第7発 甘美なる世界

少女グレートヒェンは、その妹を総大主教の面前に連れてくると、妹に言った。

少女「さあ、服を脱いで」

少女の妹「はい、お姉さま」

総大主教の前で、美しい花と花がいじらしい。少女本人は、総大主教と戯れていたときに服を脱いでいたので、すでに一糸まとっていなかった。少女の妹は、まずスカートを脱いだ。

少女「・・・・・・かわいい」

少女の妹「はずかしいです、お姉さま」

少女「さあ、次はパンツです」

少女の妹「・・・・・・はい」

少女「そして、上半身も」


男は総大主教として、少女と少女の妹の胸に触れた。張りのある胸が、少女たちの無垢と可憐さを主張し、そして象徴していた。どれだけ、異国の日本の法令で計算して2人が18歳を越えていると言っても、このあどけなさが、けしからんことに何ら変わりはなかった。


男の精神が、少女の妹の胸に接吻をした。

少女の妹「これが、男性の精神・・・・・・」

少女「素敵」

男「さあ、君たち2人が乱れ咲くところを見てみたい」

少女「はい。ではちゅぱちゅぱし合ってみます」

男「シックスナインが見てみたいな」


そこに、天女ベアトリーチェが会話に入り込む。

天女「そういう単語を、この子たちが知っているとは思えません」

男「じゃあ、ベアトリーチェさんが説明してあげて」

天女「承知いたしました」


天女がかみ砕いて分かりやすく説明した。

少女「それって・・・・・・」

少女の妹「いつも私たちやっています」

天女「そうでしたか。ご立派でございます。おみそれしました」

男「話は早い。いつものを見せつけてくれ」


この後どのようなことが行われたのかは、月のみぞ知る。美しい夜空に、優しくそして厳かに、くちゅくちゅと上品な音が響き渡った。これこそが世間一般でいうところの普通の幸せなのだ。俺はついに普通に充実した環境と、何度でも勃起を繰り返す健全な精神を手に入れたのであった。


男は、総大主教として、少女と少女の妹のために、それぞれに丁寧に精神を注入し、2人に神の加護のあらんことを願い、そして祝福した。


少女と少女の妹は、男の精神に接吻をし宗教上の紐帯と忠誠を誓った。


次の日の朝。

男「どうだ? グレートヒェンとその妹よ。俺についてくる気はないか?」

少女「え、私たちなんかでいいんですか?」

少女の妹「・・・・・・嬉しい」

男「ああ。これから末永く何発でも、楽しもう。神のご加護がありますように」

そういうと、男は二人の胸をさすり、抱きしめた。

天女「では、手早く朝のえっちを済ませて、宮殿に戻りましょう」

男が、今度は少女たちの面前で天女をしゃぶり倒すと、少女たちのために馬車を調達し、男はベアトリーチェの胸にしがみついて馬で帰路についた。男としての凱旋でもあった。


俺は、これからどんどん強くなる。世界で一番の人格者となるのだ。人格者とは何たるかを、全世界に示すのだ。身も精神も研ぎ澄まされてきた男は、そう誓った。


(つづく)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます