わたしをつくることども

作者 江山菰

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 勇気と博愛へのコメント

    娘さん、元気になられて、本当によかったです。
    臓器移植…正直普段は考えもしませんが、その時は、突然くるのでしょうね。
    もし、我が子が、連れが、同じことを言われたら。
    もし、自分が脳死状態になったら。
    すぐには答が出ませんね…。
    考える。
    もし、同意できないとしても、じゃあ自分がどうしたらいいのか、考える。
    そういうことと直面して生きている人たちのことを、他人事ではなく、考える。
    今の私にできるのは、考えることだな、と思いました。

    長文、失礼しました。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    あの日々を思い出すと今でも呼吸が苦しくなります。
    私自身は、あげられるすべての臓器を提供する、という古い意思表示カードを持ち歩いていましたが、逆に、親や配偶者、子どもが脳死状態に陥り、臓器提供の意思を表示するものを持ち歩いていたことを私が知らされたら、本人が「いい」と言っていたとしても絶対に嫌だと言い張ります。親や配偶者はギリギリ諦めても、子どもには絶対に刃物を入れてほしくありません。
     私が死に瀕したときに、私の家族もそう考えるかもとおもったとき、自分が意思表示をすることに疚しさを覚えて、今悩んでいます。
    疚しくもなんともない、立派な人助けだとはわかっているのですが、やはり千々に心は乱れます。

    2019年12月17日 22:06 編集済

  • キモノはいいぞ!へのコメント

    着物の見方がガラッと変わりました!
    面白いですね~。自分好みに着こなしてらっしゃるのが、とても粋。
    浴衣しか自分で着れず、結納用に買った着物もお蔵入りしてますが…チャレンジしてみたくなりました♪

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    ぜひぜひチャレンジなさってくださいませ!
    リサイクルセンターや古着屋さん でキモノを見るだけでもわくわくするので、気楽に着潰せる一着を見つけてトライしてみてください。
    おすすめは、前で帯を結んでぐるっと後ろへ回すためのサテンの伊達帯です。これがあると帯結びが楽になりますよー!

    2019年12月14日 19:54

  • 謎肉まつりへのコメント

    なるほど。
    やはり牛豚鶏といった普遍的な獣肉が流通している理由は、安定性なり味なりが優れているからなのでしょうね。
    勉強になります。

    作者からの返信

    こんばんは、コメントありがとうございます。
    やはり価格と美味しさで牛豚鶏御三家は強いです。
    幼い頃から食べなれれば、ヤギも羊も七面鳥もいけると思うのですが、大人になってからいきなり謎の肉を食べると、多くの場合でその種独特の獣臭さが鼻につくように思います。

    2019年7月27日 22:12

  • いっておいで、私の髪へのコメント

    私もヘアドネーションはできるといいなと思いながらも年をとってからの長い髪は勇気がいりますね。
    若い子のロングはいいですがオバサンのロングは痛いと自分で思ってしまう。
    綺麗に手入れされた髪の毛がウィッグになって喜ぶ人たちがいる。
    私も違う方法で誰かを助けてあげたいと思いなおしました。


    作者からの返信

    こんにちは、コメントありがとうございます。
    私もおばさんでボサボサ野人でした!
    髪の手入れとかヘアカットとかめんどくさくてほっといたらずいぶん伸びたので、とことん伸ばして寄付しようと思い立ったというものぐささです。
    ヘアドネーションに限らず、できることからできるぶんだけやっていこうと思っていただけたら、本当にうれしいです。

    2019年5月30日 16:08

  • 捨てる前に縫う! 編む!へのコメント

    ちょっと違う話かもしれませんが、靴下は穴が開いてから2回は繕って履き続けます(笑)。
    開くのが早いので、穴以外のところがあまりにまだしっかりしていて、もったいないなーって。
    でも、面倒だな〜って思いながら、いやいややってるところが江山さんと違うところかな。

    作者からの返信

    こんばんは、初めまして。
    コメントありがとうございます。
    いやいややってるだなんてとんでもない!シャキ神降臨!
    繕って吐き続けていらっしゃるところが素晴らしいです!
    私は、「靴さえ履いてりゃみえない!」とそのまま履きつづますから。

    2019年4月15日 19:53