2019/05/13 17:39/鷦鷯飛蝗

結局僕の幼さが

他人ばかりの世界に戸惑ってるだけ


搾り滓の頭で意味を繋げてみても

窓は南を向いてないから

陽射しはどうにも平行線


翳る洗濯物がまるで何かみたい

ぞっとする

漸近線の向こう側は見えない


竹林は折れ積み重なっている

雑草も刈られた


電柱だけが等間隔に世界を繋いでいる

定められたとおりに世界をしている

漸近線の向こう側はまだ見えない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます