人食い自販機のうわさ

6月のある朝

 6月のある朝、ホームルームが始まる前の教室で、ぼくは図書室から借りた本を読んでいた。


 外は雨がふっていて、グラウンドで遊ぶ子のすがたは、もちろん無い。

 雨の日は苦手だ。ぼくのかみはネコみたいにクセがあるから、整えるのが大変なんだよね。クラスみんなも、外で遊べないって言っているけど、天気に文句もんくをいっても仕方がないよね。こんな日は大人しく本を読むにかぎる。

 ……ごめん、ちょっとウソをついた。雨がふっているかどうかに関わらず、ぼくはいつも大人しくすごしているんだった。外で体を動かすのは、苦手だから。


 ホームルームが始まるまでは、こんな風に本を読んだり、何もせずにボーッとしていることが多かった。だれかに声をかけることも、かけられることも、あまりなかったから。少し前までは、ね。


「おーい、光太ー!」


 ぼくをよぶ声が聞こえてきたから、本を読むのを止めて顔を上げる。声のした教室の入り口に目を向けると、そこには十勝君のすがたがあった。

 梅雨のジメジメにも負けないツンツンとした頭と元気のよさは、今日も健在けんざい。まるでジメジメをふき飛ばすようないきおいで、真っ直ぐにぼくの席までやって来る。


「何だ光太、また朝から本なんて読んでるのか? なになに、『動物との付き合い方』? こんなの読んで楽しいのか?」

「うん、けっこう面白いよ。犬にかまれた時にどうすれば良いかや、上げてはいけないゴハンなんかが書いてあって勉強に……」

「あー、そういうのいいや。それよりだな」


 自分から話をふってきたのに、すぐに興味きょうみを失くして、話を変えてくる十勝君。そして背負せおっていたランドセルを下ろすと、そこから一まいのプリントを取り出した。


「宿題見せてくれよ」


 ああ、やっぱりそれが目的だったんだ。朝こんな風に声をかけられる時は、たいてい宿題の相談そうだん

 昨日は算数の宿題が出ていたけど、どうやら十勝君はやるのをわすれていたみたい。いや、もしかしたら初めから、ぼくの答えを写すつもりだったのかもしれないけど。十勝君、算数苦手だからなあ。


「見せるのはいいけど、大丈夫だいじょうぶなの? もし同じ間ちがいしてたら、先生にあやしまれない?」

「だからお前にたのんでるんじゃねーか。算数とくいだろ、この前も百点とってたし」


 たしかに苦手じゃないと思うけど、それでも絶対ぜったいに間ちがえないわけじゃない。この前に同じように宿題を写させたところ、二人とも同じまちがいをしていて、それで先生にバレておこられた事もあった。


「もし前みたいに間ちがえてたら……」

「平気だって。この前まちがえたんだから、今日は気をつけてといたんだろ。お前はまちがいをくり返さないヤツなんだから、もっと自信を持てって」


 信用されてるって、思って良いのかな? でも、ほめてくれるのはうれしいけど、宿題写しながら言われてもどう反応して良いのかわからない。

 まあいいか。先生に見つからないうちに、早く写してもらおう。だけどそんなぼくたちに、近づいてくる子が一人。


「こらー、十勝君!またコウ君の宿題写してるでしょー!」


 サラサラとしたショートカットのかみをゆらしながらそう言ってきたのは、マヨちゃんこと一ノ瀬真夜子ちゃん。

 どうやらマヨちゃんのキレイなかみも、ジメジメなんてへっちゃらみたいだ、なんて思っていると。そのマヨちゃんが今度は、ぼくに目を向けてきた。


「コウ君もコウ君だよ。そんな簡単に写させてたら、十勝君のためにならないでしょ」

「ご、ごめん」


 ぼくまでおこられてしまって、急いであやまる。十勝君もバツの悪そうな顔をして、宿題を写す手を止めた。

 そうだよね、あんまり写させてばかりだと、ためにならないよね。反省しなくちゃ。


「ああっ、もう。自分でやればいいんだろ」

「ごめんね十勝君。分からない所があったら、ぼくがき方を教えるから」


 丸写しはよくないけど、これくらいなら別に良いよね? だけどなぜかその一言で、マヨちゃんの表情ひょうじょうまで、パアッと明るくなった。


「本当、コウくん。分からない所、教えてくれるの?」

「そのつもりだけど。もしかして、それもいけなかった?」


「ううん、そんな事ないよ。教え会うのは大事だものね。ところで……実はボクも、途中とちゅうまでしか宿題終わってないんだけど……」


 マヨちゃんが出してきたのは、空白部分の残った宿題のプリントだった。

 えっ、さっきはあんなこと言ってたのに、マヨちゃんも終わってないの?


「おい、結局やることはオレと同じじゃねーか」

「ちがうもん。ボクは最初から、丸写しなんてしなんてするつもりなかったもん」

「でもよう、写した方が早いだろ。モタモタいてて先生が来たら、めんどうだしよ。二人もいたら、光太だって教えるの大変だろ?」

「えっ、ぼく?」


 どうしよう。たしかに二人に教えるのは時間がかかりそうだけど、写すのはダメだってマヨちゃんに言われたばかりだし。それに十勝君、なんだかんだ言って、結局写して楽しようって思うってない?


「ダメだよ、ちょっとは自分でがんばらなきゃ」

「バカ、それで間に合わなかったらどうするんだ」

「バカって何さー」


 言い争う十勝君とマヨちゃん。いけない、このままだとケンカを始めそう。それよりも先に、宿題をしなくちゃいけないのに。


「二人とも、しゃべってるひまがあったら手を動かして。でなきゃ手伝ってあげないよ!」

「ええっ、それはないだろ⁉」

「ごめんねコウくん。ほら、十勝君も早くこうよ」

「ちっ、分かったよ。けど、もう時間も無いし、写した所はそのままで良いだろ」


 十勝君はしぶしぶだったけど、ようやくやる気になってくれたみたいで、マヨちゃんといっしょに問題をいていく。


 途中とちゅうマヨちゃんに、どうして宿題をわすれたのか聞いてみたら、何でも夕べ宿題をやっていたけど途中で分からなくなって。モタモタしてるうちに見たいテレビが始まって。ちょっと休憩きゅうけいするつもりが、すっかりわすれちゃってたんだって。


「テレビ見だして宿題わすれるだなんて、真夜子はドジだなあ」

「むうー、一問もいてこなかった十勝君には言われたくないよ」

「二人とも、それより早く問題をかなきゃ。もう先生来ちゃうよ」


 チャイムが鳴るまであと3分。果たしてちゃんと終わるだろうか?


 こんな風にぼくが二人の宿題を手伝うのも、最近ではすっかりおなじみの光景になりっている。

 先月、木のせいのおじいさんがさかせてくれた花を見てからと言うもの、ぼく達は何かと、三人いっしょにいることが多くなった。

 幽霊ゆうれい妖怪ようかいといった、人じゃないモノのすがたを見ることができて、声も聞けるぼくとマヨちゃん。偶然ぐうぜんその事を知ってしまった十勝君。秘密ひみつを共有するぼく達は、自然と話をする機会が多くなって。休み時間や放課後は、いっしょになって遊んだり宿題をしたりしている。


 マヨちゃんと十勝君は、たまにケンカもするけどね。十勝君、マヨちゃんのことが好きなら、もっとやさしくしてあげればいいのに。

 もっともマヨちゃんの方は、十勝君の気持ちには全然気付いてなさそうだけど。というより、好きな人とか恋愛れんあいとかには興味きょうみがなさそうだなあ。


「コウ君、ここの答えって、これでいいんだっけ?」

「ええと、これはね……」


 答え合わせをしながら、朝の時間はすぎていく。

 ちょっと前までは声をかけることも、かけられることも無かったけれど、今はこうしてマヨちゃんや十勝君がいる。たったそれだけのことが、ぼくにはとてもうれしく思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます