ナンバーワンキャバ嬢、江戸時代の花魁と体が入れ替わったので、江戸でもナンバーワンを目指してみる~歴女で元ヤンは無敵です~

作者 七沢ゆきの

第33話 山吹御前試合の巻 参~オーブンがなければなんとかすればいいじゃない」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 山吹姐さんに惚れたので、急いでアカウント作って追いかけて来ました。
    読者に嬉しい怒涛の更新はノルマ達成のためでしたか。
    頑張ってください。応援しています!

    作者からの返信

    アカウントまで作ってくれてありがとうございますー!!
    はい。せっかく皆様の応援でランキング1位になれたのに、規定違反で落選だけはしたくないのです。面白くなくて落選ならいいのですが(笑)
    山吹はこれからもあのノリでナンバーワンを目指すのでよろしくお願いします。
    頑張ります!!

    2019年4月29日 14:22

  • 山吹さん、多分食欲が優先して目付きが危ないから怯えられたのでは……?あるいは生肉を揉み込んでた話か。
    怯えられる条件はめっちゃ揃っとる(笑)

    作者からの返信

    ということは発端は桜と梅!笑
    「生肉を揉んでおりんした…」
    「揉みながらうふふと笑っておりんした…」
    確かにこんな会話を聞いたら飯炊きさんも恐怖を覚えますね(笑)

    2019年4月29日 14:20

  • なろうから来ました。
    基本あっちなので削除は非常に残念ですが
    これだけでもこっち読みに来ます。

    非常に痛快で楽しみにしている作品です。
    今後も意欲続く限り書いてくださればと思っております。

    作者からの返信

    基本あっちなのにこれだけのために…!
    本当に嬉しいです!そのお言葉で頑張れます!

    御前試合でも山吹らしくきりりと決めますので、どうぞ末永くお付き合いくださいませ。

    2019年4月29日 14:18