第二十七『早過ぎる合流』

 

 俺達は武蔵先導の元、江戸の町をブラリブラリと散策中だ。レフィナード達が落ちたであろう南西へと。


 だが、観光目的でもあるのは言うまでもない。


 一度、江戸にはあるものを取りに密入国したが、あれを観光と捉えるのは些か問題があると思ってな。


 だから今度こそ、と言う事で観光をしている。


 観光しつつ、仲間達と合流出来れば最高だろうからな。


 そして俺は街の雰囲気に触れ、呟いた。


「綺麗な街並みだな」


「江戸は本当に綺麗ですからね……」

 その言葉に武蔵は頷いた。健気な笑みを振りまきながら。


 ……その通り、この江戸の町は綺麗だ。


 キアがしゃいでいる所を見ても、この街は子供ウケもするのか?よく分からないが……。


 普段のカラリエーヴァの街並みとはかなり変わった様式の建物や、人々の暮らしがやはり目に付く。


 洋式の暮らしに慣れた俺達だからこそ、その違いがよく分かるな。


 それは真新しさと斬新さを仕入れて来て、更に綺麗さと美しさを醸し出していた。


 今は河川敷の橋の上。


 清流が流れる河川敷に刺す道端の木の木漏れ日が見える。


 木漏れ日は川を射抜き、まだら模様を作り出していたが、逆にその不規則で、何者にも囚われないその光の健気さが、神秘的な雰囲気を醸し出していた。


 しかもそれを、遮る物無い橋の上で見られているのだから、それはもう……凄いな。


 この橋を通る通行人達は、毎日こう言う風景を見れるのか?……嫉妬しちゃうかもしれんな。



 ……しかもそんな風景に無関心な通行人達が目を奪われるものは、何故かローレッジだった。



 確かにこいつは綺麗だが、目を奪われるべきは目の前の風景だろうに。


 俺はそんな憤りを感じつつ、武蔵の会話に混ざった。ちょっと聞きたいことがあったからな。



「なあ武蔵、何処に向かっているんだ?南西の観光名所を回ってくれとは言ったが、真っ直ぐ行き過ぎじゃ無いか?」



 そう。聞きたい事とは南西に向かい過ぎじゃないか?と言う事。


 確かに、真っ直ぐ南西に向かってくれるのは良い事だ。だが、これは観光も兼ねている。直ぐに仲間達が見つかるとは思わないからな。


 だが、武蔵の言っているルートは、思ったよりもそんなに良い名所なんて無かった。


 日本の首都の江戸であるのに、こんなに名所が無いのはおかしい気がするからな。


 それなのに、武蔵は全く名所を回らない。


 そして、武蔵は俺達が提示した『南西に行け』と言う要望にそのまま従っている。


 名所を回りたいと言うのに、これではただ道を歩いているだけだ。


 キアの表情にも曇りが来ている。そろそろ限界そうだ。


 だから聞いたのだ。「何処へ行く気だ?」と。


 このままでは俺がキアをシングルファーザーの如く抱えて歩かなくてはならなくなる。


 俺のプライドのために……つまりレフィナードとイェネオスから煽られない為に、俺は聞いた。


 そして、武蔵は答えた。


「ああ、この先には自分が知る最高の名所があるんですよ!きっと満足してくれると思います!」


 武蔵は、結構な元気を出して言った。


 最高の名所ねぇ……。


 俺がそんな疑問を抱いていた時に、ローレッジは武蔵の背景を見て、言った。


「……まさか、あの神社じゃ無いだろうな?」


 俺もその言葉を聞いてその神社らしき物を見てみた。



 ……あれ?随分廃れてるな。



 俺の目に映ったのは老朽化がかなり進んだ、ボロッボロの神社。


 鳥居もかなり腐っていたり、見る限りで汚らしい。


 あれが最高の名所に見えるか……?


「本当に、あそこ行くのか?」


「ーーーはい!」


 武蔵は、そう残酷な事を言い切った。



 ♢



 武蔵の元気な先導……乗り気で無い俺達。


 だが、何かの雰囲気を感じるのも事実だ。


 ……見覚えがあるような、そんな雰囲気を感じる。


 そして、俺達は恐る恐る鳥居を通り、それを目にした。


「あら……あんた達、居たのね」


「……お前ら」


 そこに居たのは、箒がけをしているレフィナードとシリアンだった。



 ……合流早過ぎないか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます