LINEノベルとカクヨムの収益化システムから見る、「売り方」の未来

作者 蒼風

184

67人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 出版業界とWEB小説の世界の未来について書かれた評論。

 データを用いず、書き手が考えた未来像を述べているのだが、これが「案外そうなるのかも」と思わされるのは、我々WEB小説の世界に参加している者なら大なり小なり感じ取っているものがあるからかもしれない。

 とにかく既存の出版というシステムが限界にきているのはこれまでに報道された情報で何となく知っている人も多いだろう。
 音楽業界に於いてかつて隆盛を極めたCDという形が今や見る影もなく衰退していると指摘し、それが紙の書籍にも通じると論じるあたりは私個人の見解と一致しており、快哉を叫びたいほどだった。

 全く新しい、これまでにないシステムを創造する必要があるのだ。
 創作に携わる者の端くれとして、自作品だけでなく、それを発表する方法自体を創造する時代に生きているという魅力的な現実は、創作家冥利に尽きると言えるのではないだろうか。

 我々の試行錯誤が未来を形作っていくのだろう。

★★★ Excellent!!!

「カク」側はもちろん、「ヨム」側にも変革をもたらす、カクヨムの収益化プロジェクト。
「なるほど、よくわからん」と考えるのを辞めずに、一度、このエッセイをご覧になってください。
下記について、詳しく書かれています。
・そもそも出版とはなにか
・今までの課金モデルは
・Lineノベルの仕様について
・これからのカクヨム・ウェブ小説について
・書籍化の意味

カクヨム史上最大のブレイクスルーであるその瞬間を、万全な状態で迎えましょう。

★★★ Excellent!!!

面白い本を読みたい消費者、売上だけでも維持したい出版社、売れる本が欲しい本屋さん、小ロットでも安くなった印刷コスト、そして黒山のごとき小説家の大群…
どうしてこれで書く人も読む人も幸せになれる、花盛りの時代が来ないのでしょう。不思議だなあ。
心に残る、大変興味深く勉強にもなる、でも私のような底辺作者には関係の無い評論でした…