第四十六話『首絞めネフリス』

 

 世界を破る勢いで、アサナトさんは、気付けばそこに居た。


「アサナトさん!?」


 砕け散る脳症の雨の中で、僕はそう言い放っていた。


 横の、異国人である瑜以蔵さんの事すら忘れて。


 ーー瞬間。


「……は?」と言わんばかりのアサナトさんの眼光が、僕に直撃。


 僕が『やってしまった』と自虐する前に、三方向から囲み円陣を組むが如く、見上げるほどの巨人が出現。


「……あ〜あ。まじか」


 周辺の建物を陥没させる勢いで出て来た巨人達は、先程の魔物と比べ、数倍の体躯を有している。


 そんな三体の巨人は、かなりの死臭を放ち。


 顔がボロボロのその臭い生物は、正に死んでいる様だった。


 しかも、そんな死体は魔法を発動しかかっている。


 なんの魔法かは分からない。


 けど、三体の巨人の魔力が強張っているし……。


 何かを口から吐き出す様な、えずく格好。


 それに、脳漿を撒き散らして、僕の近くに降りてきたアサナトさんは言う。


「……あれは吐瀉物魔法だぞ。使い様無いし、汚ったないな、おい」


 その言葉に、瑜以蔵さんは反応。


「まほ……うん?」


「今それを気にしてる場合じゃ……って、来るぞ!」


 巨人の滾る魔力が収束する時。


 えずく魔物は、吐瀉物魔法という誰得な魔法を展開させる。


 途端、巨人の口から放たれる吐瀉物魔法。


 口から銀が流動する。


 燃え滾る銀は、世界すらをも発火させん。


 それが標的へと、雨の様に降りかかる時。



 ……銀は凍結する。



「……!?」


 世界を燃滅する銀は突然、凍り付いた。


 同じく、世界を凍て付かせんとする氷海によって。


 映るのは、見渡す限りの氷の海。


 何処からか、なんの前触れも無く出現したその氷は、例外無く全てを凍らせていた。


 そう。例外無く。


 上空に展開された氷は、その延長線上にある巨人と銀、それら全てを凝結させていた。


「……は」


 理解出来ない事象に、僕は絶句する。


 矢先、海は儚く散った。


 砕け、降りしきる『巨人だったモノ』の中に、僕は人影を発見した。


 弾頭の如き勢いで飛来したソレは、僕達の前にて邂逅した。


 それは、僕にとって見覚えある姿をしていた。


 水色の艶めく髪。


 サラサラの白い肌。


 凍てつく冷気を放つ刀を携えたその姿は……。


 ユーリさんだった。


「あ、ユー……」


 横には瑜以蔵さん。


 異国人の名前を口を滑らせかけた僕。


 そんな僕は今、どうなっているかというと。


(……少し黙ってろ)


 アサナトさんに、全力で首と口を締められている。


「ゴ!ムゴゴ!!!」


 暴れる僕。


 それを胸に、アサナトさんはユーリさんと会話を交わす。


「ああ、一ヶ月ぶりだな」


「ですね、元気でしたか?」


「こちらは無事だ……と。馬鹿も終わった様だ」


 ユーリさんの背中から、戦いを終えたばかりのイェネオスさんが登場。


 再会最初の第一声が『馬鹿』なのだから、イェネオスさんは当然……。


「馬鹿って、ひっでえな」


 怒る。睨む。


 明らかなる、火の打ち所もない罵倒は、どんな人物でも見過ごせはしない。


「実際そうじゃーーー」


 当然過ぎる反抗に、何故かアサナトさんは煽り返そうとしたけど……。


「お主ら、随分と仲がいい様だが……トカゲの知り合いかなんかか?」


 瑜以蔵さんが、そんなピリついた会話の内に踏み入った。


 瞬間、僕の拘束が解ける。


 ごほっ。がはっ。


 ひざまずく。


 首が呼吸を思い出し、僕は四足で咳込む。


 完全に病人に近い僕をユーリさんは心配してくれるが、その横でアサナトさんは瑜以蔵さんと打ち解けていた。


「まあ、そんな所だな」


「ふぅーん。お主。儂と同じ臭いがするな……」


「……ほー。確かにな……」


 瑜以蔵さんの怪しい視線が、アサナトさんを撫でる。


 それに、アサナトさんは眼光を放った。


 初対面なはずの二人は、もう既に握手を交わしていた。


 ゴホゴホ、と僕は咳込む中で、僕は思った。


(あ、これ……合わせちゃいけない人達合わせちゃったかも)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます