第十九話『一方、虚無僧は……』

 

 侵入者として宮殿警備兵に追われている今、ネフリス達は二階への階段を駆け下りる。


 焦りを胸に。されど殿を務めたゴーズの期待に応えるため、ネフリスは走った。


 後ろからの追撃は無い。全てゴーズが足止めしてくれている。


 だが、待ち伏せの量が多過ぎる、と言う点では絶体絶命だ。


 しかしそれも杞憂だった。


「居たぞ!侵入者だ!」


 と警備兵が叫ぶ頃には既に、侵入者とされる二人組は天井をなぞる様に走っていた。


 明らかに重力を逆らっているのだが、ネフリス達は魔法を使っている。


 既に宮殿に気付かれているので、もう魔力の心配は無用だ。


 ならば、と言う事でネフリス達は全力で隠蔽魔法、強化魔法、その他諸々を使って警備兵の網を抜けて行く。


 だが、気付かれるものは気付かれる。


 警備兵も馬鹿じゃない。宮殿と言う最高峰の防衛地点を任された兵達だ。


 つまり、カラリエーヴァ王国の軍事力の集大成とも言える兵達が集まる地帯だ。


 どれだけ魔力を薄めようとも、それでも気付かれる。


 そして、凄まじい剣術で追い詰められる。


 その度に、ネフリス達は命からがら抜け出していた。


 キアが居る予備宿泊室に着く頃には……。


「つい……た」

 ゼエゼエと息を垂れ流しながら、その扉を見据える侵入者達。


『予備宿泊室』と書かれたドアプレート。横には女王近衛隊の会議室。


 そして、遠く背後から聞こえる兵達の声。


 この場所は今のところバレてはいない様だが、このまま通路に立ち尽くして居れば、いつか追い詰められる。


「……入りましょう」


 ネフリス達はなだれ込む様に、その扉に身を通した。



 ♢



 一方その頃、ゴーズは。


「ふッ!はぁあっ!!」


 気合いの入った声を洩らしながら、虚無僧笠を被った彼は日本刀を懐かしむ様に斬り下ろす。


 その剛健な体で、虚無僧は向かう警備兵を剣術のみで倒して行く。


 狙うは敵の首。斬り下ろすは峰打ち。


 プラチナタグを持つ彼には、峰打ちで警備兵を排除するのは取るに足らない所業。


 必絶無殺の刀を、ゴーズは振る。


(殺しちまったら、本当に犯罪者な上に……娘に怒られちまうからな)


 その異様な雰囲気を放つ虚無僧笠の奥で、相反する感情を抱いているゴーズ。


 勿論、目の前の敵にはそんな弱みは見せない。


 そして更に、虚無僧は威圧する。


「どうした……?宮殿警備兵と言うのは、こんなにも弱者なのか?」


 普通、こんな煽りを飛ばしたら、相手の逆鱗に触れてしまう筈なのだが……。


「ひいっ!?」

 若いのか、虚無僧が放つ覇気に当てられて怖じ気付いている。


 やはり、この虚無僧衣装が響いているのだろうかとゴーズは思うが、彼の心には一心に、二階への階段を守ると言う意思のみが灯る。


 それは変わらないので、虚無僧は狂気に満ちた様なその笠を揺らし……彼は剣を振り下ろす。


 だがその瞬間。虚無僧の刀が兵に触れる一刻前。


「……!?」

 空中で突然、ゴーズの剣が火花を上げて止まったのだ。


 驚きと共にゴーズは原因を探る。


 そして、見つけた。


(……投げナイフが空中に固定されて……ッ!?)


 そう解析した瞬間に、投げナイフは意思を持ったかの様にゴーズへと一直線に向かって来た。


 ゴーズは一瞬で飛び退り、軽くナイフを斬り落とす。


 軽過ぎる感触にゴーズは困惑を示すが……それは背筋の凍る様な声によって中断された。



『なんか警備兵がたっくさん倒されてると聞いて来てみたら……珍しいですね……虚無僧。あの鎖国国家の差し金ですか?』


 それと同時に、通路の突き当たりから、声の主が出てきた。


「君達は逃げてて良いよ」と警備兵に言っているその人物は……見なくても分かる。強者だ。


 だが、それに見合わぬ程の気配の薄さ。


『僕』と言うその少年は、背丈は百五十センチ位の男で、正装に身を包んでいる。


 そして胸に付けられた、女王近衛隊のバッジ。


 俗世に疎いゴーズでも分かる。


(やっぱり来たか……女王近衛隊。まずいな、確実に俺より強い)


「女王近衛隊がお出ましとは……やはり宮殿という事か」


 ゴーズは素性を悟られない様に、声を強張らせて言った。


 気を引き締めたゴーズに語りかける様に、その女王近衛隊は言い放った。


「まあまあ。僕は貴方を取って食ったりはしませんよ?……ただ、その道を譲って貰いたいだけでね」


 そしてその女王近衛隊の少年は笑い、撫でる様に後ろの階段を見詰めた。


 だが、ゴーズはそれに「はいそうですか」と道を譲る筈はない。それが、自分の信念であり、武士道だから。


「貴殿に道を譲る義理も、道理もない。通さぬと言ったら、ここは通行止めなのだ」


 そうして、ゴーズは強者のオーラに当てられながら言い切った。


 そして、そんな信念を見せられた少年。笑う様に顔に手を当て、払う様に一瞬で投げナイフを帯刀した。


「なら、力尽くで通るまで」


「……良いだろう。受けて立とう」


 二人の人物は相対し、剣を向けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます