第4話 返品するには最も屈辱的な行為で

 夜寝る時、アルスをキッチンに置く事にした。

 自分の部屋に置いたらいつ襲われるのか分かったものじゃない。ましてやあの口は人の頭を丸呑みに出来そうだ。そう考えると本当に怖い。


 そのせいか中々寝付けず、寝たのか寝てないのか分からないまま日曜日になってしまった。


「お願いします……返品お願いします……」


「いや、そんな土下座をされても……」


『ビランテ』に立ち寄った後、もう一回返品の要求をする事になった。土下座で。

 植物を捨てる事すら出来ないし、もうこうするしかないんだ……! アルスの恐怖から逃れるなら何度でもします……!


「それに沢口さん、ちょっとだけ目に隈が出来てますよ? 可愛い顔がもったいない」


「どの口が言うの……じゃあメロ君のお母さんとお父さんは? そっちに話付けるからさ」


「両親は元の世界にいます。ワタクシ一人だけがこの世界に来ました故に」


「……じゃあどうすればいいの……」


 詰んだとはこの事か。多分、今の私は涙目になっていると思う。

 メロ君がしばらく私を見つめた後、やれやれと首を振る。それで私の所に近付いて肩を叩いてきた。


「沢口さん、ペットは責任持って最後まで世話しましょう」


「いつからペットになったの!?」


 ペットじゃなくて観葉植物だよね!? 動くけど!


 この日も駄目だったのでもう引き下がるしかなかった。一応メロ君は「分からない事がありましたらいつでも相談して下さいねぇ」と言ったものの、私はただ恨めしい目で見るしかなかった。


 それで浮かない気持ちのままアパートに帰宅。


 あれから部屋に隅っこで体育座りし、憂鬱な時間を過ごしてしまった。多分傍から見たら死んでいる顔をしているだろう。

 アルスの方は隣で鳴き声を出しているけど、私は全く返事する気にもなれない。これからどうすればいいのかとかそんな事を考えてばっかりだ。


「何か飲もうかな……」


 喉が渇いてきたので冷蔵庫に向かう事にした。

 確かミネラルウォーターがあったからそれにしよう。にしてもまだ憂鬱が残っていて気が重い。


 全く……何が癒し効果が……


 ――ズリ……ズリ……。


 ん? 何だろうこの音……ってアルスがこっちに向かってくる!?


 顔で床を掴みつつ植木鉢を引きずってきている。そのまま私の足元に近付くと、口で甘噛みしてくる。


「な、何なの……?」


「キュウ。キュウウウ」


「……えっ? もしかしてこれ?」


 甘噛みをしては時々顔を上げてくる。それもペットボトルに入ったミネラルウォーターを見ながらだ。


 植物にミネラルウォーターって大丈夫なんだっけ?


 でも確かメロ君が「ミネラルウォーターでも大丈夫」とは言っていた。多分だけど動物の性質があるからそういう事なんだろうと思う。

 ひとまず私はミネラルウォーターを出して、アルスの土に掛ける事にした。


「………………」


 ――バシッ!!


「アウチィ!!?」


 葉っぱでビンタされた!? 生まれて初めてだよ葉っぱでそうされたの!?

 って何で怒られなきゃいけないの!?


「な、何っ!?」


「フッ、フッ」


 今度はそのビンタした葉っぱで自分の口を示していた。

 ああなるほど、普通の動物のように口でという事か。やっと分かったので、その口にミネラルウォーターを流し込む。


「ゴクゴク……ゴクゴクゴク……」


 大きな口で文字通りのがぶ飲み。美味しそうに飲んでいますね本当。

 はぁ……まさか植物にビンタされる日が来るとは。そもそもこんな事が後々起こるのだろうか。


 私、この子を世話できる自信がない……。


「ゴクゴクゴク……ゴクン。キュウウ! キュウウ!」


「……美味しかった……って言いたいのかな?」


「キュキュウ!」


 私の言葉に、そうだと言わんばかりの返事をしてくる。

 何かもう、本当にペットみたいだ。動物というか植物なんだけど。


「キュウ!」


「わっ」


 急にアルスが私に寄ってきた。スリスリしているって事は、甘えているのかなこれは。

 それに花が付いている訳じゃないのに甘い香りがしてきた。あまり嗅いだ事がない変わった香り……でも何かホッとするようなそんな感じがする。


「……アルス」


「キュウ?」

 

 私が声を掛けると、その顔を上げてくる。

 不気味に思えた顔なんだけど、何でだろう、今はそこまで思っていない。しかも変な気持ちもしてくる。


 例えるなら……そう、人懐っこい子犬を相手するような感じ。


 一度も犬飼った事がないけど、もしいたらこんなんなのかな。そう思うほど、アルスって可愛いのではと思ってしまう。


「アルス、水もっといる?」


「キュウ!」


 もう少し様子見をするのもいいかもしれない。

 さっきビンタされたりと散々だったんだけど、だからといって手放すのは最低だと思う。もう少し時間を掛けて、この子を見ていきたい。


「ゴクゴクゴク…………ゲエエエエェェップ」


 ゲップがおじさん臭い……というか植物なのにゲップするんだね……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る