第10話 いいから液体肥料《ドーピング》だ!!

「メロ君、今日はごちそうさま」


 照り焼きを食べた後、私とアルスはそろそろおいとまする事になった。

 お腹一杯になって、さっきのフイエスという花ももらえて、今日はいい事だらけだ。


「いえいえ、あれほど美味しいって言ってくれて嬉しかったですよ。また食べたくなったらいつでも来て下さいな」


「うん、そうする。じゃあまたね」


 こうしてビランテを離れ、アパートに戻る事になった。

 あと今回の件でメロ君の事が分かった気がする。最初の頃の怪しい感じが懐かしく思えてきそうなほどだ。


 ともかくアパートに着いたので中に入ると、アルスがリュックから顔を出してくる。


「キュウ」


「ああごめんね。すぐに水出すから」


 そろそろミネラルウォーターをあげる時間だ。


 アルスをペットボトルを渡した途端、それを掴んでがぶ飲みした。私はその間、さっき買った液体肥料を取り出す。

 確か一日に一回あげた方がいいってメロ君言ってたな。土に刺してそのまま放置するとか。


「オ゛エエエエエエエゥウウ……」


「ゲップやべぇ。まぁ、ちょっと動かないでね」


 水飲みが終わったようなので、早速肥料を突き刺してみる。


 ――ビクンッ!!


「ヌホオオ!?」


「えっ!? アルスどうしたの!?」


 何か刺したらビクンってなったよ!?

 もしかしてこの肥料、まさか毒なのでは。いやメロ君がそんな事をするはず……。


「オオオオオ……オオオオオオオ……」


 いや、よく見るとかなり気持ちよさそう。

 あれかな、人間で言うドーピングのような物だろうか。だとするとアルスの様子に納得出来るけど、


「アアアアアアウウウ……オオオオオオオエエエンン……」


「……………」


 何だろう……見ていて何とも言えない気持ちになってしまう。




 -------------




 そうして翌日、学校の日。


 昨日は休んでしまったので、勉強の遅れを取り戻さないといけない。それにちゃんと先生には謝らなければ。

 そう考えながら廊下を歩いていると、目の前に先生が見えてきた。


「おっ、沢口か」


 噂をしたら影。

 私はすぐ先生に挨拶する。


「おはようございます。それと昨日はすいません……この通り元気になりましたんで大丈夫です」


「ああ、別にいいよ。それに……もし辛い事があったら先生に言うんだぞ? ちゃんとそういう事には厳しくするから」


 いえ、ですからアルスの病気があったからです。何て言えないのが歯がゆい。

 まぁ、先生は置いといて教室に入ろう。それで中に入ったんだけど、特にこちらを振り向くクラスメイトはいなかった。

 慣れているけど、やっぱり寂しいと言えば寂しい。


(あっ、あの地味な沢口じゃねぇか)


(何か辛い事があって欠席したって言ってたよな。陰で女子に足を舐めさせられたりとか。地味だけど本当可哀そうだよな……)


(同情するよな……特に地味な所とか)


 ちょっと待って男子の皆さん? 何でそんな事になってんの? あと地味って何なの、いや本当の事だけどさ。 

 変な誤解をされて、ますます居心地が悪くなった気がする。これじゃあそう遠くない内に敬遠されるのかな……。


 でもいいか。家にはアルスがいる。


 あの子と一緒にいると癒されるし、暗い気分も消えてくれる。早く家に帰りたい物だ。


「皆おはよう。今日は突然だけど転入生を紹介するぞ」


 後から入ってきた先生がいきなりそう言ってきた。

 転入生……確か前に「隣町の高校が老朽化で取り壊しになって、生徒や先生が異動してくる」的な事を言っていたな。


「先生ぇ、男子ですか? それとも女子?」


「残念ながら男子だ。ここの事はよく分かってないから、何かあったら教えてやってくれよ。じゃあ入ってくれ」


 扉からその男子生徒が入ってきた。


 身長は男子として普通。黒髪は短くも長くもなく、顔がやや童顔。

 制服を着崩していない辺り、真面目さがあるように見える。


森誠もりまことだ。今日からこの教室に入ってもらう事になる」

 

「よろしくお願いします」


 見た目に違わず礼儀は正しい。悪い人ではないだろうな。

 ……後なんか引っかかるけど、きっと気のせいだろう。多分気のせい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る