2019/09/20 18:35/鷦鷯飛蝗

噎せた朧とひしゃげた心

見比べてみたところで開け放し

薄く満たされた水で蓋をされて

剥がれ落ちるのはそこだけが臭いから

影になる夜は街灯を逃げ出して

月明かりからも逃げ出して

隠れる場所は至る所にある

床下で泳いでる絡まった欠片

地に足をつかなければまだ空

歩かないなら泳げ飛べ歌え

どれにしたって変わりはないんだ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます