25 片翼・片刃・剛力の魔天使

「な、なんで? だって、美紗子さんは……」

『こんにちは逃亡者の諸君』


 香織が疑問を呟く声に被せるように、スピーカーを通したくぐもった声が響いた。


 その声の主は忘れるはずもない。

 この街でもっとも憎むべき敵の一人である。


「新生浩満……!」

『クズどもの分際で呼び捨てにするんじゃねえ。さんをつけるか、社長と呼べ』


 以前とはイメージが違う。

 強い苛立ちのこもった口汚い言葉遣いである。

 だが、こいつがラバース社長の新生浩満であるのは間違いない。


 作り物の街で狂った実験を行い、何百人もの人間を犠牲にした、ラバース社の最高責任者だ。


『……さて、話を戻そう。どうやらこのL.N.T.から抜け出そうと思っているようだが、お前たちのような危険分子を外に逃がすわけにはいかないのでね。残念だがここで死んでもらうよ』


 社長の声は麻布美紗子の付けている仮面から発せられていた。

 反対側の彼女自身の目は一切の感情が見られない。

 ただ、無機質にバスを見下ろしている。


『先に紹介をしておこうか。こいつの名はAMリペア。麻布美紗子の肉体をベースに、赤坂綺の戦術データとJOYをインプラントした第三世代最強の再生兵士だ。お前たちもかつての友人に殺されるのなら本望だろう?』

「兵士、ですって……?」


 香織は怒りをかみ殺し、歯をくいしばって美紗子の姿をした存在を睨みつけた。

 翼を動かしてもいないのにバスとほぼ同じ速度で飛翔している。

 機械的な仮面と無機質な表情はまるで人形のよう。


 そう、あれはただのゾンビ人形だ。

 あんなものが美紗子さんであってたまるものか。


『さあ行けAMリペア。反逆者の頭上に血の雨を降らせてやれ!』


 社長の宣言と同時にAMリペアは片側三枚となった≪魔天使の翼デビルウイング≫を広げた。

 翼から無数の羽根が分離され、真っ赤な弾丸となって降り注ぐ。


「ちえりさん、こちらへ!」

「えっ」


 和代はアクセルを踏み込んだまま不安定な姿勢で立ち上がった。

 そして後ろでぽかんとしていたちえりの手を引っぱってハンドルを握らせる。


 運転席から解放された和代は≪楼燐回天鞭アールウィップ≫を発動。

 先端に震動球のついた長い鞭を思いっきり振り回す。


「はああああああっ!」


 彼女は迫りくる赤い羽の雨を正確に狙い、その悉くを弾き返していった。

 弾かれた羽根は落下することなく≪魔天使の翼デビルウイング≫へと戻っていく。


『ほう……?』


 新生浩満が感嘆の声を漏らす。

 敵の攻撃が止まった隙に和代はほとんど怒鳴り声でちえりに指示を出した。


「そのまま運転を続けてください!」

「えっ、あっ」

「あれは私にしか防げません! 集中しなければ次はやられてしまいます!」

「で、でも私、運転のやり方とかわからない……」

「ハンドルを固定したままアクセルを踏み込んでいればいいんですわよ!」

「わかりましたっ!」


 すでに十分加速している車体を走り続けさせるだけなら難しいことでもない。

 ちえりが真剣な表情で前方を睨むと、和代はJOYを手に座席の手すりの上に飛び乗った。


『なるほど新三帝のひとりに数えられるだけのことはある。ならば、これはどうかな?』


 面白がるような新生浩満の声に続いて、先ほどに倍する数の赤い羽が降り注いだ。

 和代や香織だけじゃなく子どもたちも巻き込むつもりの無差別攻撃だ。


「うおおおおおおっ!」


 普段だったら絶対に人に聞かせないような咆哮をあげる。

 和代は鬼気迫る表情で飛来する赤い弾丸を次々と薙ぎ払っていった。


『おお、すごい! すごいなあ! 神田和代! 君はこれほど強かったのか!』


 耳障りな新生浩満の声は無視。

 和代は全力で敵の攻撃を防ぐことに集中した。


 一発でも見逃すわけにはいかない。

 そうしたら子どもたちの誰かが頭を撃ち抜かれて死ぬ。


 魔天使の猛攻相手にここまで耐えた人間は他にいない。

 だが、防戦一方では体力が削られ続けるだけだ。


「香織さん……っ!」

「わかってる!」


 隣にいる仲間の名前を呼ぶと、彼女は承知しているという風に頷いた。

 和代は次々と飛来する攻撃を防ぐだけで精いっぱいである。

 天高くに居座る敵に反撃をする余裕はなかった。


 仮に反撃する余裕ができたとしても≪楼燐回天鞭アールウィップ≫に絶対的な防御力を誇る≪魔天使の翼デビルウイング≫を打ち破れるほどの威力はない。


 反撃は香織に任せるしかない。

 なんとしてでも≪天河虹霓ブロウクンレインボー≫を当ててもらう。


 最強の攻撃力を持つ能力と絶対防御の能力。

 それらがぶつかり合って、どちらが勝つはわからない。

 万が一にも魔天使を堕とせる可能性があるのは香織しかいないのだ。


『ふむ……』


 赤い羽の驟雨が止んだ。

 和代は緊張した面持ちで空を見上げる。

 AMリペアがつけた仮面から新生浩満の退屈そうな声が流れた。


『君の曲芸は面白いが、あまり時間をかけるのもよくないな。もうすぐ外周部に到着してしまう』


 倒されることなど微塵も考えていないのだろう。

 社長は余裕の声色で重要な情報を漏らした。


 あと少し、もう少しで、この街から逃れることができる。


『では、トドメを刺すとしようか』


 AMリペアは翼を翻して降下を始めた。

 猛スピードで走るバスに並走しながら徐々に高度を落とし……急加速した。


「なっ」


 バスを追い越して前方へと回り込む。

 壁面に刃を突き立てると、アイスクリームをスプーンで掬うようにアスファルトを削り取った。


 直径三メートルほどもある巨大な塊。

 それを肩に担ぎあげたままAMリペアはさらに加速する。

 その姿が遠くに小さく見えるほどに離れたところで、旋回してこちらに戻ってきた。


「じょ、冗談でしょ?」


 ちえりが信じられない物を見るような目で呟いた。


 翼も半分、剣も一本。

 赤坂綺と比べて戦闘力は半減していると思っていた。

 だがAMリペアには赤坂綺にはなかった麻布美紗子の『剛力』のSHIP能力がある。


 AMリペアは担いだブロックを振りかぶると、いとも軽々と投げ放った。

 バスの進行方向から巨大なアスファルトの塊が飛んでくる。


「ちえりさん、避け――」


 相対速度三〇〇キロ以上の飛来物を避けられるような運転技術はちえりにはない。

 あの質量で迫る物体を弾き落とすことは和代にも不可能だ。


 数秒後に訪れるだろう惨事をありありと思い浮かべながら、それでも和代は一縷の望みをかけて武器を振った。


 その時、視界の片隅を小さな影が横切った。

 今まで座席に身を隠すように震えていた子どもの一人。


「させない」


 運転席の横へと飛び出した少年の背中に透明な翼が現れる。

 眼前に迫っていたブロックが見えない壁に阻まれた。


 アスファルトの塊は粉々に砕け散る。

 そのままバスの左方へと流れていった。


「あれは……」


 エンジェルタイプの絶対防御。

 それも赤坂綺の≪魔天使の翼デビルウイング≫とは明らかに違う。

 翼本体に捉われない防御フィールドを前方に展開する、ミス・スプリングと同じ形式の能力だ。


 少年の立っている場所と防御フィールドが展開された位置はかなり離れている。

 それは同系統のJOYの中でもずば抜けた最強の防御能力を有することを示していた。


 和代はこの能力を知っていた。

 これは神器と呼ばれるJOY。

 その名は≪神鏡翼ダイヤモンドウイング


 使用者はヘルサードと赤坂綺の血を受け継ぐ少年、赤坂翔樹。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー