2018年4月27日ー2018年6月15日 配信ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」 『アニメ新世紀宣言』より連なる現象の終焉

『アニメ新世紀宣言』の話題なのに、何故に「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」がここで、ですよね。まあまあと。


或る現象の沸点とは、何かしらの媒体に跨がる事では無いかと思います。


「宇宙戦艦ヤマト」にしてみれば、テレビ発映画着であったり。

「機動戦士ガンダム」はと言えば、テレビ発ガンプラ大爆発映画着であったりします。


その媒体にそれぞれいた方々が、ある作品を芯として大きなうねりを作り上げる訳です。


また、アニメ界隈を更に考察すると。

ビデオ界隈の富裕層を見据えた「メガゾーン23」。

web界隈のファンページがもはや一色だった「新世紀エヴァンゲリオン」。

ニッチな音楽界隈をも巻きこんだ「君の名は。」。

等々ですか。


新たなメディアと融合する事によって、何かしらのブレイクスルーは必ずや生まれると言う事です。ここは初期角川映画が先駆者でもあったりします。



ここに至って漸く配信ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」ですね。

今のところ配信ドラマ発の大ヒットが無いので、まだ開拓されていない分野なのかなと思っていましたら、そこは違います。ケーブルテレビでも放映された「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の完成度があまりにも高過ぎました。私でも泣いた。


配信ドラマは未だ黎明期で、充分過ぎる程の制作費が或る故か、これでもかの練りと画作りが可能な様です。

「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の高レベルの完成度を持ってしても、何故に大ブレイクしないか謎です。配信サイトがHuluだからとか、そういう事では無く、まだ配信ドラマ人口が少ない故なのでしょうかね。


世界配信を出来るのでそんな訳も無いのですが。「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」が余りにも最高過ぎたのでファンブック探したら、単行本一冊だけでした。本当に有り得ない。


ここですよね、既存のメディアが実は新規メディアに追いついていなかった事実。複数言語の電子書籍を展開すれば必ずやいける筈ですけど。既存メディアも知れずに高齢化する切なさと言いましょうか…実はもう二度と『アニメ新世紀宣言』は起きないであろうの危惧ですね。

連なる現象の終焉は、どうしても目利きがいないと、本当に向えてしまう事になりそうです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー