第11話 パパと大きな翼

1 少女アリス

 その日、『少女』はいつものように学校へ向っていた。

 優しいパパと美人のママに手を振って、いつものように元気よく家を飛び出す。


 友だちが待ついつもの曲がり角。

 そこで見知らぬ男性に声をかけられるまでは、昨日までと何ひとつ変わらない朝だった。


「○○ちゃん、こんにちは」


 その男性が『少女』の名前を呼ぶ。

 後にも先にも男から本名で呼ばれたのはこの時だけだった。

 そしてこれが他人の口から自分の名前を聞いた、最後の時でもある。


「ぼくはさやかちゃんのパパだよ。今日はさやかちゃんが風邪でお休みだから、ぼくが代わりに車で学校まで送っていってあげるよ」


 男の優しい言葉を『少女』は疑いもしなかった。

 傍らに停めてあった車の助手席に乗ると、男は学校と逆の方向へ走りだした。


 そっちは學校じゃないよ、と『少女』は告げるが。


「いや、いいんだよ。家に帰るんだからね」


 振り返った男性はニィ、と嫌らしい笑みを浮かべて『少女』を見た。

 そのあまりの醜悪さに『少女』は短く悲鳴をあげた。


 身の危険を感じ、赤信号で停まった隙にドアを開けて逃げ出そうとした。

 しかし、鍵は開かない。


「ダメだよ。大人しくしておいてね、でないと……」


 ばちん。

 大きな音が車に響いた。

 遅れてやってきた痛みに、自分が殴られたのだと気づく。


 突然の暴力に『少女』は声をあげて泣いた。


「泣くんじゃねえよ! ぶっ殺されてえか!」


 胸倉をつかみ上げられた『少女』は怯えて口を噤む。

 しゃくりあげながらも、何故こんなことをするのかと尋ねた。


「あはは。ごめんね。実はぼく、さやかちゃんのパパじゃないんだよ」


 男はさっきまでと変わらぬ調子で、あっさりと白状した。

 その時になった初めて『少女』は自分が誘拐されたことに気づく。


「待っててね。すぐにお家につくから。パパとこれから暮らす、あたらしいお家にね」




   ※


『少女』を乗せた車が走る。

 窓の外の景色はもう、全く知らない風景だった。


 すすり泣く『少女』に男は何も語らない。

 ただ緊張した面持ちで運転を続けている。


「やっちまった……もう後戻りはできねえ。やるしかない、やるしか……」


 時折、そんなつぶやきが『少女』の耳に届いた。

 幼い『少女』はランドセルを抱きしめ、誰かが助けてくれることを祈った。


 やがて、車はとある住宅街の一角で停止する。


「ほら、着いたよ。ここがパパと『アリス』が一緒に暮らす家だ」


『少女』はすでに泣きやんでいたが、その言葉が自分に向けられたものだとわからなかった。


「降りるよ、アリス」


 男が『少女』の手を引く。

 逃がさないため、運転席側のドアから一緒に降りさせようする。


「どうしたんだアリス。なにも怖いことはないんだよ。パパが一緒なんだから」


 男の声にはわずかな苛立ちの色が含まれていた。


 わたしはアリスじゃない。


 この時、少女の胸にはわずかな希望が浮かんだ。

 この男の人は自分を誰か別の子と間違えているのかもしれない。

 だから自分がアリスという名前じゃないとわかれば、すぐに家に帰してくれる。


 それは少女の勘違いでしかなかった。

 頬に二度目の痛みがやってくる。

 強烈な痛みに『少女』は再び泣き叫んだ。


「ごめんね。でも、アリスが悪いんだよ」


 男がダッシュボードを開ける。

 液体の入ったビンと布を取り出した。

 布に液体を染み込ませ、それを『少女』の顔に当てた。


「ほんとうはこんな乱暴なことはしたくなかったんだけどね」


 急速に眠気が襲ってくる。

 呆然としていく意識の中で『少女』は男の声を聞いた。


「目が覚めたら、パパと本当の家族になろうね、アリス」




   ※


 いつもより重い瞼を開く。

 そこには見慣れない天井があった。

 普段使っているベッドよりも大きいサイズのベッドに『少女』は寝かされていた。


 窓一つない部屋。

 蛍光灯の明かりだけが頼りなく輝いている。


「ようやくお目覚めかい? アリス」


 傍らには椅子に座った誘拐犯の男がいた。

 その男の姿を見た瞬間『少女』は「ひっ」と短く悲鳴をあげた。


 男は服を着ていなかった。

 腹は肉がぶよぶよで体中を覆う体毛は濃い。

 その姿は『少女』に本能的な嫌悪感と恐怖を与えるに十分だった。


「アリスがなかなか起きないから、パパも我慢の限界だよ。やっぱり眠らせたのは失敗だったね」


 男は両手を広げて『少女』に近づいてくる。

 とっさに逃げようとした『少女』は、とある事実に気づいて絶望する。

 自分の腕は手錠でベッドの縁に繋がれていた。


 何が起こっているのかはわからないが、ひどいことをされるに違いない。

 そう感じた『少女』は必死になって男にやめるよう懇願する。


「怖がることはないんだよ。ぼくはアリスのパパなんだから」


 わたしの名前はアリスじゃない。

 あなたはわたしのパパじゃない。


 いくら言っても男は聞き入れてくれなかった。


「アリスは今日からアリスなんだよ。そして、ぼくは今日からアリスのパパだ。これからずぅーっと、二人で一緒に暮らすんだからね」


 ちがう。

 本当のパパはこんなことしない。

 私を怖がらせるようなことは絶対にしない。


 声の限りに叫んだが、それに対する男の答えはさらなる暴力であった。


「ガタガタうっせえんだよっ!」


 男は『少女』を拳で殴りつけた。

 これまで味わったことのない本気の痛みに『少女』は頭が真っ白になる。


 痛みと絶望的なまでの恐怖。

 もう『少女』は半狂乱になった。


「泣くんじゃねえよ、うっとおしいガキがっ!」


 泣きわめく『少女』を男はさらに二度、三度と殴りつける。


「殴られたくないなら泣くんじゃねえ。いい加減にしねえと、本気でぶち殺すぞ」


 泣き叫んでもやめてはくれない。

 声を抑えることだけで暴力を止めてくれる。

 それに気づいた『少女』は必死になって涙をこらえた。


 殴られた頬がズキズキする。

 これ以上殴られるのはもう嫌だ。

 歯を食いしばり、懸命に痛みと戦う。


「泣きやんだね。いい子だ」


 別人のようににこやかな顔で、男は『少女』に微笑みかける。


「本当はパパもアリスをぶったりしたくなかったんだ。大丈夫、おとなしくしてれば、何も怖いことはないからね」


 男のごわごわとした手が『少女』の体に触れた。


「それじゃあ始めようか。パパがアリスの本当のパパになるために、必要な儀式を」


 男は『少女』に覆いかぶさった。

 自分の倍以上もは大きい体に物理的に逃げ道を塞がれる。

 さらなる恐怖が『少女』を襲う。


「アリスにとっても良いことを教えてあげるからね。これからアリスとパパは本当の家族になるんだ」


 気持ち悪い感触が肌の上をはいずり回る。

 男はビンを手に取り中身をアリスの体に垂らす。

 冷たくてぬるぬるした液体がたまらなく不快だった。


 直後、耐えがたいほどの激痛が走った。

 アリスは我慢することも忘れて泣き叫んだ。


「我慢してっ! パパも辛いけど、パパとアリスが家族になるために必要なんだよっ!」


 腕を振り回そうにも拘束されていて動けない。

 声を上げる以外に『少女』は痛みを訴える術を持たなかった。


「黙れよっ!」


 唯一の抵抗も男の手によって塞がれてしまう。

 痛みは鋭さを増し、引き裂かれるような衝撃が『少女』を襲う。

『少女』は自分の体が壊されてしまったのだと思った。


「はははっ、やった、やったぞ! やってやった! やったーっ!」


 男の歓喜は『少女』には理解できないものだった。

 裂かれるような痛みが『少女』を襲い続ける。

 覆いかぶさる男が揺れる。


「はっ、はっ。あははっ! ああ、誘拐してよかったぁ!」


 あまりの痛みに『少女』は塞がれた口の端から泡を吹いていた。

 焦点の定まらない白目を剥いて虚空を見つめる。

 抵抗する気力すらなくなっていく。


「おほっ、うおおおおっ!」


 薄れゆく意識の中で『少女』は自分の中で何かがはじける感覚を味わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー