4-4

 ARゲームフィールドが展開され、アーマーのカスタマイズを行う真田さなだシオンは、チュートリアルモードに突入していた。

《リズムゲームプラスパルクールは、一風変わったリズムゲームです》

 このメッセーの出現後、シオンのARバイザーにはチュートリアルの動画が流れ始める。

ダミープレイヤーは汎用スーツを思わせるが、そこは気にしない。そして、走り出すと同時に何か光るパネルを発見し、そこでプレイヤーが止まった。

《演奏は、基本的に光るパネルをタッチする事で演奏を行い、スコアを稼ぐ事が勝利条件になります》

《これとは別に、一直線のルートパネルも存在します。これはそのルートを通らなければいけません。ルートを外れると、ミスと判定されます》

 長方形のパネルは普通にタッチするだけで認識し、直線に光るルートパネルはルート通りに進む必要性がある。

両側には特にパネルに該当する物はないので、道路に表示されたパネルだけでよいらしい。別のゲームだと、両腕で演奏する様なラインもあるのだが。

《演奏失敗によるゲームオーバーはありません。楽曲が終わるまでにゴールへたどり着くまで、諦めないでください》

 演奏が失敗し、ゲージがゼロになるとゲームオーバーか演奏失敗判定があるのだが、この場合は問題がないようだ。

表示されているゲージは、あくまでもゴール時のスコアとして加算される形式らしい。

(乗り物系も使えるという事みたいだけど、現状では普通に走るだけの方が――)

 ARレースゲームで使用する物はさすがに使えないが、乗物の部類も使えるというのをホームページで見ていた。

コースによっては走るがメインとなるので走った方が早いのだろう。パルクールと言うタイトルがあるだけに。

(雨が降ってきて、視界が悪くなったら――それこそ飛行ユニットは不利になる。こう言う形のゲームでは空を飛べるだけでもアドバンテージがある以上、無理な相談だけど)

 さすがに飛行は周辺環境的にも不可能のようだ。ライブ配信用ドローンが周囲を飛んでいる状況を見れば、一目瞭然である。

シオンの方は、それを考慮してのランナーユニットを使用するが、ファフニールの方はブースターユニットを使うようだ。

ブースターに関しては飛行ユニットではないので、チートには当てはまらない。あくまでも加速装置である。



 対するファフニールはチュートリアルを飛ばす事はしないが、シオンの様に細かくチェックした訳ではない。

日本語に詳しくない訳ではないと思うが、あくまでもパネルをタッチする事が分かれば充分なのだろう。

両者ともに選択可能な楽曲は、そう多くない。バイザーに表示されたCDジャケット風のアイコンは、わずか三十と少しだろうか?

 何故かと言うと、いきなりゲームオーバーや演奏失敗でプレイヤーにトラウマを与えないように、選曲の仕様も初プレイでは違う物になっていた。

難易度に関しても全ての楽曲が【EASY】表記となっており、簡単な譜面である事を分かりやすくしている。

【EASY】が一番簡単で、次に【MAIN】、難しいのは【SUPER】、最難関は【SUPEREX】の四段階のはずだが、選択出来る難易度は一個しかない。

(成程。まずは慣れろという事か)

 シオンは選択出来る難易度が一個しかない事を察した。ファフニールの方はそれしか選べないので、選択の余地がないと考える。

しかし、選べる難易度は【EASY】だけなのだが楽曲によっては難易度の幅が異なっていた。

最終敵に二人が選んだ曲は全く同じだったのである。同じであれば、コースは全く同じと言う事になるらしいが――。

「同じコースを走る以上、ある意味でもバトルになるという事か」

 レースを妨害するのは危険なプレイとして禁止されており、意図的な進行妨害はペナルティが避けられない。

それはファフニールの方も把握している。FPSではゲームによっては味方プレイヤーを誤射する事がペナルティで減点される事を知っているからだ。

『真田シオン、お前を――倒す』

 ファフニールがスタートを前にシオンの方を振り向いた。その後、お互いにスタートラインに建つと、ARバイザーのインフォメーションも切り替わる。

《まもなく、バトルを開始します》

 ここからは他のプレイヤーのマッチング介入もない。このフィールドは完全にシオンとファフニールのステージになった瞬間でもあった。

「ここはFPSとは違うフィールドよ。強気でいられるのも、今の内」

『それはお互いに同じだろう』

 お互いに初めてのフィールドなのは間違いないだろう。

それに加え、プレイスキルもほぼ同じ――勝つかどうかはゲーマーとしての経験値が物を言うかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます