第三十三話『『特個』であって『特保』じゃ無いよ』

 

 僕は瑜以蔵さんの間合い……つまり死線に踏み入った。


 瞬間、危険信号を発するかの如く、僕の能力が発動した。


 僕は軽く頷いた。概ね予想通り。


 僕は世界が完全に停滞したのを引き金に、剣を振る。


 ……だが、視界の端で、陽炎の様に揺らぎ、こちらへ進む刀身を発見してしまった。


 時は止まっている筈なのに、である。


「なんで動いて……ッ!」


 僕は驚愕し、腰を抜かした。


 今は能力の発動中の筈……と、焦り周囲を見渡しても、時間が止まっている事は明らかだった。


 動いているのも、僕と瑜以蔵さんの刃だけ。


 焦点が定まらない様に、停滞した世界で動く瑜以蔵さんの刃は、不気味だった。


 何故動くのか……と僕は考えはした。


 ……だが、そんな事を考えている暇は無い事を、僕の体は知っていた。


 これを逃せば勝利は無い、と芯では思っている所為か、己の持つ武の才能の所為か。


 気付けば、僕は突きを放っていた。


 それは危うく脆い反撃だったが、崩れた僕の体が瑜以蔵さんの剣を避けた所を含めると、攻守一体の攻撃だったのは確か。


 だが、体制を右へ不意に崩してしまった所為で、剣筋が揺らぐ。



 ……そして瑜以蔵さんの剣が僕の腰上を掠った辺りで、時は動き出す。



 裂くような風切り音と僕の体が地面に打つかる音が鳴り響き、僕の突きは……。


「……っ!?」


 瑜以蔵さんの左頬を掠っていた。


 そこからは少量の血が飛び散り、その様を見た観客からどよめきが走る。


 そして瑜以蔵さんは一瞬だけ目を見開いたかと思えば、怪しく口を歪ませ、剣を、倒れた僕に振り下ろした。


 能力の反動で息を上げている僕。この追撃を避けられる手立ては失っている。



 ……届きはしなかったけど、進歩だ。



 僕は戦いを振り返りながら、抵抗の意を示す為、剣を防御に使った。


 だが、もう遅い。


 振り下ろされる剣はすでに、僕の首筋に。防御はもう出来ない。


 僕の能力はクールタイムに入っている。能力には頼れない。


 そして、瑜以蔵さんの剣は更に勢いを増し、僕の首筋の辺りで突然……止まった。


(……え?)

 完全にそのまま気絶させられると思った僕は困惑する。


「ーー合格じゃ、トカゲ。お前、随分と強かったんじゃな」


 瑜以蔵さんは手を差し出してきた。


 僕は理解出来ないという感情を胸に、その手を取り、重い体を持ち上げた。


「なんで……気絶させなかったんですか?」

 僕は困惑の余り、聞いた。


 すると、瑜以蔵さんは横に切れ込みが入った左頬を親指でさすりながら、説明してくれた。


「儂の剣を避けた上に、お主は反撃を入れた。それだけで洗礼は終了じゃ」


「え、じゃあそれだったら僕は勝ったって言う事ですか!?」


「……勘違いするな。あれは勝利じゃ無く、ただ戦いを潜り抜けただけじゃ。儂が剣を止めなければ、今頃お主は泡吹いて痙攣してる所だぞ」


 そんな僕の期待は、瑜以蔵さんの正論によって統制された。


「……そうですね」

 自分が泡を吹いて痙攣する想像を鮮明に覚え、僕は苦笑いを浮かべる。


 ……そして、僕は思う。


 次戦う時があれば……さっきよりもいい動きができる筈だと。


 勝利も夢では無いと思う。


 ……そして僕はさっきの戦闘について聞きたい事がある事を、瑜以蔵さんが剣を納めるのを見て思い出した。


「……聞きたいんですが、最後のあの一太刀、僕の能力中でも難なく動いてましたけど、あれは何ですか?」


「ああ、あれはなぁ……って、トカゲ今……能力って言ったか?」


「あ……っ!」

 僕は咄嗟に口を噤んだ。


 能力の事は出来るだけ、現地人に知られてはいけない。


 そこから、僕がカラリーヴァ出身だとバレてしまうのを抑えるためだ。


 ……だが、不意に口を滑らせてしまった。


「ーーーお前、やっぱり『特個』持ちか」


 だが、瑜以蔵さんの怪しい表情から出てきたのは、聞いた事も無い言葉だった。


「……何ですかそれ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます