第13発 あの日の悲惨な出来事

男が真の世界に転移してエロスを極めていたその頃。

日本で或る女性が病院の一室で卒業アルバムを見ていた。

皆、笑顔で楽しそうに写っているが、その写真に男と女性は写っていなかった。


女性「(そうね、アイツとワタシ、どっちも不登校になったから。あの日以来)」


それは悲しい出来事だった。

中学校の頃、ある冬から春にかけて二人はお菓子を交換したのだった。

それがクラスの仲間たちの知るところとなった。


心無い生徒のせいだろう、黒板には女性と男のことを茶化した落書きがなされ、

給食にアブラムシを混ぜられたり、靴に画びょうが入れられていたりする毎日が続いた。


そのことが、女性の親と男の親との間での「お宅の子のせいでうちの子が」という喧嘩に発展し、さらに進んで、女性も男も、それぞれ地域環境どころか家庭内関係まで悪化してしまった。



そして数十年経った、現在。


女性は不治の病で、余命宣告も受けていた。あと数日持つか・・・分からない、と。

女性「(アイツ・・・。今頃どうしているんだろう。今頃別の女性と結婚して家庭を持ってるんだろうな)」

それは本来喜ばしいことであるはずだが、なぜだろう涙が止まらない。




女性は泣いたまま、そして息を引き取った。




決して安らかとは言えない表情だったが、

その表情を看取る者はだれ一人として居なかった。





女性が目を覚ますと、そこは天国の門であった。

天国の入り口に天使がいた。


天使「あなたは死にました。神様のもとに召されたのです」

女性「ここは・・・そうでしたか」

天使「やり残したことはないですか? 悔いはないですか?」

女性「やり直したい・・・何もかも。そう、何もかもやり直したいです!」


天使「3年間の待ったなしリカレントプログラムご存じですか?」

女性「え?」

天使「天国と地獄のほかに煉獄ってのがあるんです。まあ、煉獄創生ってヤツです。煉獄、いま過疎ってるから」

女性「なにそれ?」

天使「煉獄は、別名、真の世界とも言います。最近、スパルタ教育も行われてなくて、ゆるい感じだから、ぜひ応募なさって」

女性「はぁ」


天使「実は、君とお菓子を交換したあの男もいま煉獄にいるんです。ちなみにその男も独身です」

女性「それまたどうして?」

天使「事情は規程により秘密です。でも、あの広い煉獄でその男を見つけ出して、告白して成功すれば2人を日本に戻してあげる」


女性「アイツ・・・。そうね、煉獄で必ずアイツを見つけ出して、アイツを取り戻して一緒に日本に連れ戻す。必ず」

天使「話は早いね。じゃあ、君はオフィーリアと名乗るんだ。良いね?」

女性「はい」

天使「それと、決して自分から正体を名乗らないように。じゃあ、転移してもらおうか。それ~ッ!!」


女性は光に包まれると、真の世界へと転移していった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます