2019/05/11 18:22/鷦鷯飛蝗

肩掛け鞄の爪の痕

忘れたかった君の顔


掠れて悖る、染みの碕青

凍り付いたままで、いいよ


うしお沖風靄に華

雲一つないことの欺瞞に微笑む


きっとほんとは一面薄雲

見下ろされるが何より怖い


ざぶんと白波

私は知らぬ


碕と白波 赫曦かくぎ逆人さかびと

絵になる我が身を殺して戻る


今は満足明日は知らぬ

思い出せずに入れれば膿まぬ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます