それを愛って言うんだよ


 さて。そんな格好良いことを言ってはみたものの。『自分から誰かを好きになってみたい』という望みを叶えてやるのは、考えてみれば割りかしハードルが高い。


 だいたい、人を好きになるのに理由なんていらないとよく聞く。恋はするものじゃなくて、落ちるものらしいから。


 そんな短時間で誰かを好きになれるものなのか、いや恋に落ちることができるのか。出来るヤツには出来るのだろうが、少なくともおれには無理な話だ。

 レイカのお願いはかなり無理がありそうだと感じて、ふと目の前に座るレイカに視線を移す。

 中身はレイカなのだが、当然外見はヨウコである。なんとなく、なのだが。他の男を好きになってもらうのは、なんか困る気がする。言葉ではとても表現し辛いのだが。


「ねぇー、少年。ちゃんと考えてくれてんの?」


「ちょっと待っててくれ。今、色々考えてるから」


「早くしてよねー」


 と言いつつ、何故かレイカはパフェ食べていた。

 いやいやなぜパフェがこのテーブルに? それしかも、わりと高いこのカフェの人気メニューじゃねーか! 


「それいつの間に注文したんだよ」


「だって暇だったし。それに甘いもの食べたかったし。あとお腹空いてたし。あ、ヨウコちゃんがだよ」


「いま完全にヨウコのせいにしたよな」


「そんなことないよ。ヨウコちゃんの心の叫びが聞こえたんだよ。あぁ、なにか甘いものが食べたい! あたしに食べさせてほしい! ってね!」


「ってね! じゃねぇよ!」


 頭を抱えるおれを余所に。レイカはパフェをもぐもぐと食べている。幸せそうなその表情。くそ、人の気も知らないで……。


「ところでさ。少年とヨウコちゃんって、どういう関係?」


「どういう関係って言われてもな。こういう関係としか言いようがないんだが」


「彼氏彼女ってこと?」


「なんでそうなる。見りゃわかんだろ、ただの幼馴染だっての。ヨウコがこういう体質だからな、誰かが側に居ないと危ないだろ。だから幼馴染のおれが側にいる。ただそれだけだ」


「付き合ってないんだ?」


「小学校の頃からずっと一緒だったからな。ヨウコと付き合うとか、彼氏彼女になるとか、そんなことを考えたことはないな」


「ふうん、なるほど。ヨウコちゃんは幸せ者だね」


「幸せ? こんな体質なのにか?」


 そりゃ幸せに違いないよ。そう言うあっけらかんとした顔のレイカ。何故そんなことを言い切れるのだろうか。いや、レイカの過去に比べたら、それは幸せなのだろうけど。


「まぁ、ヨウコはこんな体質だけど。生きてるって意味では幸せなのかもな。まぁ、おれも含めてだけど」


「そりゃそうだよ。幽霊のあたしが言うんだから間違いない!」


 ニヤリと笑って。レイカは続けた。


「それにさ。たしかに普通の子とは違う、不幸な体質かも知れないけど。代わりに少年みたいな存在がいるじゃん。なんていうか、ガーディアン的な? それってきっと、幸せなことだよ」


「おれの存在が? いや、ヨウコはどう思ってるか知らねーけどな」


「きっと、だからなんだろうね」


「だからって?」


「少年のことがとても大切なんだよ、きっと。ヨウコちゃんにとってはさ、少年は掛け替えのない存在なの」


 急に真面目な顔をするレイカ。ふざけている様子はない。だからおれも、自然と真面目に聞き入ってしまう。


「彼氏彼女になっちゃったら、いずれ別れが来るじゃん。結婚したら別かもだけど、小さい頃からずっと一緒、それで結婚までいくってのはさ、本当に稀なことだと思うんだよ」


 パフェのイチゴをスプーンですくって、口に運ぶレイカ。やっぱり美味しいなぁ。なんて呟いている。

 その後、レイカはゆっくりとした動作でおれに向き直る。


「ヨウコちゃんはきっと、少年と離れたくないんだよ。大事だから、大切だからそれ以上は踏み込まない。そんな関係もあるんじゃない? あたしは、そう思うな」


 ……そんな見方もあるとはな。ちょっとだけレイカを見直した。これが大人の目線ってヤツなのだろうか。


「ヨウコの気持ちか。訊いたことないから、わかんねーけどな。でもあれだ、ヨウコがどう思っていたって、おれはヨウコの傍にこれからも居続けようと思う。少なくとも、ヨウコがもう良いって言うまでは」


「少年はさ。どうしてヨウコちゃんの傍に居続けようとするの? そこまでして、どうして?」


「不幸な体質の幼馴染を守るのに、理由なんかいるのか? 自分の幼馴染が困ってたら、理由なんて考えずに助けるだろ」


「理由はないの、本当に?」


「わからねーよ、そんな深く考えたことなんてないからな。そうだな、うまく言えないけど。ヨウコの傍にいるってことは、おれにとって自然なことなんだよ。傍にヨウコがいないと、なんか落ち着かない。ただそれだけの理由だ、強いて言うならな」


「……それを『愛』って言うんだよ、少年。オトナの世界ではね」


 ヨウコの顔をしたレイカは笑う。もう一度、イチゴを口に運びながら。そして何故か自分自身が、嬉しそうな顔をして。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます