第16話 瑛莉の激しいお風呂教育

「いやぁ、美味いですねぇ。ちょっと辛いですけど」


 カレーが出来上がったので、まず最初にメロ君に食べさせた。

 最初辛そうにしていたけど、なんやかんやと美味しいと言ってくれている。喜んでくれてよかった。


「あとこれも出来たよ。フイエスで作ったパンケーキだけど」


 カレーの他にも、二人分のパンケーキも作ってみた。


 砂糖の代わりにフイエスを使ってみた所、ケーキの表面に花びらが舞っているような感じになった。

 これはこれで悪くはない。


「おや、早速使いましたか。どれ…………うん、イケますねこれ!」


「本当? よかったぁ。あとアルスにも食べさせて大丈夫?」


「もちろんですよ。糖分の与え過ぎには気を付けて下さいね」


「うん。はい、アルスも」


 気に入ってくれるか分からないけど、とりあえずフォークで刺したケーキを向けた。

 するとアルスがそのケーキを口に入れる。


「モグモグ……美味しい。もう一個ちょうだい」


「よかったぁ。でもこれで最後ね」


「うん」


 もう一個あげた所、頬を膨らませながらモグモグしていた。可愛いなぁ。


 ともかく私もカレーを一口。……うん、我ながら美味い。

 隠し味としてさっきのリンゴ使ったのが正解だった。やっぱリンゴは最強だね。


 いつしか私達はカレーとパンケーキを完食。結構メロ君がおかわりしたので、今回に限っては鍋が空になった。

 そしてこの後、私達はある行動に移る。







 ――入浴だ。


「お、お待たせ……」


 脱衣所にアルス達を待たせた後、私はそこに戻った。

 何をしていたのかというと、押し入れから出したスク水を着ていたのだ。中学を最後に使っていないから探すのに手間取ったという。


「……新手の拘束具でしょうか?」


「……卑猥」


「スク水!! スク水って言うの!! そんな『何か変な服を着ているよこの人』的な目で見ないで!!」


 一緒に入って風呂の事教えようと思ったらこの仕打ち。異世界にスク水なんてある訳ないから無理もないけど。

 というかアルス、どこでその言葉知ったし。


「とりあえずメロ君は服脱いで。それも洗濯するから」


「ありがとうございます。ではお言葉に甘えて」


 とか言って、何の躊躇もなしに脱ぎ始めてたよこの子。


 まだ子供だから羞恥心はないのかな。あと一応目は逸らしているけど、視界の隅にメロ君の全裸姿が……。


「どうしました沢口さん?」


「えっ? あっうん……何でもない。そろそろ入ろっか」


 とにかく平常心平常心。小さい頃、お父さんと入ったんだから大丈夫なはず。

 お風呂に入った後、メロ君の身体をシャワーで流した。男の子だけあって背中がやけにごつい。それと鏡のせいで前の物(隠語)が見えているような……。


「エリ……僕にも流して……」


「えっ? それは駄目だよ。同じようにやったら土が流れちゃうよ?」


「ムウ……」


 不満そうなアルスだけど、こればっかりはしょうがない。

 自分もシャワーで流し、一緒に浴槽に入る。二人分のせいでお湯がいつも以上に溢れてしまった。


 ……それよりも男の子と入るのは未だ慣れない。


 メロ君が変に恥ずかしがらないから余計に狂う。しかも呑気にお風呂を堪能しているし。


「ハァ……これがお風呂ですか。こういうのも悪くないですね」


「まるでおじさんだね。まぁ、たまにはこうやって風呂に入るのもいいんだよ? 近くに銭湯があるからそこに寄ったりとか出来るし」


「なるほどですね。しかしこうやって入れるんて、アルスも隅に置けないですねぇ」


「…………」


 メロ君が話しかけるんだけど、それでもそっぽを向くアルス。

 どうしたんだろうこの子。さっきから様子がおかしいような気がする。


「あっ、そろそろ身体洗おうか。メロ君一旦出て」


「ああ、はいはい」


 さて、いよいよここからだ。


 『男の身体を洗う』という過酷な試練。生まれて初めて、さらに一回もやった事がないそれを、今ここでやらなければいけないのだ。

 まずは髪洗い。これに関しては特に問題なくやり終えた。後は……そう、身体だ。


 今から男の子の身体をか……何だが緊張しちゃう。


「あの、よろしければ自分でやりましょうか?」


「ああ……いや、せっかく一緒に入ったんだし最後までやるよ」


 躊躇っていたらメロ君が風邪引いてしまう。ここはもうやってしまおうか。

 大丈夫、彼を弟だと思えばいいんだ。そういえば弟か妹が欲しかったって昔思ったけかぁ、なんて。


 ともかくまずは背中から洗う事に。痛くなければいいけど。


 ――ゴシゴシ……。


「……ぅん……」


「あっ、ごめん痛かった?」


「いえいえ……ちょっとびっくりしただけで」


 それなら大丈夫か。

 背中をひと通りやってから、腕や脇腹など色んな所を洗う。


「おぅん……おおおおん……はああ……」


「…………」


「あふん……あふん……あおん……」


 いやいやちょっと待って。何で身体洗ってるだけなのにそんな声出せれるの?

 まるでいかがわしいDVDとかそういうお店のような感じだわ……おかげで顔真っ赤だよ。


「一応前もやっとくね……」


 ともあれ腕とかが終わったので、次は前だ。

 ぎこちなく拭いていくけど、やっぱり男の子だけあって筋肉質で固い。


「おお……おおふ……おおおん! 沢口さん激し過ぎます……!」


「……いや、普通にやってるだけだけど……」


 メロ君……もうちょっと声を。外に響いたらアカン……。

 ここから先はこの子に任せるべきかな……。


「……もういい、僕がやる」


「えっ? あっ……」


 アルスがタオルを奪った後、メロ君の身体を洗ってくれた。

 私も前にしてくれたっけ。


「あふん……アルス、ちょっと痛いんですが……」


「気のせい」


「いや、気のせいとかそういう……あいだだ! もうちょっとゆっくりと……ああおうん!?」


「よし終わった、水で流すよ。……ゴクゴク」


「えっ、口で? さすがに口からは……アブブブブ!!?」


 風呂のお湯を飲んでから、メロ君に思いっきりぶちまけた。何だがポ〇モ〇のみずでっぽうだ。


 それにしてもアルス、何だが不機嫌っぽいな。

 植物だから表情が分かりにくいけど、動作とか見れば何となく分かる。


「アルス……何か私、変な事を?」


「……何も」


「じゃあ何で……」


「お、恐らくですがジェラシーではないでしょうか?」


 不安に思っていた私にメロ君が言ってきた。

 濡れた髪の毛が目に掛かって怖いけど、とりあえず気にしないでおこう。


「今日はワタクシばっかり構っていますので、その事に不満を覚えているんでしょう。彼なりに沢口さんを慕っているんです」


「……あっ……」


 そういえばそうだったかもしれない。今日はメロ君と一緒にいて、アルスを疎かにして、そうしてあまり相手にしていなかった。

 それは不機嫌になって当然だ。だと言うのに、それに気付くのに遅れてしまった。

 

「アルス、ごめんね……。私、その事に気付かなくて……」


「……本当だよ」


「うぐ……」


 やっぱり怒っているなぁこれは。ここまで正直に言われるとは。


「だから後で……エリの身体洗わせて……」


「!」


 でも、そんなアルスが私に振り向いてくる。

 何ともこの子らしい要求。本当はしちゃいけないんだけど、思わず口元が綻んでしまう。


「……じゃあ、お願いしようかな」


「うん、今やる……」


「あれ? まだ泡が残っているんですけど……」


 洗うのは嬉しいけど、メロ君をほっぽり出すのはアカンよ。

 あの後アルスが言う通りにやってくれたけど、それが何だが嬉しく思えてきた。やり過ぎてヒリヒリした事もあったけど。


 ああ、もちろん洗う時はメロ君に背を向けさせましたとも。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る