2019/07/11 22:42/鷦鷯飛蝗

マイクロバス、音漏れと舞う蚊

眼球なんてただの玉だ

何にも映しちゃいない

てらてら光って、この鏡像は何

無彩の部屋、俺が見てないだけ

この球が拾わないだけ


ほら空をみなよ、色があるだろう、あんなに青ざめて

膝丈まで育った稲をみなよ、こんなに青々と

僕の外にだけ色があって、でもこの目玉にはそれがないんだ

どうにもうまく拾えないらしい


大方は勘違いで、四つ足に巣食う蝮もあどけない

回り続ける換気扇が喧しい

凝り固まった体を解そうとして

固まりきって解けないと気付く


車輪はそこで転がっている

進みもせずにただ空転している

閉じた世界で理想だけが歪んでいた

仕組みだけの世界をこね回していた

それでよくて、全部だった

だったじゃなくて、これからも

このままでいたい、そうしたい

そのための不毛ながんばりが僕だ

そんなこんなでまだ色はみない

みないんだってやっと気付いた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます