他国とサピエ王国の関係性

 サピエ王国が停滞している間に他国では新たな能力や技術が花開いている。

 なぜ百年という停滞というハンデを背負っているにも関わらずサピエ王国が攻められないのか。

 これは単純に地形的な問題である。

 サピエ王国は周囲を山脈で囲われる形で存在する国である。

 また、この山脈にはドラゴンが住んでいる為に、他国は山脈を越えようとすらしていない為である。

 プレイヤー個人での踏破も考えられたことはあるが、強大な力を持つプレイヤーとは言え、山脈越えとドラゴンという脅威を前にした場合、プレイヤーの喪失という懸念が拭い去れない為に、山脈の越えは行われることは無かった。

 いわば地上の孤島と言った状態となってしまっているのだ。

 他国と交渉する場合、ドラゴンの脅威と山脈越えのリスクをどうにかしてクリア、もしくは緩和しなければならないだろう。


 というか、このサピエ王国は他国から現在認識されていない状態である。

 また逆も同様で、サピエ王国は山脈の外の世界がどうなっているのか何もわかっていない状態である。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます