第15話・親友

「……ライト、メシだ」

「ああ。ありがとな、レグルス」

「……おう」


 臭い地下牢に相応しい、臭い飯だ。

 硬いパンに冷めたスープ、コップ一杯の水。騎士の宿舎で食べた食事がもう懐かしい……。

 レグルスは、俺を見て悲痛な表情をしていた。隣に立つウィネも同じく……。


「ライト、オレ……部隊長補佐に任命された」

「え、マジで!? すげぇじゃんレグルス、出世かよ」

「お前の後釜だよ……っくそが」

「レグルス、やめなよ……」


 俺は、本気で悔しがるレグルスと、レグルスの肩に手を置くウィネを見た。

 こんな状況でも、この二人は俺の親友でいてくれる。

 俺が勇者レイジを嫉妬から襲い、返り討ちにあったと騎士団では伝わっているらしい。もちろん噓だが、騎士団ではそれが真実として伝わっていた。


 だが、レグルスとウィネは信じなかった。

 俺への食事係に立候補し、毎日2人で食事を届けてくれる。勇者に対する怒りもあるようで、おかげで俺は冷静になれた。

 この二人には、リンと旅に出ることは伝えていない。

 戴冠式まであと一日……。


「ちっくしょう……ライト、このままだとお前、国外追放だぞ。何度も副団長に掛け合ってるんだけど……」

「無理すんなって。それより、父さんと母さんは?」


 ウィネに聞くと、顔を伏せながら言う。


「二人とも無事よ。父親のほうはいつも通り仕事をしてるけど……母親のほうはショックで寝込んだみたい」

「……そうか。悪いけど、気にしてやってくれないか」

「うん……」


 ウィネは、力強く頷いた。

 この二人は誰より信用できる。騎士の姿を見るたびに、胸が締め付けられるような気持になるが、この二人ならきっと立派な騎士になるだろう。

 結婚式には出れないな……それだけが残念だ。


「ちくしょう!! やっぱりもう一度副団長に……いや、こうなったら団長に」

「バカ!! 団長がお前の話を聞くわけないだろ。それに、勇者レイジの決定に異を唱えたら、騎士団長もここにぶち込まれる。いまの勇者は国王より権力があるんだ……」

「くっ……でもライト、お前、騎士はいいのかよ」

「……仕方ないよ。国外追放されたら旅でもして、傭兵にでもなろうかな。なぁなぁ、武者修行ってどう思う?」

「…………バカ野郎」

「ライト……」


 精一杯の笑顔で言うが、どうもダメみたいだ。

 付き合いが長いとわかっちまう……俺が無理してるってことに。


「二人とも、今までありがとう。俺……レグルスとウィネに会えてよかった」

「ライト……」

「うっ……ひっく」

「結婚式には出れないけど、祝福するよ。幸せにな」


 俺は、格子から手を伸ばし、レグルスとウィネの手を取る。

 しっかりと握る。ここでできた親友の手を。

 

「ちくしょう……」

「ライト、ごめんね……」

「おいおい、泣くなって。明日は戴冠式なんだろ? 騎士の務めをしっかり果たすように!」

「バーカ、言われなくてもそうするわ!」

「ふふっ……もちろんよ」


 ようやく、レグルスとウィネは笑ってくれた。


 ◇◇◇◇◇◇


翌日。

牢屋で最後の食事を終えた。あとは戴冠式が終わればこの国の王は勇者レイジになる。

 リリカとセエレも、勇者レイジの妻としてこの国を支えていくはずだ……。


「はぁ……」


 魔獣退治の旅、か。

 国外追放されても行く当てなんてない。目的があるならいい……そして、この国の思い出も、旅の中で吐き出せてしまえたら……。

 

「……」


 ふと、頭の中によぎる。

 俺は今まで、なんのために騎士を目指してきたのか。

 それは、幼馴染二人との結婚のため。その目的が消えたということは、騎士になる理由も消えたということ。

 なら……これからどうする。魔獣退治に残りの人生を捧げるのか。

 命の危険もある旅だ……。


「探すしかない……俺が生きる新しい目的を」


 この旅はきっかけだ。

 俺の、新しい人生を歩くための。

 なら、リンのためにできることをやろう。


「うん……がんばろう」


 少しだけ、立ち直れた気がする。

 窓のない牢屋だから外の様子は見えない。でも、外では戴冠式が行われているだろう。

 祝福する気にはなれない。というかもうどうでもいい。

 

「さっさと終わってくれないかな……」


 今は、リンが迎えに来るのを待つしかないな。


 ◇◇◇◇◇◇









次の瞬間、俺の中の《何か》が脈動した。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます