第8話 幕間



「まったく、生意気なガキだな」



眉間に突きつけられた銃。

冷たい、銃口てつ



「生憎と、俺は女にゃ甘いが野郎には厳しくいく方針でな」



出会いは最悪だった。



「だが、運がいい」



帽子から覗く鋭い眼光が、少しだけ柔らかくなる。



「野郎といえど、俺は子供にゃちょいと優しいんだ」



くるりと、男は引き金に掛けた指を支点に銃を回す。

月光を反射しキラリと輝くシルバーの銃。

こんな状況なのに、思わず目を奪われてしまうほど滑らかなガンスピンだった。

その流れのまま、男はホルスターに銃をしまう。



「だから、このくらいで勘弁してやる」

「〰〰〰〰っ!」



そして振り下ろされた拳骨。

一切の加減ない一撃に、堪らずしゃがみこんで頭を押さえる。



「へっ、これで少しは懲りたか?」



頭上で、男が鼻を鳴らした。



「どの道こいつぁお前みてえなガキには扱いきれねえ代物だ。今後はこんな物騒なモンに手を出そうとすんなよ」



仕舞ったばかりの銃を軽く叩く。

懐から葉巻を取り出し、咥えて火を着けた。

そんな余裕ぶった態度が、気障ったらしい言動が、伊達男のように洒落た格好が。



――男の全部が、気に入らなかった。



だから痛みを堪えて素早く立ち上がり、手頃な位置にあった男の急所に全力でパンチをお見舞いしてやる。



「うがっ!?」



葉巻もライターも取り落とし、内股になって両手で急所を押さえる男は変な悲鳴を上げた。



「テメエ……! それだけは……やっちゃいけない事くらい、同じ男なら分かるだろ……っ!?」

「知るか! 何も知らない癖に知った風な口を利くな!」



男は内股になり、痛む箇所を抑えながら息も絶え絶えに悶える。

そんな情けない姿は幾分か溜飲を下げるのに役立った。



「今会ったばっかのガキの事なんざ知るかよ! このクソガキめ。手加減してやりゃいい気になりやがって……!」

「お前こそちょっとデカイからって調子に乗るなよな! ガキ扱いしやがって! いいからそれを俺によこせ!」

「こいつぁガキの玩具じゃねえんだ。お前さんにゃまだ早い」

「うるさいっ!」



そこから先は、よく覚えていない。

ただただ取っ組み合い、無我夢中に殴り合う。

体格の不利はあっても、痛みでぎこちない動きの男とはいい勝負ができた。



「まったく……。ガキのくせに、随分と、手を焼かしやがる……」



「そっちこそ……。オッサンのくせに、随分と、しぶといじゃないか……」



お互いがボロボロだった。


向かい合って座り込み、荒い息をつきながら路地裏の壁に身を預ける。


呼吸いきをするのも苦しい。殴られた頬が痛む。だけど、喋る事をやめられなかった。


殴り合いの最中さなか、何を言ったのか良く覚えていない。

まして何を言われたのかなど。


だというのに、随分と分かり合えたように思うのはなぜだろうか。



「おい、クソガキ。お前は今、触れちゃいけない所に触れた。大人の男を呼ぶ際に、オッサンなんて単語は存在しねえ。お兄さんか、お爺さんのどちらかだ。俺のことは敬意を込めてお兄さんと呼べ。それが出来ないなら……第二ラウンドといくか?」



壁に寄りかかりながら、男はゆっくりと身を起こした。

どう見ても強がりでしかなく、満身創痍だ。

そして、それは自分も。

だけど男に負けたくはなかった。

痛む体で、同じように立ち上がる。



「言ってろ、オッサン。今度こそ這い蹲らせてやる」



今更、地面に落ちた銃を奪おうとは思わなかった。

不毛なはずなのに、勝負をやめる気にはならない。

やけにムカつく。だけど同時に、目を惹く。

自分でさえ良く分からない意地の張り合いだ。

ゆっくりと両腕を上げ、ファインティングポーズをとる。



全てが鏡映しのような状況だったから、きっと結末までそうだったのだろう。

最後の一撃で相討ちになり、揃って仰向けに倒れ込む。

もはや指一本動かす事すら億劫に感じるほどの乱闘だ。そのまま、一度たりともお互いを見ることなく、ただ星を見ながら一夜を過ごす羽目になった。

そのくらい、お互いにお互い様だ。

どちらからともなくぽつりと零した言葉はすぐ応酬になる。



その過程で親を殺された事も、復讐のために銃を奪おうとした事も全部話した。

一晩経って、まだ語ることは尽きない。

そんな中、それでも会話が途切れた事で出来た妙な間。



「……なあ、ガキ」



空が白んできた時、男がぽつりと零す。

胸の上に置いていた中折れ帽子を、顔まで持って行く気配。

なぜか、これからの出来事が自分の人生を左右するような予感がした。



「なんだ、オッサン」

「おっさ……まあ、いい」



男は何かを堪え、呑み込む。

三ラウンドに突入する元気は、さすがになかった。

それに、ガキ呼ばわりする以上お互い様だ。



「……俺と、来るか?」



視線は顔を覗かせ始めた太陽に固定したまま。

今もまだ、お互いに一度も横目で窺う事はしない。



「……………………、ああ――――」



なんで頷いたのか、正直解からない。



それでも不思議と、悩む事はなかった。







「――ああ」



久しぶりに、夢を見た。

懐かしくて、嬉しくなり、少しばかり、物悲しい。

いつでも会えるけど、もう会う事はない。

横を見ればフィオはまだ寝ている。

穏やかな寝顔。

布団にくるまって丸くなっている姿は、まるで子猫のように愛らしい。



「ああ、まったく本当に……」



フィオと比べて随分と、可愛げのないガキだった。



本当にどうしようもない、子供がきだった。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます