GOLD LINE

作者 シェリー

61

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

軍人の女子が主人公の物語と聞くと、ちょっとゴツめで硬派なものを連想されるかもしれません。でもこの作品のヒロイン・エミリアちゃんは違うんです!
素直で真面目な頑張り屋さんで、等身大の可愛い女の子。応援せずにはいられない子です。

彼女は桁外れの魔力を持っているものの、防御と癒しに特化。なので「箒兵」という箒に乗って戦う花形舞台に所属されるも、箒乗れません問題発生。
最初は周囲から白い目で見られてつらい思いもしますが、持ち前の頑張りで徐々に仲間たちの信頼を得ていきます。その過程も単なる根性物語ではなく、笑ったりときめいたりの愛おしい成長物語なのです。

さらに、忘れてならないのがエミリアちゃんの上司で相棒・ルイスさん! 
美形エリート。仕事できる。超できる。そのため「相棒などいらん」な方でした。特に序盤は「どこまでツンなのか」というくらいつれないイケメンでした。
が、エミリアちゃんを認め、打ち解けてくると……「どこまで可愛いのか」という少年のようなイケメンに……♡

このルイス先輩のたまらん可愛さとカッコよさと引かれるほどの蟹好きっぷりは、本編でお確かめください♡
とっても読みやすい文章でユーモアも散りばめられて、楽しくどんどん読み進めちゃいます。脇を固めるキャラも魅力的な面々ばかり。読みながら顔ニヤけちゃいますよ♪ ぜひぜひ、ご覧になってみてください!

★★★ Excellent!!!

魔力スペックが高くて優秀なのに、なぜか周囲からきちんと評価されない不運女子・エミリア。
でも、職務で組むことになったパートナーが凄かった。誰もが羨み憧れる、群を抜いて優秀な若き大隊長。
そのために、ますます周囲の反感を買ってしまうことも…。
でもエミリアはへこたれず、挫けません。謙虚ながらも常に前向き、さらに女子らしい細やかな視点で、全力で仕事に取り組みます。

パートナーである「ルイス先輩」への恋心を自覚しながらも、どこまでもけなげで真面目で初々しい。
しかも、思考も仕草も好きなものも、ひとつひとつがとても可愛らしくて微笑ましい。
そんなエミリアを、全力で応援したくなってしまいます。
相手役のルイスも、高スペックイケメンだけどさっぱりとした嫌みのない性格で、好感の持てる男子です。

「箒に乗って魔物と戦う」という独特の設定も、ときに先輩との二人乗りでほんわかと可愛らしく、ときに急速で魔物を打ち倒す迫力ある道具として、物語にメリハリをつけて楽しませてくれます。

文章は明快かつ簡潔で、あっという間に読み進めてしまいますが、そこにギュギュっと凝縮された「エミリアエッセンス」に、誰もが釘付けになること間違いなし!

「応援したくなる可愛い軍人女子」と「強大な魔物との手に汗握る戦い」のコラボレーション、ぜひ一度お楽しみください。

★★★ Excellent!!!

エミリアは王立女子看護学校を卒業し、軍の学校に入学した回復療法の達人。
 
日常的な学園生活と、軍人としての非日常の時間。この二つの異なった空間を、作者は繋ぎ、操り、エミリアを生き生きと描ききっている。
ダンジョンに棲むモンスターと戦ったり、回復療法で負傷した兵士を治療したり、ニンフの世界まで踏み込み、木々に回復療法を施したりする。見せ場たっぷり。

お勧め作品です。

★★★ Excellent!!!

ヒロインに共感してしまうのは、彼女の頑張りが、性別や時代を超えたところにある大切なものだから。誰でも本当は自信がない。だけど前を向いて、誰かのために頑張る。それが自分の存在証明だし、自分を支えるプライドになる。そのことを、本作は教えてくれます。
転んで、落ち込んで、泣いちゃったりもするけれど、それでも前を向いて歩き出すヒロインのエミリア。彼女に出会って、勇気と元気をもらってください!

★★★ Excellent!!!

主人公エミリアの健気さ、先輩ルイスの圧倒的な格好良さもさることながら。
この作品の最大の魅力は、現実感ある事物を巧みにファンタジーの世界に落とし込んでいるところだと思います。
そのため完全に見知らぬ世界の話としてではなく、そこに行ったことがあるかのような感覚で物語が頭に入ってきます。
加えてエミリアのルイスに対する恋心については、格好良くてスペックの高い男性に恋した経験のある方なら共感しきりだと思います。
これからも楽しく読ませて頂きたいと思います。