第23話・くそったれな呼び声

「アク・エッジ!!」


 リンは、魔術で水の刃をいくつも生み出し、ガルムに向けて射出する。そして水の刃を躱したガルムに接近し、借りたロングソードで切り裂いた。

 線の細い少女だが、勇者パーティーとして数多の戦いをしてきたリンは、戦闘経験ならそこらの兵士や傭兵よりも高い。当然だが実力も。

 だが、ギフトを失った影響はやはり出ていた。


「っく……規模も威力も半分以下、並みの魔術師と変わらない」


 魔術の威力や規模が大幅にダウンしていた。

 ギフトによる恩恵で魔力も身体能力も上がっていたが、その全てが失われていた。

 リンは歯噛みしながら……ライトの絶叫を聞いた。


「ライトさん!?」


 ライトは、ガルムの目の前でうずくまっていた。

 脂汗を流しながら剣を落とし……足元には、見覚えのある大型自動拳銃が落ちていた。

 ライトの目の前のガルムは、口を開けてライトにとびかかる……。


「くっ……アク・エッジ!!」


 リンの水の刃が、ライトを襲おうとしてるガルムに向けて飛び、その体を両断した。

 

「ライトさん!! ライトさん!!」

「……っ」

「何があったんですか!? ライトさん!!」

「っく……っくそ!!」


 リンは、ライトの身体に何か起きたと判断した。

 ガルムはまだ残っている。


「こうなったら、私が……っ!!」


 リンは、一人でガルムを狩りつくした。


 ◇◇◇◇◇◇


 なんとかガルムを退治したリンは、怪我人の手当てを行った。

 水属性の治癒魔術は習得が難しく、どこに行っても重宝される。聖剣の恩恵で魔術習得が容易だったのは感謝していた。

 馬車の護衛兵士たちを治療すると、彼らは馬車のチェックとガルムの死骸処理を初めた。

 それらを任せ、リンはライトの元へ。


「ライトさん、大丈夫ですか?」

「…………」

「あの、何が? それとその大型拳銃……なんでここに」


 蹲り、肩で息をしていたライトはようやく落ち着きを取り戻した。

 そして、落ちていた銃を掴む。


『おっ、ようやくオレを使う気になったか? じゃあいろいろ説明しt』

「がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」


 ライトは、大型拳銃を近くに岩に思いきり叩き付けた。

 ギョッとするリンを他所に、岩に叩き付けられた拳銃を思いきり蹴飛ばし、再び岩に叩き付ける。


「ら、ライトさん!? なにを!!」

「こいつが、こいつがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!! 返せ、返せ返せ返せ返せ返せ返せぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

『…………』


 拳銃を踏みつけまくるが、傷一つ付かない。

 リンはライトを羽交い絞めにすると、ようやく落ち着いた。


『気は済んだか? つーか、そんなのでオレが壊れるわけねぇだろ。オレが破壊されるとしたら、兄弟が死んだときだけだ』

「ふざけるんじゃねぇぞ!! 剣を奪っただと、どういうことだコラぁっ!!」

『だーかーら、対価を支払ったのは兄弟自身じゃねぇか。最も大事なものを対価に、力をやるって契約だろ』

「それが、それが剣だっていうのか……!!」

『正確には『刃物』だな。兄弟はこれから死ぬまで、刃物は一切使えない。握ることも触れることもできない。つまり、戦うにはオレを使うしかないのさ』

「お、まえ……っ!!」

『対価を支払ったのはお前だぜ? オレを恨むのは筋違いさ。そんなにオレを使いたくないなら、身体を鍛えて格闘技でも習えば? 一発かます前に聖剣で真っ二つ……なんてな』

「この、野郎……っ!!」

『あと、オレはカドゥケウスだ。名前で呼んでくれよ、兄弟♪』


 ライトは、大型拳銃のカドゥケウスに怒りを覚えていた。

 理不尽な怒りだということはわかってる。だが、騎士になるために幼いころから習った剣技を全て失ってしまった。


「ライトさん……」

「…………」

『おい嬢ちゃん、オレと兄弟は一心同体、距離なんて関係なく目の前に現れることができる。とりあえずオレを回収して、落ち着ける場所で話をしようや』

「……そうね。あなたのことも気になるし」


 リンはカドゥケウスを持ち上げ、胸に抱く。

 もしかしたら、この得体の知れない力は、勇者の脅威となるかもしれない。


『おうおう、ガキのくせにいい乳してんじゃねぇか』

「…………」


 リンは、カドゥケウスを藪の中に投げ捨てた。


 ◇◇◇◇◇◇


 ライトと一緒に馬車に戻ると、馬車の点検を終えた傭兵が出発の準備をしていた。

 ちょうどライトたちを呼びに行こうとしていたようだ。


「ちょうどよかった。手助けの礼をしようと思っていたんだ。オレたちは領土国境の町まで荷物の運搬護衛をしていてな。見たところ徒歩のようだしそこまで乗せてやろう。あと、ガルムの牙を採取しておいた。手助け料金とガルムの牙の料金と合わせて、金貨30枚支払おう」

「い、いいんですか? ありがとうございます!!」

「…………」


 リンは頭を下げ、傭兵から金貨の袋を受け取る。

 金貨30枚もあれば、二月は暮らせる。思わぬところで資金が手に入り喜ぶリン。

 ライトの表情は特に変わらなかった。


「それと、お節介かもしれないが、予備の服と装備も提供しよう。お嬢さんは丸腰、そこの少年はボロの服……何か事情があるようだが、傭兵の我々には関係ない。助けてくれた礼として受け取ってくれ」

「……何から何まで、ありがとうございます」


 こうして、リンは装備一式、ライトは服を着替えた。

 ライトは剣を受け取ろうとしたが……受け取れなかった。


「では、領土国境の町に出発する。馬車に乗ってくれ」

「はい!」

「…………」


 馬車はゆっくりと走り出す。

 ライトは、グチャグチャした思考のまま考えていた。


「…………」


 このままでは、母さんを助けられない。

 剣を使えないのは事実のようで、剣の塚を握ったときの激痛は身体に刻まれてしまった。

 本来は、領土国境の町で装備を整え、ファーレン王国に戻るという算段だったが、どうしようもない。

 まさか、素手で殴り込みするわけにもいかない。

 自分の目的は、勇者の殺害だ。刺し違えるならともかく、殺されれば勇者たちが喜ぶだけだ。


「…………」

「ライトさん……あの」


 早急に、この忌まわしい呪いを解く必要がある。

 剣がなければ戦えない。ライトはそう考えていた。

 カドゥケウスで戦うということは全く考えていない。あんな呪いの武器、触れるのだってもう嫌だとライトは考える。


「ライトさん、町に着いたら宿を取りましょう。少し休んで、これからのことを」

「…………」


 リンが何か言ってるが、ライトは全く聞いていなかった。






『おいおい、寂しいねぇ……オレを捨てて行くなんてさ』







 カドゥケウスの声が、再び聞こえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます