おばあちゃんのお説教

 おこった声で名前をよばれて、ビクッとふるえるマヨちゃん。その迫力ときたら、思わずぼくや十勝君まで、つい小さくなってしまった。


「いったいどうしてこんな危ないマネをしたんだい? 妖怪が良いヤツばかりじゃ無いことくらい、分かっているだろう」

「だっ、だってあいつ、おばあちゃんのことをねらっていたから、心配で……」

「それで勝負を仕掛けたっていうのかい? けどそれでどうなった。アタシが来るのがもう少しおそかったら、お前はまちがいなくアイツにやられていたんだよ」

「それは……」


 何も言い返せずに、だまってしまうマヨちゃん。たしかに今回ぼく達は、何もできなかった。最初はみんなで力を会わせたら何とかなるなんて考えていたけど、そんな事はなくて。もしもマヨちゃんのおばあさんが来なかったら、大変な事になっていたと思う。


「それに友達までまきこんで、何を考えているんだい? お前のわがままでどれだけ迷惑をかけて危険な目にあわせたか、ちゃんと分かっているのかい?」

「それは……ごめんなさい……」


 もうしわけなさそうに、頭を下げるれるマヨちゃん。

 だけど待って。おばあさんの言ってる事は正しいけど、それでも言っておかなくちゃならないことがある。


「あ、あの。ちょっと待ってください」


 ぼくはマヨちゃんの前に立って、おばあさんと向き合った。


「ぼくは別に、マヨちゃんのわがままにまきこまれたわけじゃありません。来たのは、そうしたいと思ったからです」

「コウ君? いいよ、かばってくれなくても。悪いのはボクなんだから」

「ううん、それはちがうよ。もしもマヨちゃんが相談してくれなくても、きっと自分で調べてたと思う。だって、友達がなやんでいたんだもの」


 そして結局は、危ない目にあっていたことだろう。ううん、バラバラに行動する分、もしかしたらもっと、ヒドイ結果になっていたかも。

 もちろんだからと言って、ぼくらのやった事が正しかったわけじゃないけど。だけどマヨちゃんだけのせいじゃないって事は、どうしても伝えたかった。


「お、オレも別に真夜子に言われてやったわけじゃねーから。自分で決めたんた」

「アタシもニャ。そもそもアタシがもっとちゃんとしたお札を用意していれば、こんな事にはならなかったニャ」


 十勝君もチョコも近くよってきて、マヨちゃんをかばう。おばあさんはそんなぼくたちをじっと見つめていたけど、やがてため息をついた。


「つまり、今回の事は全員の責任ということで良いんだね?」

「「「「はい!」」」はいニャ!」


 みんなの声がハモる。するとおばあさんはまず、チョコに向かって話し始めた。


「そこのネコマタ。あんたはどうして、この子達に手をかしたんだい?」

「朝霧小学校はアタシのナワバリニャ。だからそこに通っている子達の安全を守らなきゃいけないニャ」

「そうかいそうかい。で、この子達をちゃんと守ることはできたのかい?」

「そ、それは……ニャ」


 返事にこまるチョコ。せっかく用意したお札が、何の役にも立たなかったのだから無理も無い。


「いいかい。アンタが本当にこの子達の事を守りたいって思っていたのなら、何とかして止めるべきだったんだ。手をかすのは悪い事じゃないけど、止めるよう説得するのも、大事だからね」

「ご、ごめんニャ」


 シュンとシッポをたらして、うなだれるチョコ。おばあちゃんはそんなチョコの頭をそっとなでると、続いて十勝君の方を向く。


「アンタ、名前は?」

「ええと、十勝陽介です」

「アンタはさっき、ビョウキのヤツが見えていなかったみたいだけど、もしかして全く見えないのかい? それでいったい、何をするつもりだったんだ?」

「そ、そりゃあたしかにオレは見ることはできねーけど、それでもできる事はあるだろうし、いないよりはいた方がいいだろうと思って」


 そう。実際に十勝君はビョウキ相手に石を投げてくれた。結局その後ピンチにはなっちゃったけど、何も出来ないわけじゃ無いんだ。だけど……


「もしかしてアンタ、見えなくても何とかなるなんて考えてるんじゃないだろうね?」

「えっ? それはもちろん……」

「あまったれるんじゃないよ! 相手も見えないし、おそわれてもろくににげる事も出来ないって、ちゃんと分っているのかい? アンタが足を引っぱりでもしたら、他のヤツらが危険な目にあうかもしれないって、どうして考えられない?」

「うっ……」


 何も言い返す事が出来ない十勝君。キツい言い方だったけど、おばあさんの言った通り、見えないのは大きなハンデになる。

 ぐうの音も出ずに、だまってしまう十勝君。おばあさんはそんな十勝君に、さらに問いかける。


「本当ならアンタのような子は、妖怪や幽霊といったモノには関わらない方がいいんだ。真夜子と仲良くなりたいだけなら、わざわざそんな事に、首をつっこまなくったって良い。悪い事は言わないから、今までの事は全部わすれて、もう関わるのはお止め」

[―—っ!」


 ばあさんの言う通り、無理に関わって取り返しのつかないことになってから、後悔してもおそい。全ての幽霊や妖怪が危ないと言うわけじゃないけど、今日みたいなこともあるし。見えないとなると、関わらない方が安全だと思う。だけど。


「いやだ……」


 くやしさをかみ殺すように、しぼり出した言葉。十勝君は顔を上げると、大きく口を開く。


「オレだけ仲間外れなんて、そんなのいやだ! これだけ関わってきたのに、今さら全部無かった事になんてできるかよ!」


 おく歯をかみしめて、強い目でおばあさんのことを見つめている。

 ぼくは今まで、こんなくやしそうな十勝君を見たことが無かった。十勝君は真剣な目でおばあさんを見て、そして言った。


「真夜子や光太にはちゃんと見えてるし、ネコ助だって本当はしゃべってるんだろ!見えないのも声が聞こえないのも仕方ないけどさ、分かってて知らんぷりするのなんて、絶対にいやだからな!」


 まるで今にも泣き出しそうなほどくやし気で、だけどその目は真っ直ぐで。もしかしたら十勝君は、ぼくらの中で自分だけ見えない事を気にしていたのかもしれない。それでも、本当はそこにあるって分かっているから、必死になって関わろうとしてきたのかも。


 何か声をかけてあげたい。だけど何を言っていいか分からずに、オロオロするぼく達。けどおばあさんはちがった。十勝君の話を聞き終えると、フッと表情を和らげる。


「そうかい。だったらまず、自分が弱いってことを自覚しな。見えない事も声が聞こえない事も、人ならざるモノと関わる上では大きな欠点になる。それをキモにに命じておくことだね」

「……おう」

「いい子だ。今の気持ちを、忘れるんじゃないよ。時間はかかるだろうけど、あせらずゆっくりやるんだよ」

「……はい」


 最後はめずらしく、すなおにぺこりと頭を下げた。おばあさんはそんな十勝君の頭をやさしくなでる。

 マヨちゃんのおばあちゃん。ちょっと怖い所もあるけど、やさしい人だ。マヨちゃんがなついている理由もよく分かる。と思ったその時……


「さあ、次は一番ガツンと言わなきゃいけない子の番だね」


 おばあさんはそう言って、つり上げた目をぼくに向けててきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます