第二夜

夜。街灯が橙色に闇を照らす。

あてもなく、フラフラと歩く。

少し先に、彼女がいた。

彼女はオレンジの光の下で、シャラシャラと踊っている。

華麗で、パワフルで、優雅で、情熱的で、見る僕を虜にした。

少しばかり近づいてみた。

彼女は意に介さず踊り続ける。

彼女から発せられる汗や吐息が、何億とも値打ちのある美術品にみえる。

彼女のその青い瞳は真剣そのもので、見るものを圧倒する迫力と、凄まじい集中力に満ち満ちていた。

僕は近くにあった椅子に腰かける。

簡易的なダンスホールで彼女は踊る。

特等席で見れる僕は何て幸せなのだろうか。

そのまましばらく観劇する。

突然、彼女が動きを止めた。

もう終わったのだろうか。

僕は席を立ち拍手を送った。

すると彼女はニッコリ笑ってお辞儀をした。

えくぼが似合う可愛らしい笑顔を見せてくれた。

ああ今日はなんて素晴らしい夢なんだ。

彼女に会えただけでなく、彼女の笑顔も拝めた。

これならもう朝が来ても構わない。

夢がゆったり終わってく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます