第34話 リア神の用事 前




「なぁ、若宮さんってなんで料理がこんなに上手なんだ?」



 食後のデザートを口に含みながら、ふと浮かんだ疑問を口にした。

 今日の夕食は、魚に煮物、そして味噌汁。

 後はおひたしと、大変健康に良さそうなラインナップだった。


 昨日は、メインが肉。

 その前は魚。

 って感じ肉と魚が交互にメインとして出てきている。


 若宮と関わるようになってから、毎日のようにご飯を作ってくれているわけだが、今のところメニューが重なることがない。

 まぁ、いずれは重なることにはなる筈だがここまで被らないのは、凄すぎる。


 まだ、高校生でどこかの料理専門の学校ってわけでもないのにな……。


 あ、ちなみに食材費はちゃんと払ってはいる。

 流石にそこはね……。

 そこまでヒモになりたくないし……。



「そうですね。料理は将来のために練習していますから」


「へぇ。料理人でも目指してるのか?」


「いえ、そういうわけでは。ただ確実に必要となることですので……」


「ふーん」



 少し頰を赤く染めた若宮を横目で見る。

 どうしてモジモジしているのかわからないが……まぁ言いづらいことを聞く必要はないだろう。



「ちなみに、いつから練習してんの?」


「小学生ですね。たしか、5年生あたりだったかと思います。ですが、練習というよりは趣味に近いかもしれません」


「“継続は力なり”だな。若宮さんの料理を食べてから、外食とかマジで興味失せたよ。店とか開いたら大盛況になるんじゃないか?」


「ふふっ、ありがとうございます。そう言っていただけると作った甲斐がありましたね。でも、お店開くのは難しいですよ? 料理が出来るだけで成り立つことでもないですし」



 後半にやたら現実的なことを言う若宮に思わず苦笑する。


 俺はデザートを食べ終わり、お皿を机の上に置く。

 それで対面に座る若宮を真っ直ぐに見た。



「それで、食事前に言ってた用事って?」


「予定を立てようかと」


「それだったらさっき、健一や藤さんがいる時でもよかったんじゃないか?」



 俺の言葉に若宮は少し口を膨らます。



「それじゃ意味ないです」


「は? 意味ない?」


「何でもありません! まぁ、常盤木さんだから仕方ないです……。ひとまずこちらを見てください」



 そう言って若宮は鞄から物を取り出す。

 あーなるほど、だからいつもより鞄が大きめだったのか。



「えーっと……それは俺があげたやつだよな?」


「はい! その猫ちゃんです!」



 ぎゅっと若宮の胸に抱かれる猫のぬいぐるみ。

 若宮は、少し瞳を伏せながら腕の中にある猫を見下ろしいた。

 慈愛に満ちたその様子に思わず息を呑む。


 胸の谷間に飛び込むように包まれた猫……。

 この光景を見た男子は「猫、そこを代われ」って言うに違いない。

 かく言う自分もそんな気持ちだ。


 顔には毛ほどにも出しはしないが……。



「それが何かあったのか? もし不良品だったら取り替えてくるけど」


「違います! それに、不良品だったとしても……交換しません。初めて貰った物ですし……」


「ま、まぁそれならいいが……」



 けど、それ以外だったら何のために持ってきたんだ?

 わからない。


 大事そうにしてるから、文句を言いたいわけではなさそうだけど。



「それでですね。いつ行きますか?」


「……どこに?」


「この猫ちゃんの本拠地です!」


「あー、あのリア充ほいほいに……か」


「えっと……常盤木さんのプレゼントから推察したところ“お出かけのお誘いも兼ねていた”と思っていたのですが、違いましたか?」


「いや、そんな深い意味はな——」



 がーん、と効果音が聞こえきそうな表情で固まる若宮。

 そして肩を落とし、膝を抱えてしまった。



「…………違うのですか。私の早とちりとは……大変恥ずかしいです……」



 どうしようこの展開……。

 誘うor誘わない?

 待ってるor待っていない?


 わからない。

 俺にはわからない展開だ。

 仮に行くにしても……流石に、2人では……。


 こういう時に健一がいたら、どうするんだろう?


 ニヤついた笑みを浮かべた悪友の顔が浮かぶ。

 数時間前まで健一が座っていたところを見る……あれ?


 健一の手帳が落ちていた。

 気まずさに耐え切れず、手帳に手を伸ばす。


 手帳を開くと、中から紙がひらひらと舞い落ちてきた。


 その紙と貼られた付箋に、俺は顔を引きつらせる。

 付箋には一言だけ『このヘタレ』と書かれていた。


 ため息をはき、付箋くしゃくしゃに握り潰す。

 下唇を噛み、もう一度紙を見た。



「あー、若宮さん。いや偶然、ちょー偶然なんだが……」


「……なんですか?」



 猫を優しく撫でるリア神。

 それはそれで様になるが、今は居た堪れない。



「掃除をしていたら、こんな優待券が発掘されてな。期限を見たら今月一杯なわけなんだ。いや〜勿体ないことした! 2枚もあるのに消費しきれねぇーわ!」



 若宮は、俺の手に握られている優待券を見て目を丸くする。



「おっ! しかもこれ偶然にも、さっき話していた場所の優待券じゃん!! こんな偶然あるんだなぁ〜。でもどうしよう困ったなぁ。俺、行く人なんていないから、誰か行ってくれないかなー」



 額に手を当て「困った困った」と大きなリアクションをとる。


 まるで道化。

 けど、今は道化と思われてもいい。


 若宮はくすっと笑い目元を擦る。

 笑いを堪えるのに必死な様子だ。



「よろしければ……私が行きましょうか?」


「お、マジか! 助かるわ〜」


「それと、そのキャラで無理しなくてもいいですよ?」


「はぁ……うるせぇよ」



 大袈裟にオーバーに……やらなきゃ出来ないこともある。

 恥ずかしさを隠すには、無理にテンションを上げるしかない。


 感情の上書きをしないと……恥ずかしさで死ぬ。



「約束ですよ? 忘れたら嫌ですからね?」


「忘れねぇよ。そこまで不義理な性格をしていない」


「不義理?」


「いや、こっちの話だ……」



 俺はお茶を啜り、ふんと鼻を鳴らした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます