第14話



「おいおい、ガキ一人捕まえるってだけのはずだったが?」



報告を上げている男は、生きた心地がしなかった。

隊長の残虐性と強さを知っているからだ。

アウトローやこちらに通じている警官に向けて懸賞金を懸けた。

発見し、捕獲すればいい。

大した力もない少女一人。それだけで大金が手に入る。

こぞって、少女を探しただろう。

自分は分かり切った結果を報告するだけ。

それだけのはず、だった。



「そ、それがですね。報告によると若い東洋人の男と、アメリカ人の女の護衛がついているとの事でして……」

「……ほう?」



片眉がつり上がる。



「報告を受けた時には首都にいるとの事でした。カメラの映像から、偶然かどうかはわかりませんが、例の村の方向に向かっているとのことです。ただ、その後の足取りは不明です」

「首都の方へ逃げたのは分かる。だが、わざわざ引き返して村に戻るだと?」



怪訝そうに尋ねる。

その報告を受けた際は、同じ考えに至った。

楽観、なんてできるわけもない。

近寄らないだけの理性は普通、誰にでも備わっているはずだ。



「ちっ、何かあるなこりゃ……。またあの村に戻ったほうがいいかもしれねえな」



何もないと切り上げたのは、つい先日の事だった。



「そいつは何者だ?」

「少なくとも、村の縁者ではないようです」

「……つまり、まだ何もつかめてないと、そういうことか?」

「……はい」



ゴクリと、喉が鳴る。



「まあいい。お前が追え。それで、俺のとこまで連れてこい」

「はっ!」

「抵抗するようなら生死は問わねえ」

「分かりました!」



隙のない受け答えをしつつ、内心で安堵する。

これなら、腹いせに殺されず済みそうだ。



「ああ、待て」



足早に立ち去ろうとした時、背後から呼び止められる。



「勿論、わかってるよな?」



いつも通りの口調だ。

だけど、急激に温度が下がったような錯覚を覚えた。



「失敗はしません」

「ならいい。行け」

「はっ!」



意地でも捕まえなければいけない。

単なる脅しではないと知っている。

自分は、前例に倣うつもりなどないのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます