第34話 なぁ……つねらせてくれや……

「ふぅ……何とかしのいだぁ……」


 私は植物に水やりながら呟いた。

 大学生の人が「せっかくだから、この神の花をもらおうかな」と訳の分からない事を言ったので、オリルを売却。その人は嬉しそうに店を出ていった。


 正直クレーム入れられると不安だったけど、何とか上手くいったみたいだ。


「確かにね。にしても、メロがここまで字が下手なんて」

 

「異世界出身だからしょうがないよ。まぁ、お客さんはもう来ないと思うから──」


 ──ガチャ。


「すいませーん」


「アッ、イラッシャイマセー」


 駄目でした。そんな都合の良い事はなかったみたいです。やっぱり神様は理不尽ファック。

 それよりも入ってきたのは男子二人か。何かどこかで見たような……。


「あれ、沢口と森じゃねぇか。何やってんだこんな所で」


「うおマジかいな。学校でもそうやったんけど仲ええなぁ」


 思い出した。二人とも私達のクラスメイトだ。

 よく学校で喋ったりゲームしてたりしていたっけ。


(誠君、名前なんて言うんだっけ?)


(ああ、ボサボサ髪をしているのがまき、短髪の関西弁が矢口やぐちだよ。僕もあんまり話した方じゃないけど)


「あ? 何か言った?」


「ううん、何でもない。というかやっぱ植物買いに来たの?」


「ん、まぁな……」


 牧君が気まずそうに顔を逸らす。

 何か失礼な事言ったかな? かと思えば、隣の矢口君が笑いこらえている。


「牧の奴、今日がお袋の誕生日だからって花買おうとしているんよ。プレゼントに花とか受けんわー」


「ちょっ! それ他の人に言うなって言ったろ!? お、俺が何買おうが勝手じゃねぇか!?」


 秘密を明かされた牧君が、それはもう顔真っ赤にする。

 でも私は変だとは思わなかった。

 家族に花をプレゼントするなんて十分に素晴らしいし、率先してやるべきだ。


「牧君、もしよかったら花見てもいいよ?」


「はあ……? 何だいきなり……?」


「いや、お母さんにプレゼントするなんて素敵な事だと思うよ。私はそんな牧君の考えを大事にしたいなって」


「お、おう……」


「だから回れ右して別の花屋に行って下さい、今すぐに」


「えっ? まさかの客追い出し……?」


 いやだって異世界の花だよ? 花粉を吸った人を狂わせたり、神の花だなんておかしい奴もある。

 効能も分からず購入したら、お母さんが色んな意味で大変な事になってしまう。


「そもそもスーパー近くの花屋は休みだぞ。だからここに来たんだからさぁ」


 ああ……駄目でした。

 それならこっちの花を提供するしかない。


「じゃ、じゃあオススメの紹介するからちょっと待ってて……」


 よく分からない効能の花なんて渡す訳にはいかない。だから普通の花を提供すればいい。

 本をめくりながらそれらしき花を探してみる。でも字が下手だから、どれがどれなのかさっぱり分からない。


「何やってんだよ」


「あっ」


 牧君にその本を取られてしまった。

 矢口君も見た途端、二人して唖然とした顔をする。


「えっ、何やこれ……魔法の詠唱呪文?」


「日本語っぽいのがあるけど、日本語として読めない致命的な文章だろ……」


 マジで牧君の言葉通りだから困る。

 本当はメロ君が帰ってくるまで待ってほしいけど、その彼がいつ戻って来るのかが分からない。


 それにお客さんを長時間待たせるのは失礼らしいから、今この場で解決しなければ。


「出来れば効能のない花がいいんだよね……変に買ってお母さんを困らせちゃいけないし」


「何で効能のない花……。要は文章が少ないの探せばいいんだな」


「牧、頭ええなぁ。おっ、これなんかどうなん? 綺麗だと思うんやけど」


「ああ、これといった説明なさそうだから大丈夫かもな」


 何か見つけたようだ。私と誠君も覗いてみた所、どうも赤い花のイラストらしい。

 形は強いて言えば薔薇に似ている。それで説明文なんだけど、確かに他のと比べて文字が少ない。


 しかし文字が少ない=効能がないとは限らない。その少ない文章にそれが隠れている可能性だってある。


 となるとやはり自分が確かめる。有効な方法はこれしかない。


「誠君、その花ってどこに」


「ああ、あれだと思うよ。窓際の所」


 例の花は窓際の棚にあった。

 さて、ここから問題だ。


「……私が花粉を嗅んで確かめるよ」


「なっ……まさかそんな! 無謀だよ沢口さん!」


「いや、これは店員の仕事! もし変な効能があって、それで牧君のお母さんに何かあったら……。だから私、それを確かめて安全な花だって証明しなきゃ!」


「いや、それは僕が!」


「あのお前ら、何でたかが花でマジになってんの?」


 牧君達から白い目で見ているけど、それは花の恐ろしさを知らないからだ。

 前の玄野さんの様子を見たら、そんな事を言えないはず。


「とにかく私がやる。誠君達は下がってて」


「沢口さん……」

 

 私は目的の赤い花に向かい、様子を窺う。

 ここから嗅いでみると、ミントのような爽やかな香りがしてきた。とはいえ安心は出来ないので、恐る恐る花弁に顔を近付けさせる。


 さらに増すスンとした香り。私はそっと花を嗅いでみる。


「……うん、何も感じない。大丈夫だよ」


「そ、そう……? 本当に大丈夫?」


「うん、これは多分へい……き……」


 あれ、何だろう? 頭がクラクラしてくる。

 今さっき花を嗅いだから? 参ったな、やっぱりこれ効能が……こう……のう……。


「………………」


「あれ、どうしたんよ。何かボォーっとしてるんやけど?」


「…………矢口君、ちょうどよかったよ。    







 乳首つねらせて」


「…………………………はっ?」


 我 慢 出 来 な い 。


 矢口君の服を一瞬にして脱がせて、その黒い乳首に指を向けさせる。


「あん、いやん!? 何すんねん!?」


「いい声で鳴いてね♡♡」


「そんな急に言われ……オオオ!? オオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」


 痛むだろうってくらいに、乳首を強くつねる!

 多分矢口君には激痛が走っているに違いない。だけどそれとは別に快感が増し、嬌声を上げさせる事が出来た!


「オオオ!! こんな地味な奴にされるなん……アアアアアオオオオ!!?」


「誰が地味だって、えええ!? こんなにされてまだそんな事言えるの!?」


「そんな……ア、ア、ア、ア……アベシッ!!」


 ピンと乳首を弾き、絶頂を与える。

 崩れ落ちる矢口君を見届けた後、私は残り二人に振り向いた。二人してビビっているみたいで……可愛いなぁ。


「さ、沢口さん……」


「お、おい……一体どうしたんだお前……」


「ええ? 別に何ともないよぉ? ただ男の子の乳首をつねったくなってさぁ、だから二人とも大人しくしてくれると嬉しいなぁなんて」


 やだぁ、誠君達が引きつっている。まるで無垢な子供みたい。

 でも安心してほしい。私が乳首をつねり続ければ気持ちよくなるはずだ。だからこそ二人にはいさぎよく乳首を差し出してほしい。


 ああもう何か乳首乳首って言い過ぎだけど、どうでもいいわ。


「フフフフフフ……」


「ちょっ、おま……沢口……」


「乳首よこせええええええ!!」


「「あっ!? オ、オ、オ、オオオオオオオオオン!!!」」


 このビランテに二人の悲鳴が響く。

 ああ、最高に幸せ!!


 


 -------------




 あの後、私は何をしたのかはっきり覚えていない。


 分かる事と言えば、三人がぐったりアヘ顔になっている事と、何故か上半身裸になっている事。私は恐らく花に何かされたんだ。

 多分だけど媚薬のような効果があったのかもしれない。いずれにしても気付くの遅過ぎた。


「すいません……すいません……すいません……本当にすいません……」


「本当だよ……全く……」


「まだ乳首ヒリヒリするわぁ……」


 服を着ようとする牧君達なんだけど、かなり痛かったのか乳首を抑えている。

 こんな風になるまでやったなんて、私なんて事を……。記憶ほとんどないとはいえ最低だよ……。


「何と言うか花はもういいや……別の奴でプレゼントするか」


「その方が一番やな。ほな俺達、ここらでお暇しますわ……」


「う、うん……」


 ぎこちなく店を出る牧君達。

 はぁ……ため息しか出ないよこりゃあ。これから花を扱う時は気を付けないとなぁ。


「そんな落ち込まないで沢口さん! むしろ僕は嬉しかったよ!」


「何でそんなに元気になっているんですかねぇ……」


 二人があんな風になったのに、誠君は何故か元気だ。

 というかあれだね、そういう性癖があったからむしろよかったとかそんな感じ?


「学校で変な噂が流れてないといいけど……というかちょっと頭痛いなぁ……」


「花の副作用かもね。もしあれだったら奥で休憩してくる? 僕が店番するからさ」


「……そうしとこうかな。じゃあすぐに戻ってくるから」


「うん、分かった」


 誠君に任せてから、奥の部屋に向かった。

 中に入ると数枚の紙が置かれた机、散乱したガラクタなどが置かれている。他の店で言う事務室のような場所だろうか。

 私はせっかくなので机に座る事にした。


「ふぅー……」


 とりあえず落ち着くまでここにいようっと。

 おもむろに机の書類を見てみると、見た事がない文章がズラリと。明らかに異世界の文字だろうからスルーしてみる。

 

 他には一冊の本があるくらいか。ちょっと興味が出たので、その中身を見る事にした。

 どうせこれも異世界の文字だらけだろうけど。


「……あれ」


 ページに絵が描いてある? どう見ても印刷されていない手書きだ。

 何だろう、メロ君が相手に種を渡している構図にも見える。相手は髪型を見る限り、恐らく私。


 つまりこれは、アルスの種を渡された時の様子……。


「これってもしかして、メロ君の日記?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る