第一夜

夢をみた。

僕は草原の真ん中に立っていた。

大きな雲と綺麗な空が僕を見下ろす。

前には大きな白い家が建っている。

海の匂いを含む風が僕を通り抜ける。

身体で景色を感じながら家の中に入る。


彼女がいた。

彼女は、背もたれの長い高級そうなロッキングチェアに座り、なにやら本を読んでいた。

開いた大窓から吹く優しい風が彼女の純白のワンピースをなびかせる。

辺りには本棚がずらりと並んでいた。

というか、大窓と椅子以外、本棚しか無い。

床の大理石には、大量の本が乱雑に置かれていた。

多分もう読み終わったものを片すのが面倒だったのだろう。


黙って彼女に近づき、足元に置かれてある本を何冊か拾う。

パラパラと内容を確認するが、どれも何も書いておらず、ただ「本」の形をしたものが転がっていただけであった。

仕方がないので近くにある本棚に、これを戻す。

順番やシリーズなど、もしかしたらあるのかも知れないが、そんなことをお構い無しに戻していく。

半分くらいしてから、少し飽きて、彼女の近くへよる。

彼女はじいっと白紙の本を読んでいる。

彼女にだけは読めるのか。少しつまらない。

彼女とは一切目が会わないし、僕のことを認知してるかすらもわからない。

することがなくなり困ったので、特に理由も無く彼女の瞳を見つめる。

すうっと頭がからっぽになっていく。

ぼおうっとしてきて、瞼が下がる。

嗚呼、もう終わってしまうのか。

白に包まれ、眠っていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます