ドゥカーレ宮

 サンマルコ広場の一角に宮殿がある。


 ドゥカーレ宮は、その名の通り、法と政治を司る総督の屋敷である。


 その絢爛豪華な内装は天井の金細工まで及び、全面に描かれた絵画などは見る者を感嘆させるのだった。 


「まだ狐の正体は掴めないのか?」

「は……我ながら情けなく思います」


 総督はドゥカーレ宮の執務室で、側近に話を訊く。

 こんこんと扉を叩く音がした。

 招き入れてみると、行商が新しい品物を持ってきたという報せだった。

 総督はすぐに行商を部屋に通し、並べられた珍しい品物を前にそれを検める。


「……お好きですね」


 総督の姿を見ながら、軍人らしく手を後ろに回した姿勢のいい立ち姿で准尉が言うと、


「これらが珍妙な道具に見えるかね、ガスパロ准尉」


 品物を弄くりながら、総督は尋ねる。

 准尉は瞳だけ動かして物を眺め、


「……自分には、何がどうなっているのか分からないものばかりです」

「私にとってもそうだよ」


 総督は笑い、別の物を取り上げる。


「……だが、こういったガラクタの中にもたまに本物がある。あの箱を見つけたときのようにな」

「はあ、確かにあれには驚きました。総督でなければあれの用途には気づかなかったでしょう。なぜ……総督はそういったものがおわかりになるのでしょうか?」


 准尉は総督の顔をうかがいながら聞く。

 総督はなおも品物に夢中なまま、


「現代に生きているのはなにも現代の人間だけではない。――同じように、古代文明が古代の文明であるというわけでもないのだよ」


 見たことのない筒を触りながら言う総督を、准尉は当を得ない様子で見つめる。


「哲学の話、でしょうか?」

「科学だ、ガスパロ准尉」


 総督は触っていた筒を自分の机に置きながら言う。気に入ったらしく、これは買うようだ。

 総督はまた別の商品に手をかけながら、


「科学とは、理屈を記述しそれを再現することに意義がある。つまりは高度な文明の遺産になればなるほど、理屈がわからずとも、どんな者の手でも使えるようになっているのだよ。最初に、それがなんのための道具であるかさえわかってしまえば、あとは簡単だ」

「はあ……」


 この総督は、たまに聞き手を無視して自分の話したいことを話す癖がある――そう感じていた准尉は、気のない相槌で適当に総督の話を流していた。


「ん?」


 総督は商品の一つに目を留める。


「これはなんだ? 古くもなければ、特に変わったところもないな」

「そのムチはクヌートというものです。失敗作ですよ」

「失敗作?」

「ええ、これは拷問用に作られたものなのですが……いかんせん強力すぎるのです」


 行商人は総督の食いつきを見て、愛想を欠かさず説明する。


「これの一撃をその身に浴びればたちまち皮膚は裂け、肉はめくれ上がってしまう。相手を殺しては、拷問になりませんからね」

「面白いな。それでは確かに使い物にならん」


 総督はムチを取り上げ、試しにそれを一振りしてみた。

 驚く行商人をよそに、総督は満足げな笑みを浮かべて、


「このムチを使って、狐を狩るのも悪くない」


 総督は行商人に代金を払うと、行商人を帰した。

 部屋はまた、総督と准尉の二人っきりになった。


「この鞭を、きみならどう使う? ガスパロ准尉」


 言うと、総督はクヌートを准尉に投げ渡した。


「ムチ、ですか……これでゾロを打ち倒せれば、憂さ晴らしにはなるかと思います」

「餌を撒くとしようじゃないか。罠を張るのだ。確か……モンテロ伯爵の裁判の結果がまだだったな」

「は……。伯爵を上手くかばうことが出来ずに苦労しています」

「なにもかばうことはない。なんせ、あの伯爵は……ゾロと繋がっているのだからな」

「はい?」

「准尉。あれはわざとゾロに襲われて、ゾロに資金を提供していた国賊なのだよ」

「……なんの話でしょうか? 彼が密輸をしていたのは、我々政府に――」

「伯爵は政府とはなんの関係もないよ、ガスパロ准尉」


 総督は天井を見上げ、口の端を吊り上げながら言った。


「そうだな、仮面舞踏会マスカレードまではまだ日がある。それまでにアレ・・も仕上げなければならない。宴が始まる前に雑事は済ませておこう。ゾロに協力するものは一体どうなるか……市民への周知は頼んだぞ、ガスパロ准尉――」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます