2019/05/11 20:45/鷦鷯飛蝗

めがねをかけるとせかいがみえる

せかいがみえるとあたまがいたむ


めがねをはずすとせかいがとける

とけたせかいをとらえてもがく


意志も記憶も遺漏の彼方

見えぬままでも悪し様響く

皇祖黎明の柳成塚に流離う

よもや世も末蘆屋に降りず

凪ぐな杜の末間に求む


逃げて我が身は骸になれよと

心ばかりが岩屋を動かぬ


夢を棄てれば負うのはこの手

道を拾えば均すもこの手


両の一組足りずにその手

捥いで繋いでヨロズに届く

掴み漏らさば天まで大事

責めを負わねばこの身を奉じ

遂に得かねた望みも忘れた

望みを得たかも確かに忘れた


せかいをもう

みることもなく

めがねもいらずめもいらず

わするばかりでじぶんもしらず

わかれわかれてひとりとしらず

ただよろこびとともにきえゆくのみとことほげば

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます