2019/10/05 18:02/鷦鷯飛蝗

夢じゃないって思いたかった

夜の墓場、名無し、の僕

苔の巣食った墓石を除けて

這い出してきたんだ


待ってて、くれた、君と、あの子

さよなら、言えなかった、あの日、の僕

皆、会えた、覚え、てて、くれた


軋む関節、毀し鳴らして

再会を祝う唄歌う

溶ける感覚、打ち放して

別れなんてもう欲しくはない


ガンガン鳴る、頭ん中

優しくなでてくれた皆の声

指が無いから、どう弾けばいい?

伝えたい思い/ピアノ/ここで


崩れ去ってく、前に、ちゃんと、言おう

って何度目、また、会いたいんだ

さよならなんていらないよ

次這い出るときはさ

また別の、かたちで

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます