12-3

 予選最終ラウンドに迫っていた、六月のある日――遂にあの二人が直接対決と言わんばかりのマッチングを行う。

 それは、レッドダイバーとブラックダイバーだ。レッドダイバーとしては、ブラックの正体に気付いていないように――?

(ブラックダイバーがギャラホルンだとすれば、もしかすると――)

 レッドダイバーは、そのプレイスタイルからブラックダイバーをギャラホルンと仮定していた。

 しかし、微妙な挙動や動画サイトでは伝わらないような細かい動作、それらは明らかにギャラホルンとは異なるだろう。

 では、あの人物は何者なのか? その答えは思いもしない所から出される事になった。レッドダイバーは視線をふとギャラリーの方へと向ける。

「あのブラックダイバー、もしかするとアークロイヤルでは?」

「WEB小説では聞いた事のある名前だが、ゲーマーなのか?」

「プレイヤーネームで使っている人物は数人いる。それに、あの人物がギャラホルンとしても矛盾が生じる」

「矛盾? なりすましプレイヤーが完コピ出来ていないとか――ではなくて?」

「リスペクト等を踏まえたプレイから微妙に挙動を変えているでも、ある程度は納得出来るだろう」

「そこまで変更して、何が目的なのだ」

「そこまではこちらでは予測できない。あくまでも、そこから先はプレイヤー自身が決める事だろう?」

 周囲のギャラリーの声は明らかに聞こえるような言い方ではない。

 それを踏まえると、おそらくは向こうも――それが事実とは受け入れがたいのだろうか。



 マッチングプレイヤーはレッドダイバー、ブラックダイバー、それにその他のプレイヤー。

 その他のプレイヤーも重装備ではなく、レッドダイバーと同じく軽量タイプ+ガジェット類という具合だ。

 ガジェット類はチートや不正ツールの部類ではない。大型ガジェットは基本的にコンテナユニットに収納されており、そこから取り出すケースが多いだろう。

 実際、大型ガジェットを購入するプレイヤーはいなかった。カート系やバイク系といったARレースであれば、ガレージがあって自力の整備環境も存在する可能性は高い。

 こうしたコンテナの移動施設も実は地下に存在するのだが、それらの施設は下水道施設や地下駐車場、洪水対策の施設等に偽装して隠されているケースが多いだろう。こうした事実が今まで判明しなかったのも――。

 他のARゲームの場合、運営本部がガジェットのメンテナンスを行う事が多い。リズムゲームやRPGで比較的に多いらしいが――。

 リズムゲームプラスパルクールはアクション要素もあるが、どちらかと言うとリズムゲームなのでコンテナに収納して運営本部へ転送し、メンテナンスセンターへ――と言うケースがほとんどだろう。

『レッドダイバー、君の疑問ももっともな物だ』

 ブラックダイバーの一言を聞き、――と感じる。

 レッドダイバーはヤルダバオトの一件以降、ARゲームを取り巻く環境の変化に疑問を持っていたからだ。

 ブラックダイバーの方は、自分のいるスタートラインから動いておらず――おそらく、この声はARメットに搭載された通話アプリといった具合か?

『しかし、これだけは伝えておく。ヤルダバオトは一連の事件を演出していたにすぎない。いわゆる炎上商法的な意味合いだ――』

 案の定というか、この辺りはまとめサイトでもいくつかで言及されていた物である。

 彼の口から出たという事は、真実の可能性も否定できない。しかし、本当にソレを信じていい物だろうか?

『更に言えば、ヤルダバオトの計画した物――それはメーカー側も従わざるを得なかったらしい』

 途中からブラックダイバーの声が変わったような気配がした。ボイスチェンジャーなのは何となく予想はしていたのだが。

『全ては終わっていない。それは、全国大会で明らかになるだろう』

『ブラックダイバー、お前は誰なんだ? ギャラリーも気付き始めている。お前がアークロイヤルだと』

 レッドダイバーは声を振り絞って疑問をぶつける。ボイスチェンジャーに異常が発生し始め、途中からは既に女性の声が――。

 それを踏まえれば、ギャラホルンもボイスチェンジャーで性別も隠していた人物と言う事になるだろう。

 その人物の正体がアークロイヤルなのかは定かではない。それをぶつけるのは、おそらく今しかない。

『気付き始めている? それこそ、SNS上のまとめサイトやつぶやきサイトの話ではないのか? 自分で真相に気付かなければ、いずれは――SNSに日本はつぶされる』

 彼女の一言は、明らかにレッドダイバーへ向けられていた。他人の意見ばかりを鵜呑みにして、自分ではどういう結果になるのか考えていない。

 それこそ、特撮版レッドダイバーで伝えようとしていたメッセージではないのだろうか? どのタイミングから、自分は他人に踊らされていたのか?

 レッドダイバーとして活躍し、SNS上で有名になってからなのか? それとも、SNS関係なしに注目され始めてからなのか?



 ここから先はレッドダイバーとして語るのではない。バーチャルアバターを通じてではなく、自分の言葉で彼女に応えるべきなのだ。

「SNS炎上ビジネスを破綻させ、全てを終わらせる事。それが、自分がレッドダイバーから学んだ事だ!」

 レッドダイバーとしてではなく、あくまでも暮無くれないヒビキとして彼女に向けてメッセージをぶつけた。

 それに対し、彼女は何も答えようとはしなかった。今は、予選に集中したいという事なのかもしれない。

(レッドダイバーから学んだ、か。今でもあの作品を愛する物がいるとは聞いていた。ピンポイントで支持されているとは予想外だが)

 アークロイヤルは、ヒビキとしてのメッセージを聞き、ソレに納得をしているようでもあった。

 しかし、今はアークロイヤルとしてではなく――あくまでもブラックダイバーとしてレッドダーバーに挑む。

 遂に――SNSの未来を左右するであろうバトルが始まるのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます