンドテイク


「さて、一段落ついたところで。わたしはこれからバイトがある。よって、今日の練習はこれまで」


 さっきのエチュードを総括したあと、カイリが言った。カイリ曰く、エチュードは近年稀に見る良い出来であったとのこと。嘘つけ、と言いたいがおれは黙っておく。


「カイリ先輩、バイトですか? あたしも最近バイト始めたんですよー。私の地元の駅前にある、ドーナツ屋さんのバイト!」


「コマちゃん、ミセスドーナツでバイトしてるの? 私、好きなんだぁ。ミセドのハニーオールドドーナツ!」


 嬉しそうな顔で言ったのはヨウコ。こいつは無類の甘いもの好きなのである。


「ヨウコ先輩も好きなんですか? あれ美味しいですよねー! オーブントースターで少し焼くと、更に美味しくなりますよ!」


「今度ぜったい行くね、コマちゃん!」


「お待ちしてますね、先輩!」


「……おれも行こうかな。ドーナツ好きだし。それにミセスドーナツの制服は可愛いしなぁ。あれ目当てで行ってる客はおれだけではないはず。馬子にも衣装だ、つまりコマにもきっと……」


「…………」


 まるで夏場の生ゴミを見る目で見られていた!


「ヨウコ先輩は歓迎しますけど、変態は絶対来ないで下さいね。来たら即、警察に通報しますから」


「おいコマ、まだその変態ネタ引っ張んのかよ。それにせめて先輩を付けろ、先輩を」


「これは失礼しました、変輩へんぱい


「新しい呼称を作んなよ!」


「というわけで、あたしもう行かなきゃ。では、お先です、先輩方とコウ変輩へんぱい!」


「わたしもバイトに行く。お疲れさま」


 そう言うわけで、カイリとコマはまたしても風のように去って行った。必然、またヨウコと2人になる訳で。


「ねぇコウ、今日もお茶していかない?」


「……今回は?」


「コウのおごりー!」


 あははと楽しそうに笑うヨウコ。あれ、今回もおれの番だっけ?

 まぁいいか。ヨウコが楽しそうに笑うのなら。アイスラテくらい安いのかも知れない。



  ──────────



 そんな訳で、カフェへと続く道を歩いていた時のこと。アレはいつも、なんの前触れもなくやってくる。


「あーっ!!」


「お、おいヨウコ?」


「飲みたい! 今すぐ飲みたいっ! あのジュース! ブロックパックのあのジュース!」


 始まった、のか? ちょっとわかり辛いが、ヨウコはまた幽霊に取り憑かれたのだろう。

 多分、ジュース好きの幽霊に。いやいやそんな幽霊いるのか、おい。


「お前誰だ。勝手に人の身体に入ってきてんじゃねーぞ」


「はぁ? キミこそ誰よ。あたしはね、キミなんかに1ミリも興味ないの。あたしの興味はひとつだけ。あの謎のジュースを今度こそ飲むことだけ。だからキミ、どっか行ってくんない?」


 しっしっ。追い払うように手を振られる。なんて失礼なヤツだコイツ。おれは犬じゃねーぞ。


「お前、状況わかってんのか?」


「わかってるよ、そんなこと。この子の身体を借りてる状態、ってことでしょ? あたしはもう、とっくの昔に死んだんだからさ」


 なるほど、幽霊である自覚はある訳か。それにコイツの目的も明確そうだ。謎のジュースっていうくだりは、本当に謎ではあるが。


「しっしっ。集中できないから、キミはどっか行っててよ」


「お前なぁ、ちょっとはおれの話聞けよ」


「お前はやめて。あたしにはミレイって名前があるの。次にうっかり『お前』なんて呼んだら、キミの鼻にストローぶっ刺すからね。で、ちゅうちゅうキミの脳ミソ吸ってやるから!」


 いやいや何故にストローなのか。さらに深まる謎、である。コイツもしかしてアホなのか? それにストローを鼻にぶっ刺したら、まず吸えるのは鼻水だろ。

 ……まぁいい。任務を遂行しよう。


「で、ミレイとやら」


「なに? あたし急いでんだけど。ナンパなら他のヒマそうな人にしてよね」


「いや違ぇよ! ミレイの望みが叶うのを手伝ってやるって言ってんだ。その飲みたいジュースって何なのか、説明してくれ」


「ふん、そんなのお断りよ。なんでキミなんかに説明しないといけないのよ。だいたい、見ず知らずの男に助けなんて求めてないから」


 さくっと断られた!

 こいつ、取りつく島もねぇ!


「あたし、そういうの信じられないタイプなの。ほら言うでしょ? 甘い話には罠があるって」


「罠なんてねーよ、心配すんな。おれは純粋な気持ちで言ってんだよ」


「誘拐魔はみんな、そういうのよ。それに施しは受けたくないから」


「いやいや誘拐魔て。今時、誘拐なんてほぼ発生してないだろ。刑法犯認知件数って知ってるか?」


「知らないし、キミしつこい! 一体、なにが目的なのよ? 大体、キミは何者?」


 思いっきり訝しむ目つきの自称ミレイ。腕組みまでして、お前の話は聞かないぜ、のポーズである。クソやりにくい。しかしおれがやらないと、ヨウコは眠ったままになる。

 臍を噛む気分であるが、おれは努めて冷静に答えた。


「おれはな、今ミレイが取り憑いてる奴の幼馴染だ。ミレイには成仏してもらわないと困る。だから手伝うって言ってんだよ」


「ふーん? そういうことね。なるほど、利害関係は一致してるってことか」


 一応はわかってくれたのだろうか。まだ腕組みは解いてないけれど。おれはそんなデカイ態度のミレイに言ってやる。


「そうだ、ギブアンドテイクだ。これなら『施し』じゃないだろ?」


「まぁいいわ、仕方ないからちょっとだけ、キミを信用してもいい。あたしね、どうしても飲みたいジュースがあるの。それをずっと探してるってわけ」


「さっき言ってたヤツか。それでその飲みたいジュースってのは?」


「濃厚どろりんネクタリン味」


「……は? なんつった?」


「キミ、耳がおかしいの? それともおかしいのは頭の方?」


「どっちも普通だよ! この前も別のヤツに言われたよそれ!」


 蔑むような笑みのミレイ。クソ腹立つがガマンだ、ここはガマン。ここでもっと言い返したら話がこじれる。絶対に。


「で? その濃厚どろりんてなんだよ。そんなジュース、聞いたことねーぞ」


「あるのよ、あったのよ確かに。ブロックパックのジュースでね、桃の仲間のネクタリンって果実の味がするらしいの」


「らしいってなんだ、らしいって。飲んだことないのかよ。ていうかなんだそのネーミング。確実にそれ、飲み物の名前じゃねーだろ」


「飲んだことないから飲みたいっていってんの! キミさぁ、控え目に言ってモテないでしょ?」


「はぁ? 今それ関係ねーだろ?」


「うん、関係ないけど。でも絶対そうだよね、絶対モテないよね、キミ。まぁ、別にそれはいいけどさ」


「いや全然良くねーぞオイ」


 さすがに文句を言いたくなるが、当のミレイは知らぬ顔で、さらには涼しげな顔をしていた。

 こいつ、まるでキャラが掴めない。本当に何者だ? ただのジュースマニアなのか、こいつ。

 

「とにかく、ブロックパックの自販機に案内してよ。マニアックなシリーズを置いてるとこね!」


「ブロックパックってアレか。いわゆる紙パックジュースのやつか」


「そうそれ! さ、早く早く!」


「紙パックジュースて言われてもな。あんな自販機、もはや絶滅危惧種だろ。ウチの学校にもねーぞ」


 と言ったところで。いや待てよ、そういえばと思い出した。そういや街中にそんなのがあった気がするな。紙パックジュースの自販機が。


「お、その顔は? 知ってんだね? ただの頭おかしい人かと思ってたけど、なかなか使えるじゃん、キミ!」


「うるせぇな、人を『使える』とか言うな。おれは道具じゃねーぞ」


「さぁさぁ、早く! 案内してよ! あたしを自販機のところにね!」


 にししと笑うミレイ。腹立つ笑い方だけど、ガマンする他ない。ほんと貧乏くじだよなぁなんて思いつつ、おれは件の自販機の方へと足を向けた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます