第四十四話『邂逅する剣達』


「トカゲぇ!まだ終わっとらんぞ!」


 安堵しきった僕の耳に、瑜以蔵さんの叫びがこだまする。


 ふと顔を上げると、そこには音魔法を放っている死神の姿が。


 目を霞ませる様な波動。


 能力はもう、三十秒のクールタイムに入っていた。


 避けることは既に出来ず。


 それについて脳内会議を開く暇すらも無かった。


 完全に、僕は硬直時の隙を突かれたのだ。



 ーー死を悟る。



 瞬間、頭を破る音魔法が僕の顔面に直撃した。


「がは……ッ!?」


 血飛沫が僕の額から飛び散る。


 破れ行く鼓膜。


 僕の世界から音が無くなっていく。


 赤い彩色を施された視界の中、僕は死神の輪郭だけを感じた。


 ……だが、それだけだ。


 額は軽く抉られる程度、鼓膜が破れる程度で済んでしまった。


 それは、瞬時に強化魔法を額に展開したおかげだ。


 僕の額に映る白い魔法陣。


 それが僕の額を保護し、致死級の音魔法の波動を阻止したんだ。



 ……だが頭が異常に痛む。



 昏倒しそうな視界の中、僕は空中に揺らぐ三つの剣を捉える。


 あれはさっき、僕が打ち上げたあの剣達だ。


 頭痛に揺らぐ視界の中、僕は直ぐに剣を纏めていた拘束魔法を解除。


 追撃は無い。


 横を見ると死神は音魔法の次弾装填中だった。


 致命傷を受けた所為で魔力の練り上げが上手く行ってない様だ。


 ……よし。


 あれなら、二呼吸ほどの猶予がある。



 ……でも裏を返せば、二呼吸までに終わらせなければ多分僕は死ぬという事。



 さっき死神が僕に放ったのは、相打ち覚悟の必死の抵抗だった。


 それを受け切ったお陰で、死神は今多大な隙を生んでいる。


 でも、僕も動かなければ直ぐに死ぬんだ。


 僕は脳震盪を起こした体に鞭を打ちながら、死神を蹴りで数歩ほど後ろに吹っ飛ばし、覚悟を決める。


 死神が僕に仇を成す、超えねばならぬ敵だというのなら僕も……。



 ーー決死の覚悟で、それに答えるだけだ。



 一箇所に集められた三つの剣は拘束を失い、バラバラに降下する。


 先ず僕は再び回し蹴りの原理で空中で体を回転させ、音の剣を弾き飛ばす。


 音の剣はそのまま空を割き、死神の足へと突き刺さる。


「……」


 呻き声も上げずに死神は跪き、隙を露わにする。



 ーー続いて。



 僕は二対の剣を手にする。


 それは、今まで相対して来た死神と僕の、正反対の性質を持った刀剣達。


 でも今は、その両方が僕の手の内にある。


 ライバルの剣を使い、ライバルを打ち倒す……。


 良いシナリオだ。



 ……そして、二本の刀剣が空中にて交じった。



 切り裂いたのは僕の紅刀と、死神の黒剣。


 雷鳴のように空中で回りながら斬り去った僕は、死神の背中の裏にて勝利を確信する。


 手応えはあった……僕は全力を尽くしたんだ。



 ……瞬間、後方で飛び散って行く黒色の魔力。



 それは、死神の絶命を意味していた。


「……ふっ」


 二人の果たし合いの合間に、瑜以蔵さんの声が混じる。


 そして瑜以蔵さんは僕の耳が聞こえないのを良い事に、呟いた。


「……やはり、死神は一人で良いな。付き合わせるのは……癪だったが」


 僕は、地面に沈み行く死神の姿を見て、果たし合いに終止符を打ったことに安堵する。


 安定しない視力。


 聞こえない音。


 視界を覆い隠す程の血糊を僕は撫で……。



 ーー瞬間、倒れた。




 ※

 少し方向性に悩みが出てしまったので、じっくりとストーリーを考える為、三日ほど更新を停止します。


 誠に勝手ではありますが、少し自分の作品に疑問を抱いてしまったので……申し訳ありません。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます