創造主の代理人

作者 七々銀

7

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公……俺(創造主)。
名前はまだない(たぶん)。
だけどラノベ作家だ。書籍化もしている。
だが……この書籍化っ!

俺の書いた小説のヒロインが代理でやってくれたんだ……!

という物語です(なんのこっちゃ)。
小説家ならよく考えますよね。
「私のつくったキャラクターのあなた、あなたは今、なにを見ているの。なにを考え誰を愛し、誰のために傷つくの……?」
すみません、GOGO7188のパクリでした。
でも、そんなふうに思いますよね。キャラクターの思いを創造すると、ちょっと迷う時もあるんじゃないでしょうか。

そんなあなたの悩みはまるっと解決! そして理想型が、ここに!

ヒロイン――風見梨々花は主人公の書いた『キャラクター』です。
なのに現実に出てきて……あれあれ? 美少女キャラクターと一緒に生活? 考えていたことを教えてくれる? っていうか、むしろ書いてくれてる?
うわぁ、ヒロインと同居なんて、作家の夢ですよぅ。
でも、我が子同然なので、微妙な思いもちらりほらり。

あなたが描いた物語。
あなたが描いた妄想。
それが形になったらきっとこうなる!

とても楽しく。
……とてもむなしい時もある。

そんなIFストーリーを楽しんでみましょう!

あと、細かいところですが、戦闘描写がすごく好きでした(笑)
そして、「俺」に名前がない(たぶん?)ことが伏線になっているとも睨んでいます。

ああー、早く続きが読みたいよう読みたいよう!

そう思わせてくれる作品です。