第11話・騎士ライトの誕生


 「………う、ぅ」


 頭が痛ぇ······なんか、夢見てたような気分。

 俺は起き上がり、周囲を見回す。

 

 「………ここ、医務室……?」


 どうやら、修練場の医務室らしい。

 部屋は広く、いくつものベッドが並んでる。1つ1つがカーテンで区切られ、俺は窓際のベッドで上体を起こして窓の外を見た。

 外は夕焼けが広がり、時刻は夕方を過ぎて夜になりかけている。


 「試験は………あれ、俺は……勝った、のか? あれ?」


 思い出せない。

 確か《魔剣士》の人と戦ってた。そんで背中を切られて、倒れて、立ち上がって………それで、頭が白くなって、右手が熱くなった。そして意識を失った……?

 俺は勝ったのか、負けたのか。何も分からない。


 「はは………」


 何か笑える。

 右手を見るが何もない。何かが飛び出したような気がしたが、あれが俺の《ギフト》なのだろうか。

 右手を見つめてると、医務室のドアが開いた。


 「起きたか」

 「ふ、副団長……」


 俺によく稽古を付けてくれた副団長だった。

 いつもと変わらない表情で、ゆっくりと俺の側に来た。

 

 「身体の調子はどうだ?」

 「あ、いや……平気です。あの、一体何が……」

 「お前の《ギフト》が土壇場で覚醒したんだ。どうだ、意識を自分の内に向けてみろ」

 「………え」


 そんなコト言われても、何も浮かばない。

 まだ混乱してるのだろうか、モヤが掛かったような……わからん。


 「ふむ。まだ覚醒が不完全なのかもしれん。まぁ直にわかるだろう」

 「は、はい」

 「それと、気になってると思うが心配するな。お前は……見事に勝利した」

 「え」

 「誇って良いぞ。お前は今日から騎士ライトだ」

 

 それはつまり、俺が勝ったということ。

 つまり、騎士の試験に合格し、正式な騎士として認められたと言うことか。


 「お前の友人2人も合格した。今年は一期生が5人も合格したのでな、私たちも少々驚いてるよ。だが、騎士として合格した以上、これからは私の部下だ。今まで以上に厳しく指導するから覚悟しておけ」

 「は………は、い」

 「ふ、まだ実感が沸かぬか。だが……直ぐに分かる」

 

 そう言って副団長は立ち上がり、俺を見下ろして言う。

 

 「明日は入団式がある。正騎士の制服を部屋に届けさせてあるから、詳細はレグルスに聞け」

 「は、はい」

 「動けるようなら部屋に戻れ。以上」


 俺の返事も待たず、副団長は去って行った。

 俺はボーゼンとしたまま、考えていた。


 「騎士………俺が、騎士………じゃあ、合格したんだ」


 他人事のような感覚だった。

 まだ実感が沸かない。取りあえず……身体は動くし、部屋に戻るか。



 俺は立ち上がり、医務室を後にした。



 **********************

 


 俺は部屋に戻り、自室のドアを開ける。


 「レグルスっ、レグルスぅぅっ!!………あ」

 「ウィネっ!! サイコーだっ!!………あ」

 「あ」


 俺は全裸でウィネに跨がるレグルスと目が合った。

 しかも2人の結合部までバッチリ見てしまった。なんてこった。

 この2人、また部屋でヤッてやがる。たぶん俺が帰ってくるなんて思わなかったんだろうな。

 15分ほど部屋のドアの脇で蹲ってると、静かにドアが開いた。


 「………よう」

 「お、おお。さぁ入れよライト、今日はめでたい日だぜ!!」

 

 誤魔化すように笑ってる。まぁ俺もノックしなかったの悪いし、ここは触れないでおこう。

 さっそく部屋に入ると、ウィネが顔を赤くして手を振ってた。


 「や、やっほーライト、そんでおめでとう!!」

 「ああ、ありがとな。それとお前達も……」

 「聞いたのか? 今年度の合格者は一期生が5人もいるって」

 「さっき副団長に聞いた。俺たち3人は合格だろ?」

 「おう、へへへ……まさか合格できるとはなぁ……」

 「あたしも。正直負けると思ってたけど、なんとか勝てたからね」

 「それが実力だろ?」


 俺のベッドの上に、畳まれた服が置いてあった。

 キレイな装飾や刺繍が施された、正騎士の制服だ。

 

 「明日は入団式か……まだ実感沸かないな」

 「同じく。まさか夢じゃないよな?」

 「もう、さっきも同じこと言ってたじゃん」

 「そ、そうだっけ? あぁ!? それよりライトお前、ギフトに覚醒したのか!?」

 「あ!! あたしも思った!!」

 「い、いや……実は、まだわからん」


 嘘じゃない。何も浮かばないし、正体も不明だ。

 右手が熱くなったのは覚えてる。何かが生まれたような、不思議な感覚も覚えてるが、具体的なことはわからない。


 「そうなのか? でもよ、間違いなく攻撃系のギフトだ。羨ましいぜ」

 「だよね~……相手の人は吹っ飛んじゃったしね」

 「ああ……」

 「ま、そのうち自在に使えるだろ。それより明日の入団式……楽しみだぜ」

 「そうだね。でも緊張するかも」

 「でも、これで俺たちは騎士……なんだよな」

 「ああ。へへへ……」


 レグルスもウィネも俺も、騎士になった。

 これでリリカやセエレとの約束は果たした。あとは2人が帰って来るのを待って……結婚を申し込もう。

 


 リリカやセエレの事を思い出した途端、騎士になった実感が沸いた。



 **********************



 翌日。正騎士の服に着替えた俺たちは、騎士団へ入団した。

 騎士団長シュトルンバッハからありがたいお言葉を頂き、陛下の前で敬礼をして王国に忠誠を誓う。

 入団式はつつがなく終わり、騎士団の宿舎で食事会が開かれた。


 「騎士レグルス!! いっきまーーすっ!!」


 レグルスは調子に乗り、エールの一気飲みをしてる。どうも自分からやり始めたらしく、先輩騎士たちは面白がって誰も止めずに煽ってる。そのうちぶっ倒れそうだ。

 俺も混ざりつつ、絶妙な距離で観戦していた。


 「全く、レグルスのヤツ」

 「ありゃマズいね。潰れるよ」

 「そん時は俺が部屋まで引きずってく。ルームメイトだしな」

 「うん。迷惑かけるね」


 ウィネと飲みながら、そんな話をする。


 「なぁ、お前らって結婚すんの?」

 「ぶっふっ!? ら、ライト?」

 「俺は2人が帰ってきたらプロポーズするけど、お前らはどうすんのかなって」

 「え、えっと……まだ早いよ、騎士になったばかりだし」

 「そんなもんか?」


 よくわからんが、2人には2人のペースがあるんだな。

 それにしても、リリカ達は今、どこで何をしてるのか。魔刃王とやらは倒せたのだろうか……気になるな。早く帰ってこないかな。



 この時はまだ、俺は何も知らなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます