成長記録 八日目

第37話 悲鳴上げ、この瞬間に、悲鳴上げ

 私達は七月末までバイトしていた。


 大変と言えば大変だったけど、以前と比べてお客さんの数は多くなかった。そんなに来ても困るけど。

 ともあれ最後のバイトが終わった時、メロ君から給料をもらう事が出来た。


「はい、お二人ともお疲れ様でした。中開けてもいいですよ」


 封筒を開けて確認。入っていたのは二万円弱。

 まぁまぁな値段。それにそんな長く働いてなかったから妥当だ。


 半分は家賃とかに使って、残り半分は趣味とかかな。やっぱり働いた後にお金が出るというのは嬉しい。




 そしてバイト終わってから数日後、八月に入りました。


「エリ、すっごく気持ちいい」


「本当? よかったぁ。まだ時間あるからそれまで楽しんでね」


「うん」


 今、アルスがプールを楽しんでいた。

 それも幼児専用のイージーセットプール。直径2メートル弱、高さ70センチの奴。これは実家にあった物を配達させた物だ。


 本当は市民プールとかに行きたかったんだけど、人のいる場所にアルスを連れて行く事は出来ない。

 そこで幼児プールでアルスを楽しませようとした訳だ。


「エリ、見てみてー」


「おお、泳ぎ上手い! 何か映画の怪獣みたい!」


「かいじゅう?」


 プールの中で、アルスが華麗に泳いでいた。

 尻尾をくねらせたりしている所がマジで怪獣だ。


「プールに行けないのは残念ですが、アルス様が喜んで下さって何よりです」


「そうだね。もうちょっと広かったら私達も入れたんだけど」


 そのプールはあまりにも小さい。

 なのでアルスだけ泳がせて、私とユウナさんは見守る事に。


「いえ、アルス様が楽しんで下さればそれで。それにこの服では入る事は出来ません」


「まぁ、水着はないからねぇ」


「全くですよ。プールだというのに、うら若きあなた方が水着着ないなんてもったいない。これは由々しき事態です」


「とか言っちゃってるけど、それなりに気に入ってるよねメロ君?」


 そうそう、プールに入っているのはアルスだけじゃない。メロ君もだ。

 というかプールはビランテの中に設置している。最初アパートの敷地でやろうと思ったけど、それは他の人にバレると断念。


 それで設置してくれたメロ君に、お礼としてプールに入ってもらっている。

 彼はサングラスとトランクス一枚でくつろいでいた。……サングラスは別にいらない気がするけど。


「最近暑いから、プールありがたいんですよねぇ。でもやっぱりお二方の水着が――」


「はいはい。ところでどうアルス? 気に入った?」


「うん、中々。ゴクゴク……」


「あっ、飲んじゃ駄目だよ。メロ君と一緒に入っているんだから」


「その言い方、まるでワタクシがいるから駄目って感じですね……」


 いきなりアルスが水を飲んでしまった。メロ君の汗とか入っているけど大丈夫かな……。

 ただ水を含んだ顔をメロ君に向けて、


 ――プシャアア!!


「のわっ!? やっぱりそうなる……ブボボ!?」


 思いっきり噴射。

 アルスにとっては遊んでいるだろうけど、メロ君にとっては災難だな。


「アババ……そうだ! アルス!」


「?」


 急にメロ君がアルスの顔を掴む。

 そのままユウナさんに向けると、水が服に掛かってしまった。


「キャッ!」とビックリするユウナさん。一方で服が濡れて、大きい胸と純白なブラが……。


「ウホッ、透けた胸元……素晴らしいですな」


「うん……ってそうじゃなくて!! ユウナさん大丈夫!?」


 一瞬同意してしまった私が馬鹿だった!!

 ユウナさんの方は胸元を隠しながら真っ赤にしていた。


「だ、大丈夫ですよ……乾けば何とか……」


「その恥じらいも中々……」


「メロ君は黙って!?」


 これ以上言わせたら私まで同意しちゃうわ!




 ------------- 




 なんやかんやとあったけど、気が付くと三時頃になった。そろそろアパートに帰る時間だ。

 

 プールを片付けた後、メロ君にお礼を言ってから帰宅。ビランテを出れば暑い日差しがお出迎え。

 それでアルスは私達と一緒に……というか、建物の屋根から屋根に飛び移っていた。植木鉢がなくなってからこうして移動するようになったらしい。


 何かたくましくなったとは思う。

 でも一方で寂しくなったとは思う。


 前までは私に運ばれていたのに、いつの間にか一人でああするようになった。何だが複雑な気分になってしまう。

 でも紛れもなく成長の証なんだから、嬉しいと言えば嬉しいけど……。


「……瑛莉……瑛莉!」


「えっ? 何?」


「いえ、何かボォーとしていたのですから……」


「あっ、ごめん……」


 考え事のし過ぎだったみたいだ。

 見上げると、屋根にいたアルスが心配そうな顔をしていた。私は大丈夫と手を挙げると、またその子が屋根を飛び移る。


「あの、どうかしました? 日差しの影響とか……」


「ううん、それは関係ないと思う。ただ、最近アルスがリュックに入んなくて寂しいなぁって」


「はぁ、なるほどですね」


 アルスを見上げながら歩道を歩く。

 ユウナさんも同じように見ていたけど、ふと何でか、思い出したみたいに微笑む。


「それだけ、あの方が成長しているという事になりますわ。きっと瑛莉は子離れした親御さんの気持ちになっているはずです」


「子離れ……どちらかと言えば、仕事で忙しくなった彼氏に寂しがっている女の人って感じかも……」


 彼氏と一時的に離れた女性って、多分こんな気持ちなんだろうなぁと思う。

 ほんと、私っておかしい奴……いや違う。こういう正直な所があっていいはずなんだ。誰にも分からなくてもいい。


 この気持ちは私一人だけ堪能すればいいんだ。誰にも渡さない。


「寂しがってる?」


「なーんでもない。ただの独り言」


「……フフッ」


 何故かユウナさんがクスリ笑いする。

 何かおかしなこと言ったかな。


「ユウナさん?」


「いえ、大丈夫です。ところで今日は私が夕ご飯を作りますけど、よろしいですか?」


「えっ、いいの? じゃあお願いしようかな」


 ユウナさんがご飯を作るのは、これで初めてではない。何回か料理を作っては私達を驚かせた物だ。

 ただの料理ではなく、異世界の料理をこっちの食材で再現した物という。前の鶏肉とライスの合わせなんか特に……また食べたくなったなぁ。


 ともかくとしてアパートが見えてきた。アルスはベランダに到着し、あらかじめ開けた窓から部屋に入った。

 私達もその後に続く。


「ふぅ、暑かった。それにしても今のベランダ、森様のお姉様に見られたら大変ですね」


「まぁ隣同士だし。でも今日は仕事だって誠君言ってたから大丈夫だよ」


 森さんは大家さんでもあるんだけど、同時に会社のOLをやっている。今でも仕事をしているはずだ。

 ちなみに誠君は今、友達の家に泊まりに行っている。


「それもそうですね。ではすぐに作りますので、瑛莉は部屋でお待ち下さい」


「あれ、よかったら手伝うけど」


「いえ、今まではそうしてきたので、今度は私一人やります。それに瑛莉にはお世話になっていますので」


「そう? じゃあお願いします……」

 

 そこまで言われたら。

 ユウナさんは割りと家事頑張ってるから、お世話しているのかはよく分からないけど。


 料理やれないならプール乾かすか。


 ひとまずベランダのある部屋に行った所、アルスが仰向けに寝転がっていた。

 どうやら昼寝しているみたいだけど……。


「部屋あっつ……アルス、クーラー付けてないけど大丈夫?」


「……うん、何とか……グウウ……」


 かなり暑いのによく耐えているなぁ。植物だからかな。


 まずクーラーを付けよう。それから風邪を引かないように掛け布団を掛けなきゃ。なるべく邪魔しないよう、そっと身体の上を羽織らせる。

 そのまま仕事に戻ろうと思ったけど、何か急に頬をつつきたくなった。寝ている子にはこうしてやる。


 ――ツンツン。


 反応はなし。

 ほんと、寝ている時は無防備だ。そんなんじゃ襲われても……知らないんだから。


「……ング」


 唾を呑んでしまった。緊張したらそうなるって本当だったんだなと。

 じわりと感じる自分の汗。何だがイケない事をしているような……でも何だが悪い気がしない。


 夢中になってアルスに覆い被さるようにして、夢中になってアルスを両手を握って……ユウナさんがいるんだけど、もうどうでもいい。


 欲しい……。


 それしか頭になくて、私はアルスへと顔を近付けて…………







『………………』


「………………」


『……ああ……どうぞ続けて下さい……』


 ベランダを見ると森さんが覗いていた。

 悲鳴上げ、この瞬間に、悲鳴上げ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る