第13話 一線を越えそうで越えない

「もしかしてこれ、さっき言ってた沢口さんの植物?」


「えっ? あっ、うん……」


「そうか……いやぁ、こんな植物見たのは初めてだなぁ。どこで生えてたんだろう?」


 キャベツを食べているアルスに、誠君が興味津々になっている。あと身体中の粘液、色々と匂うんですがそれは。

 ともかく隠しても仕方ないと思い、私は誠君に本当の事を教えた。


「……という訳があって、アルスを飼う事になったの」


「そうなんだ。いや、僕もたまに異世界ファンタジー読むけど、まさか本当にあるとは思わなかったな」


「私もだよ。種からこの子が出た時にはビックリしたんだけど、一緒にいると可愛く思えてきて……」


「なるほどね。僕もアルスみたいな子飼ってみたいかも」


 思えば他の人にアルスを教えたのは、誠君で初めてかもしれない。

 それと粘液そのままなんだけど大丈夫なのだろうか……。


「ところでさっき言ってた気持ちいいって……」


「えっ? ああいや、別に何でもないよ。ただ思ってた事が口に出ただけで、特に深い意味はないから」


 何でもなくないじゃん。

 もしかすると誠君、そういう性癖があったり……?


「とにかくさ、アルスの事は姉さんに言ったの?」


「それは無理だよ。お姉さんに知られたら敷金没収されそうだし」


「そういやそんな事言ってたな……。まぁ、アルスの事は内緒にするよ。どのみち言いふらしても信用されないと思うけど」


「……うん、ありがとう誠君」


 色々と突っ込みどころがあるけど、何はともあれ誠君が納得してくれてよかった。

 それにアルスの事を知っている人がいれば、後々助かる事があるかもしれない。

 

「ただいまぁっと」


 突如として玄関からの声。となると森さんか!


 アルスを見られたら敷金没収されかねない。私は咄嗟に、自分の背中にアルスを隠した。

 ただ誠君の粘液は隠しきれなかったので、こっちに来た森さんが唖然としている。


「誠……もしかして……ローションプレイしたの?」


 そういう唖然だったんかい!?

 そうなると私がローション使ったという事になるけど、それ絵面が酷い事になりますよ!?


「ち、違うんだよ姉さん! その……片栗粉を水で溶いていたら自分に掛かってしまって!」


 その嘘どうなんですかね。さすがに片栗粉を被ったなんて……


「ああ、そうなの? なんだぁ、期待して損しちゃったぁ」


 信じちゃったよ!? でも森さん、私の嘘でも平然と信じてたから当たり前か。

 あと期待して損したってどういう事だよおい。


「片栗粉か何か知らないけど早くシャワーで流してね。沢口ちゃんはお菓子買ってきたから、もしよかったら……」


「いえ、今日はこの辺で帰ろうかと……お肉美味しかったです! お邪魔しました!」


 もはや長居は出来ない。

 アルスを背中で担いで、森さんに見れないよう移動。それで玄関近くまで行ったらすぐにダッシュ。


 後はそのまま自分の家に戻った訳だが、何故か息切れをしてしまう。緊張からそうなったんだと思いたい。


「ハァ……アルス、もうああいった事はしちゃ駄目だよ?」


「グウウウン……」


 しょんぼりするアルス。まぁこの子なりに反省している事だろうから、大目に見てやろう。


 アルスを日なたに当てれるような場所に置いた後、すぐにミネラルウォーターと液体肥料を用意する事にした。その時ふとさっきの丸呑みが思い浮かんでしまう。衝撃的過ぎて頭から離れないのかも。


 あれは色々と凄かったしな……それで「気持ちいい」だなんて、誠君どれだけ鋼メンタルなのか。

 あれで気持ちいいだなんて……気持ちいい……。


「…………アルス」


「ギュイ?」


「…………ちょっと腕だけでもいいから……丸呑みしてくれる?」


 つい口を滑らせてしまったよ私は……。

 これはあくまで興味本位、好奇心、遊び半分。決して誠君のようにドMになった訳ではない、ええ断じて。


「ギュイ!!」


 ――バクッ!!


「ん……!」


 アルスが差し出した右腕をくわえてきた。

 やだ……しゃぶっている。指を丹念に吸っている感じもしてきた。腕がヌメヌメしててゾクゾクするけど、何でだろう……顔が熱く……。


「……ハァ……」


 気持ちいい。むしろ全身を……




 って何を考えているんだ私は!?


「も、もう終わり!! 水用意するから待ってて!!」


 急いで引き抜いた後、台所に向かった。

 全く私って奴は……腕も凄いヌルヌルしてて卑猥になってて……。


「………くさっ」


 試しに嗅いでみた所、人間のヨダレのような匂いがしました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る