2019/07/29 23:15/鷦鷯飛蝗

よぉ、知ってるかい、空っぽのそら

浮腫みがひかない夜の窓

水浸しのカーテン

重力は壁面

望まないのは望まれないため

当たり前以外は受け入れたくない


おいおい、当たり前なんてどこにも無いんだぜ

怨み積もった丑三つ墓守

逆落としの情念

醜悪な液面

嵩まないのは求めないため

わからないまま甘んじていたい


ここって本当は存在しないんじゃないか

ほら、視界が歪んできただろう

ディストーション、乖離する色、弾む螺旋

焦点があってきたかい?それだって大概に気のせいだ

ほら扇風機が回っている

両目の縁を削りながら

眼窩を無様に抉り取りながら

脳に直結したモーターは

神経を走るパルスで稼働して

両目から血風迸らせる

単純な仕組みゆえに頑丈なそれは

血で固まるまで動き続けて

そうして僕は死ねないのだろう

ただ穿たれた両目が血と膿で固まって

彷徨いながら歩き続けるのだ

軋むモーターが焼き切れるほどに

脳を壊し続けて

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます