ビョウキ再び

 チョコからお札をもらったぼく達は、そのマヨちゃんの家へと向かうことにした。

 昨日とちがうのは、ぼくたちの他にチョコもいるということ。ぼくらだけでは心配だからと、いっしょに来てくれたのだ。お札に加えてチョコも味方してくれるとなると、よりいっそう心強い。


「アタシが力をかすんだから、大船に乗ったつもりでいるニャ」

「ありがとう、期待してるよ、チョコ」


 昨日通ったのと同じ道を、三人と匹で歩いて行くと、田んぼのわきにある一本の木に目が止まった。たしかマヨちゃんの話では、この前はあの木の上にビョウキはいたんだったよね。


「そういえばビョウキは、どうしてマヨちゃんのおばあちゃんをねらっているのかな?」

「分からない。もしかしたらおばあちゃんは何か知っているのかもしれないけど、前に相談したときは、気にするなって言われちゃったし」

「もしかしたらばあちゃんがねらわれてるって言うのは、かんちがいってことは無いのか? それならもうアイツは、来ないかもしれねーぞ」


 十勝君はそう言うけど、どうだろう? また来るみたいなことを言っていたからねえ。本当におばあちゃんがねらわれてるかどうかは分からないけど、やっぱり心配だよ。もちろん、来ないならその方がいいんだけど。


「ごちゃごちゃ考えたって、なるようにしかならないニャ。みんなしっかり気持ちを引きしめて……ニャニャ⁉」


 ぼくらの前を歩いていたが、急に足を止めて毛を逆立たせる。そして次の瞬間、昨日感じたのと同じ寒気がおそってきた。


「コウくん、これって?」

「マヨちゃんも感じる?それじゃあやっぱり……」

「どうした?ビョウキが近くにいるのか?」


 たぶんそうなのだろう。ぼくもマヨちゃんもチョコも、近くにビョウキがいないかと、辺りを見る。

 すると田んぼの先から黒い影が空をまいながら、こっちに向かってくるのが見えた。


「いた、真っ直ぐこっちに……ううん、あれはもしかしたら、ボクの家に行こうとしてるのかも?」

「それってまずくないか?先を越されちまったら、退治できねーぞ」

「よし、ここはアタシにまかせるニャ……ニャニャニャニャニャ」


 チョコは何やら上を向いて、ニャーニャー言い始めた。そして。


「ニャアアアーーーーーーーーーーッ!」


 まるで耳がこわれるかと思うくらいの、特大の鳴き声を上げたのだった。そのあまりの声の大きさに、思わず耳をふさぐ、ぼくとマヨちゃん。

「ねえ、これにいったいどんな意味があるの?」

「よくぞ聞いてくれたニャ。実はこのおたけびには、相手の気をそらしておびきよせる効果が……おっと、そんな説明をしてるヒマは無いニャ。来たニャ!」


 チョコの言う通り、さっきまでは空にあった黒いかたまりは、ぼくらのすぐ前におりてきた。そして昨日とはちがって、今回はすぐに、その正体を現す。


「マタ……オマエたちカ」


 影が晴れて、見えてきたのは毛もくじゃらの大鬼。昨日の感じた恐怖が思い出されて、足がすくんでしまう。


「あ、なんか今変な感じがした! てことは、やっぱり近くにいるんだな」


 ビョウキのすがたが見えない十勝君は、そんな事を言ってるけど、近くと言うか、本当はもう、目の前にいるんだ。もしその気になれば、すぐにでもおそいかかってこれる距離。

 正直とても怖い。ぼく達にはお札があるとは言え、本当に勝てるかなあ?

 やっぱりここは、ヘタに動かず、しんちょうに……


「コラー、ビョウキー!昨日はやられちゃったけど、今日は負けないんだからねー!」


 ……ぼくの思いもむなしく、マヨちゃんがビョウキをおこらせるような事を言ってしまった。しんちょうに動かなきゃいけないのに。


「マ、マヨちゃん。もうちょっと相手を、おこらせないようにしなくちゃ」

「ダメだよそんな弱気になってちゃ。おばあちゃんが言ってたよ、気持ちで負けてたら、勝てるものも勝てなくなるって」

「たしかにそれはそうかもせれないけど……」

「平気だって。こっちにはお札もあるんだしさ」


 それはそうだけど、本当に大丈夫なのかな?

 おそるおそるビョウキに目を向けると、向こうもするどい目でぼくらをにらんでいた。これはもしかしなくても、おこってる?


「いいだろウ……お前たちがその気ナラ……サキにアイテをしよウ」

「いえ、ぼくらは別に、無理にケンカしようってわけじゃないんです」


 お札があるとはいえ、話し合いで解決できるならその方が良い。いくらビョウキが怖い相手でも、こうして言葉が通じるなら、話せばわかってくれるかもしれない。だけど……


「何言ってんだよ光太。オレ達ビョウキを、やっつけに来たんじゃねーか」

「ちょっと、十勝君?」

「おいビョウキ、こっちには秘密兵器のお札があるんだからな!お前なんてケチョンケチョンにしてやる!」


 十勝君にはビョウキのすがたが見えていないはずなのに、それでもノリノリで言ってのける。

 どうしてくれるの、これでもう絶体に話し合いなんてできないよ。しかも秘密兵器って言っておいて、思いっきりバラしちゃってるし。

 ああ、状況はどんどん悪化していってる気がする。だけどマヨちゃんも十勝君も、その事にまるで気づいてない。そして。


「ウルサイやつらダ……ソレならノゾミどおり、アイテをしてくれル!」


 そう言ったかと思うと、ビョウキが大きく腕をふり上げた。マズイ、このままだと、お札を使う前にやられちゃう。そう思ったけど。


「光太くん、マヨちゃん、ひとまずコイツからはなれるニャ」


 そう言ったチョコが、ぼくらとビョウキの間に割って入った。腕をふり上げたビョウキの顔を、チョコがツメで引っかいた。


「アアアアアア!?」


 いきなり引っかかれたビョウキは、思わず顔を手でおおう。

 よし、今のうちだ。ぼく達はチョコの指示通り、ビョウキからはなれた。


「なんだ? どうなってんだ?」

「チョコがビョウキを引っかいたんだよ」

「そうか。で、オレはいったい何をすればいいんだ?」

「ええと、それじゃあ……とりあえずはなれて、その辺の石でも拾っておいて。それで、いざとなったら、ビョウキに向かって投げて」

「わかった」

 マヨちゃんに言われて、素早く石を集め始める十勝君。あの大きな鬼に石なんてぶつけてもダメージがあるかどうかはわからないけど、何もしないよりはマシかもしれない。それに相手のすがたが見えない十勝君を遠ざけられたのは大きい。すがたが見えなければ攻撃をよけられないけど、とりあえずはなれておけば、おそわれる心配は少なくなる。すがたが見えないビョウキ相手に、十勝君がどうやって石をぶつけるのかは、今は考えないでおこう。


 そうしてそれぞれが持ち場についた時、体勢を立て直したビョウキが、チョコをおいかけ始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます