2019/05/12 11:27/鷦鷯飛蝗

公園独り、鉄棒真下

髪の毛擦ってる女の子

土埃だって気にしない


蝶も蜂も、陽を選んで飛んでいく

かれらをとらえることはできない

いつもただ影が地面ばかりみてる僕の視界を裂いていく


弾かれたように目を上げる怯えがやたらと癪に障る

誰も興味など無い、虫も燕も、人もその他も

僕の自意識だけが僕に興味津々だと

わかってたって消えやしない

今、そう、線路が尽きたみたいに

消えてしまってくれないものかな

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます