2019/08/04 21:26/鷦鷯飛蝗

膨れ上がった白い空

ささくれだったきみの声

まんじりともせず

揺るがない息の帳盗んで

掲げてみたって

あやふやなままの無為に

罪悪感に囲まれてしまう

その正しさに上滑り

吹き飛ばした繰り返しの鵺は

それ自体こそ価値を成していたのであって

変奏は繰り返し無くして成り立たないのだから

もう、何もない、あの頃の自分は消えてしまった


伝わない汗が湧いてくる

移せない、渡せない、命を抱えて裂き降らし

へし折れそうな腕に

動かない脚

どうできているかもわからない躰で

語らない騒ぎを唱えてくる

多くを備えてて、求めるものが足りてない

そういう殻だ、いまのぼくは


足りないもの以外求めるわけはない

それだけのことだとわかっていても

ほら、消えた、だから目を離せない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます